猫と鞭
Tue.15.10.2013 Posted in 恋愛
午後の休憩時間に、ごきげんよう。

昨夜、眠る前に『テレプシコーラ 2部(山岸凉子作のバレエ漫画)』を読み終わったせいかおかしな夢を見た。

オレは高校生ぐらいだったと思う。
とあるバレエ教室に通う事になったのだが、そこにステキな王子様がいて猛烈な一目惚れをしてしまう。

しかし彼には黒鳥のようなパートナー(バレエ上での)がいて、オレは何とか彼女を避けながらも王子様に接触しようと試みるのだが……。

まるで少女マンガのような面白い夢だった。
願わくば物語がハッピーエンドで完結するまで目覚めたくなかった。

しかし、面白かったと思うと共に、ちょっと寂しくなった。
舞台で踊る事を止めてしまわなければ良かったと、たまに思うその気持ちが込み上げて。
バレエ教室でレッスンを受けていた日々は、本当に夢のように情熱的で自分の胸を限りなく満たしてくれていたから。

とは言え、夢を諦める理由は様々であり、当時のオレは本当に限界を感じていたのだから仕方がない。
過ぎてしまえば夢の如しというが、当時の少年Rは、様々事を悟った今のRには理解できない状態に追い込まれて逃げ出す事しか考えられなかったのだから。

だが、それでもオレは若い方々に忠告したい。
逃げ出せば一生の後悔が付きまとうかもしれないという事を覚えていて欲しい。
時間を戻す事は不可能であり、若い頃にしか出来ないものというのは確実にあるのだから、逃げ出す理由と自分の一生を天秤にかけてから止める決意をして欲しい。

特に、両親への憎しみや復讐心などに駆られて、「こうなったのはお前のせいだ。これで満足か?」といった気持ちを抱いているのなら、余計に頑張って欲しいと思って止まない。

と、このブログで説教臭いを事を書くのはこれで最初で最後にしたい。オレは誰かに何かを言えるような出来た人間ではないからな。

話は変わるが、日曜日深夜23時からBSフジで放映された『猫侍』には萌えたぜ!

【画像集】ドラマ「猫侍」が可愛すぎる

「可愛い!」
「北村さんが純朴な貧乏すぎて愛しい!」
「ただの猫バカだろう!」

と、奴とベッドの上で飛び跳ねながら観た。

だがこの番組、30分なんだな。
前々から楽しみにしていたのにさっさと終わったものだから、「もう終わり!?」と玉之丞(猫の名前)を取り上げられた気分になった。

しかし来年には劇場版が上映されるのが嬉しい。奴と手を握り合って猫に悶えながら観てしまうだろう。そしてその帰りには猫カフェでデートだ。

それに、週イチの楽しみが出来たから嬉しい。
テレビ番組を楽しみにするなんて10年ぶりぐらいだが、オレ達が観られるような番組を作ってくれるならちゃんと観るようになるもんだな。楽しいところに人は集まるという法則は絶対的だ。

「玉之丞ってシロ子に似てるね」
「オレもちょっとそう思った。あと5kgぐらい痩せたら」
「そうだ、全然ダイエットしていないみたいだからお仕置きだ」
「飼ってるのオレじゃなくて妹なんだぞ!」

猫侍の後はベッドでお仕置きごっこをして遊んだ。
奴に尻をペンペンされてオレは幸せだった。ついでに腹の上に跨がられて天国を感じた。

今週も平日が始まったが、週末には奴にペンペンしてもらえる。
だから今週も何があっても乗り切れられるだろう。オレはマゾヒストとしての幸せを手に入れているのだから(大袈裟)

という訳で、皆さんも充実した日々をお過ごし下さい。
今週も最後まで幸運な出来事がたくさん起きるように応援しています。

<余談>
しかし台風の影響で明日の仕事は全て吹っ飛びそうだ。
明日は地方から来られる方とばかり商談があったが、午前中は暴風雨で新幹線も飛行機も止まるかもしれないからな。
皆さんも明日の天気にはお気を付け下さい。

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ ゲイの恋愛  国際同性恋愛も
本日も2つのバナーのクリックをよろしくお願い致します。

コメントはこちら携帯版)へどうぞ。大変に申し訳ありませんが只今コメント返信は不定期とさせて頂いております。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

topBack to TOP