虫の声とキスの写真
Sun.08.09.2013 Posted in 恋愛
「虫の鳴き声が良く聞こえるね」
「ああ、鈴虫かな。秋を感じる」
「録音して祖母に送ろうかな」
「良いな。オレのiPhoneにボイスレコーダーがインストールしてあるから、それで録るか?」
「うん、お願い」

都心から離れた木々の茂る場所で一時を過ごした。
今日は天気が悪かったこともあってとても涼しくて、オレ達はそこら中に感じる秋の気配を追いかけながら散歩を楽しんだ。

虫の声はキレイに録音された。
奴はそれを何度か再生して、嬉しそうに微笑んだ。

「気に入ったみたいだな」
「ステキだよ。お婆ちゃんも喜んでくれる。寒くなるとあんまり外に出られなくなるから」
「そうか……。ついでに貴方の声も録音して一緒に送ったらどうだ?」
「良いかもしれないね。鈴虫の声が聞こえるここで何か録ろうかな。ねえ、お前も何か喋って」

奴にiPhoneを向けられてオレはちょっと驚いた。
だがすぐに奴の祖母さんに贈りたいメッセージが浮かんだ。

その時、母の事が頭に浮かんだ。
東北は東京よりも早く寒くなる。だから今月の仕送り時には、暖かな衣類も添えて送ろと思い付いた。
『歳を取ると身体にピッタリしたサイズよりも、1サイズゆとりのある服の方が過ごしやすいのよ』という叔母の助言を守って。

「……オレと仲良く過ごしてるって言ってくれてありがとう」
「照れくさかったがな」
「照れることなんてないよ。そうだ、ここで一緒に写真を撮ってそれも送ろうよ。お前はオレの頬にキスをして、オレは祖母に手を振って」
「恥ずかしいって!」

奴の身内に自分たちのキスショットを贈るなんて本当に恥ずかしいと思った。
だが、奴の国では同性婚は当たり前なので(前にも書いたが反発している方も少なくないが)、オレ達のキスショットなんて極々普通のカップル写真に過ぎないという事を思い出した。

「じゃあ、撮るか」
「オレがiPhoneで撮るから、さあキスして!」
「OK」
「ふふ。……見て、良い写真が撮れたよ」

それは確かになかなか良い写真だった。仲良しカップルが楽しそうに戯れています、という感じがいっぱいで。

奴の幸せそうな笑顔を見たら祖母さんも喜んでくれるように思えた。
送信する時、やっぱりちょっと恥ずかしくなったが(笑)

昼時になったので近くの小さなレストランでハンバーガーを食べた。
森林の中で撮った、たくさんのキスと抱擁の写真を2人で眺めながら。

==========

「今夜はオレがご飯を作るね」
「オレが作っても良いぞ? このところ貴方に任せきりだし、オレは明日休みだし」
「まだ本調子じゃないんだからゆっくりしてて。その代り、明日の晩ご飯はお願いね」
「ありがとう。良いぞ、明日は美味しいものを作って貴方の帰りを待っている」

帰りの車の中でそんな話をした。
自宅の近くのスーパーで2日分の食材を買って帰宅した。

そして……続きはまた明日。

まだたまに具合が不安定になるのだが、今夜も雨が降ったせいなのか今イチ不調だ。不調と言っても、頭がボンヤリして眠くなる程度だがな(痛みと吐き気は完全になくなったので、どうぞもうご心配して下さいませんように。勿体無いことなので)

そして、昨日コメントを送って下さったboさんと、全ての皆さんにお詫び致します。
過去語りの約束が守れなくて申し訳ありませんでした。

約束事を書いた時は大丈夫だと思ったのだが、その後、後遺症がみるみる出てきて集中してものを書くことができなくなった。

その日の出来事を書く事は出来る。更新回数は減っているが。
だが、過去の記憶を思い出し、その時の感情に浸りながら書くのは、このボンヤリとした頭では非常に難しい。特にあの話は書こうと決意するまで3年掛かり、今も懺悔をしながら書いているので、不調の最中に書くのはなかなかの労力となってしまう。

身体の不調を書いた日に、ちゃんとそうお詫びしておけば良かったな。
本当に申し訳ない。
そうした事情なので、過去語りの続きはもう少し後遺症が無くなってからとさせて頂きます。

だらだらと自分の感情を書いていなければ、とっくに完結していたのだろうがな(汗)
やろと思えばきっとあと3回連載ぐらいで終わるぞ。
しかし、どうもオレは自己主張が強いようで自分の感情面を細かく書きたくなってしまう。それは自分にとっても(時間的に)負担だから、もっとテンポ良く展開させてしまえば良いのにな。

そうそう、一つ誤解を解いておきたいので書いてしまおう。

エロティックなフェチと過去語りを書いた日は、必ずいつもよりランキングのポイントが150~200ぐらい減る。
それらがこのブログの中で最も支持されていると思われている方がいらっしゃるようだが、実はそうではない(減るのを承知でオレが書き続けているのは、単純に書きたいものを書くようにしているからだ)

エロが人気に繋がらないなんて! と驚かれるかもしれないが、ノンアダルトのブログランキングでエロの需要は多くない。エロを求めている方はエロランキグを利用して、そうでない方がエロではないものを求めてノンアダルトランキングを利用している、だからだと思う(微エロならそこそこ支持されるかも。だが、それでも通常の内容よりはポイントに繋がらない場合が多い)

過去語りに関しては、きっとオレの書き方が下手だからだろうな。初期の頃は確かに人気エントリーと言えたが今は逆だ。それで読者さんを釣る事はできない。そうなった原因は、いつまでも同じような内容が続いて飽きられているからだろうな(汗)

すまない。
今後は出来るだけ早く展開するような書き方にしよう。

しかし、過去語りは拍手の数だけは多くなる(エロフェチなエントリーはそれすらない)
それは恐らく、ありがたいことに、携帯小説感覚で読まれている携帯ユーザーさんに多く支持されている所為なのかもしれない。携帯からは残念ながらランキングポイントが反映されないので拍手だけが伸びるのだろう(ブログ村は確実に反映されない。人気ブログは不明)

何しろ、約束を守らず、そのお詫びもせずに申し訳ありませんでした。
いつも皆さんから心配して応援してもらっているのに、オレはそんな態度を取ってしまって、深く反省しております。

早く体調を整えるには規則正しい生活が必須なので(早寝早起きをすると頭のボンヤリ感が緩和される)、皆さんとの約束を守る為にも真面目に努力いたします。

お叱りのコメントをありがとうございました。
今後も色々と皆さんをご不快な気持ちにさせてしまう事があるかもしれませんが、その都度叱って頂けたら幸いです。

という訳で、
今夜も感謝しながら、明日も皆さんが幸運であるようにお祈り致します。
今週も満足感でいっぱいの日々となりますように。

では、眠られる時には心地良く楽しい夢を。
おやすみ。

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ ゲイの恋愛  国際同性恋愛も
本日もお付き合い下さってありがとうございます。2つのバナーのクリックをよろしくお願い致します。

コメントはこちら携帯版)へどうぞ。大変に申し訳ありませんが只今コメント返信は不定期とさせて頂いております。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

topBack to TOP