ムーミン谷に行く前夜の夢時間
Sat.21.09.2013 Posted in 恋愛
今日も夕暮れた銀座は美しかった。

しかしオレは空を眺めている暇もなく奴を待たせているカフェへと急いだ。
待ち合わせは17時半だったが仕事が長引いたお陰で18時になっていた。『ちょっと送れるから待っていてくれ』というメールしか出せなかったので、奴が不機嫌になっていないか心配だった。

目的のカフェに到着して店内に入ると、奴はオレに向かって手を振った。
笑顔だった。
ホッとした。
オレは奴のいる席に着くなり、「すまない、遅くなった」と詫びた。

「良いよ、お疲れ様」
「ごめん、すごく焦った」
「たったの30分だ。それより何か飲む? オレがご馳走するよ」
「遅刻したのに奢ってもらって良いのか?」
「休みなのに早朝から頑張ったからね。奢らせて」
「ありがとう。じゃあお言葉に甘えて」

と、オレは紅茶と、焼きリンゴにアイスを乗せたデザートを頼んだ。
昨夜は4時ぐらいまで書類整理をして、今日も頭を使う仕事ばかりだったせいか、とても甘いものが食べたかった。

2013_09_21_6.jpg

焼きたてあつあつのリンゴの上に冷たいアイスの乗ったデザートは物凄く美味かった。

リンゴが出回る今の時期になると、オレは決まって焼きリンゴのデザートが食べたくなる。焼きリンゴってなんであんなに美味しいのだろうな? アップルパイも好きだし、サツマイモと合わせたケーキも好きだし、自分でバターで炒めたものも好きだ。

「美味しい?」
「ああ、今日も生きていて良かった……って思う味だ」
「そんなに美味しいんだ?」
「ほら、一口」
「うん」

オレ達は店員さんの目を盗んでカップルらしく「あーん」をした。
そして明日のデートの話をした。明日こそムーミンショップだな! と。

奴はとても嬉しそうだった。
近々祖母さんに冬物のプレゼントを送るので、ムーミンのグッズも入れたいと言っていた。

だからオレも真似をする事にした。
来月、母と叔母に送る荷物の中にムーミンを入れてやろうと。

「温かそうなグッズがあると良いな。タオルとか、膝掛けとか、貴方の持っているぬいぐるみみたいにほわほわしているやつ」
「オレもそう考えていた。向こうはもうとっても寒いから」
「オレからも貴方の祖母さんに何かプレゼントさせてくれ」
「良いの? じゃあオレもお前のママと叔母さんにプレゼントするよ」

明日は何時に家を出よう?
どんなものが売ってるかな?
買い過ぎたらどうしよう?
その後、どこで食べる?

飲み物をお代わりして、そんな尽きぬ話をした。

楽しかった。
だが、不意にオレに重い眠気がやってきた。
仕事をしている間は平気だったが、心地良く紅茶を飲んでいるうちに頭がボンヤリとしてきてしまった。

奴に眠気を悟られまいとして懸命に目を開いた。だが自然と朦朧となってしまう眼差しはどうにもならず、間もなく奴に見破られてしまった。

「眠そうな顔。もう家に帰ってご飯を食べよう」
「まだ平気だぞ」
「声もかすれてるよ」
「あーあー、しゃべり過ぎたせいだ」
「誤魔化さないの。帰ろう。でもちょっとだけスーパーに付き合って。パスタを買っておきたいんだ」

休日前のデートは最高に楽しいのに早々に終わってしまった。

空には今夜も月が浮かんでいた。
オレは奴の腕を引っ張って「月がキレイだぞ」と言って、こんなに早く帰るのは勿体無いじゃないかと遠巻きに訴えた。……「わあ、本当だね!」とだけ言われて、聞き届けては貰えなかったが。鈍感な兎さんめ(笑)

スーパーに行ってみればハロウィンのお菓子がたくさん売られていた。
今年も部屋にハロウィン飾りを置くつもりだったので、黒いマント?に身を包んだテディを一匹、家に連れて帰る事にした(キャンディとラムネが数個付いていた)

2013_09_21_7.jpg

帰宅してから奴はそのテディを手にして、オレの耳元にテディの顔を寄せて、「起きていて大丈夫? 早い時間に寝室に行くのが寂しいならここに毛布を持ってくるよ?」などと言った。

正直なところ眠かったが、人形遊びをする奴が可愛くて笑えた。
「可愛いな、貴方は。なんだってこんなに可愛いんだ!」と、いきなり奴を抱き締めて奴を驚かせた。

「今にも眠そうな顔だったのに……ビックリした」
「眠いんだがな。貴方が言った通り、こんなに早く眠るのは寂しいんだ。一人でベッドに行きたくない」
「やっぱり」
「土曜日の夜だしな。だからまだオレと遊んでくれ。学校の課題が忙しいなら良いけど」
「ふふ、本当は課題で忙しくても行って欲しくないくせに」

奴はオレの膝の上に跨いで座り、ニッと微笑んでオレの鼻に自分の鼻先をくっつけた(猫の挨拶)
図星を当てられたオレは照れくさくなり、照れを隠す為に奴にキスをした。

「何をして遊ぶ?」
「話をしよう」
「うん、明日はずっと一緒にいられるね」
「そうだな」
「夜は家でゆっくりしたい。カレーを作って食べたいな」
「良いな、カレー」
「美味しいビーフとナンを買おう。……ねえ、お前の声がかすれてるよ」
「ああ……、だけどこうして話しているのが気持ち良いんだ。だからもう少し」

オレの口数は眠気で少なくなっていたが、他愛もない話は秋の夜長に続けられた。
しかし、取り留めもなく話していたら、ついにオレは眠るタイミングを失ってしまった。

少しだけ奴に叱られた。「眠気が覚めるまで起きていたらダメじゃない」と。
オレは「心配してくれてありがとう」と言った。
奴は「もう」と言って苦笑して、オレを抱き締めて少し頭を乱暴に撫でた。

身体を密着させたキスと抱擁が気持ち良かった。
テディを抱いている奴を抱いて、いつまでも虫の鳴き声を聞いていたかった。
ようやく休日に入った安堵を感じながら、今夜から奴とずっと一緒にいられる幸せに浸りながら。

しかしそろそろ限界だ。
眠気で何を書いているのか判らなくなってきた(汗)

今夜はもう眠って、明日は爽やかに起きてムーミン谷に行こう。
良いものを買えたらお披露目します(笑)
奴が気に入るものをたくさん買い物できたら良いな。

皆さんも明日は、充実した1日をお過ごし下さい。
明日も幸運に恵まれて、心躍る楽しい事があるように応援しています。

では、今夜も心地良く幸せな夢を。
おやすみ。

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ ゲイの恋愛  国際同性恋愛も
本日もお付き合い下さってありがとうございます。2つのバナーのクリックをよろしくお願い致します。

コメントはこちら携帯版)へどうぞ。大変に申し訳ありませんが只今コメント返信は不定期とさせて頂いております。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

topBack to TOP