夜桜に浮かぶ丸い月
Fri.29.03.2013 Posted in 恋愛
■昨夜はこれを書いている途中で寝潰れた為、昨夜書いたかのような文章になっておりますm(__)m

20時頃に花見は終わった。
今夜もそれなりにお客さんに楽しんでもらえて充実感を得られた。

だが、そもそも内向的な面も持ち合わせているオレは、賑やかさの後には暫く誰とも口を利きたくなくなる。
別に疲れて不機嫌になる訳ではない。
子供の頃からのパターンみたいなものだ。
賑やかに楽しんだ後には決まって孤独感に浸れる静寂が欲しくなる。

「後の事はオレがするので」
「そう? じゃあR君に任せようかな」

オレは早く一人になりたいが為に花見の後の雑務を引き受けた。
そうすれば一人で黙々と書類のチェックなどをして、それが終われば一人で会社に戻れる。

寝不足の眠気があった。
花見会食なのにオレだけが酒を飲めなかったストレスもあった(笑)
早く会場を去って帰宅したい気持ちは山々だったが、それを我慢してでもオレは一人で黙りこんでいたかった。

21時前に全ての雑務は終わった。
「ありがとうございました」と料理の準備をしてくれた女将さんに挨拶をして会場を後にした。

何時もの癖のようにiphoneを懐から出した。
奴や友人からメールが届いていないかチェックをする為に。

4通のメールが届いていた。

1通目はボストン君から。
海外から戻ってワインの土産があるとの事。
いつもはだいたい雑貨を土産にしてくれるのに、禁酒している時に限ってワインをくれるなんてさすが天然サドだ。いや、嬉しいが。それともこれは調教なのか?(泣)

2通目はダンスの内容で、
4通目は歌舞伎町の内容。

3通目は奴から。
今夜の月はキレイだから見て! との事。

さっそくオレは空を見上げた。
するとそこには、桜の枝々から顔を覗かせるように丸い月が照っていた。

iPhoneで月の写真を撮ってメールに添付して奴に送ってやった。『ありがとう、気が付かなかった。貴方も見てるか?』と本文を書いて。

会話をするのは億劫で暫く黙り込んでいたい気分だったが、親しい友人達や恋人からのメールを読むのは楽しかった。
疲れた顔を緩ませてニヤけた顔でメールを眺めた。
花壇のレンガに座って、酒の代わりに貰った炭酸水を飲んで、全身から緊張が抜けた開放感に浸った。

10分ぐらい桜と月を眺めて帰宅した。
奴は猫様を抱っこしていつものように出迎えてくれた。「お帰り」と笑顔で言って(オレが帰ってくると、「Rが戻ったよ!」と猫様に話しかけて抱っこして玄関に来てくれるらしい)

「ずいぶんキレイだったな。満月か?」
「満月は昨日(27日)だったみたい。でも今夜の月も満月みたいに大きかったね」
「会場の近くで見惚れてた」
「オレもね、近所の桜のところまで行って見たんだよ。そこで見た方がキレイだと思ったから」

塞ぎ込んでいた気持ちは何時の間にか晴れていた。
月がキレイだったからだ。黙っているよりもその話がしたくて(その話をキッカケに今日の仕事や花見の話もしたくなって)、帰宅してからはずっと奴としゃべっていた。

昨夜は奴も少しだけ夜更かしをした。
近所の桜も燃え上がるように絢爛で、その美しくも豪華な姿が頭に焼き付いて、帰宅してからも花見気分に浮かれていたようだ。

「紅茶を淹れようか?」
「でも貴方はそろそろ寝るんだろう?」
「もうちょっと起きてる。お前が撮ってきた写真も見たいし」
「判った。じゃあ紅茶はオレが淹れてくる」

オレ達の住んでいるマンションの窓からはほんの小さくしか桜は見えない。
だが昨夜は2人で夜更かしをして自分たちの部屋で花見をした。

酒の盃の代わりに紅茶に桜の花びらを浮かべて、それぞれが外で見てきた桜と月の感動を語った。
『土曜日の花見も楽しみだね』と、今年最後となるオレ達の花見にも楽しく思いを馳せて。

「明日の(仕事での)花見も楽しんできて」

奴は眠る前にそう言ってキスをした。

仕事での花見は気を使うばかりで楽しむのは難しいが、奴がそう言うなら、少しはのん気に花見料理を味わうのも良い。
酒が飲めればちょっとは楽しいのだが、しかし今はそれを試練だと思って、酒が一滴も飲めないストレスすらもマゾ的に楽しめるように精進努力しよう!

では、皆さんも今日も充実した1日を。
今日の都内は曇り空だが、桜を眺めて晴れ晴れしい気持ちで頑張りたい。

時間があったまた深夜に。
昨夜みたいに寝潰れる可能性もあるが(汗)

昨夜は奴とお花見とお月見が出来て良かったね!今日で今週の仕事は終わりだから頑張れ! と思って下さる方はランキングバナーのクリックをお願い致します。 夜桜に満月が浮かんでいると恍惚とせずにはいられませんね。奴のお陰で昨夜も楽しい花見になりました。今夜もストレスに負けないで頑張ってきます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ。只今コメント返信は不定期とさせて頂きます。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

topBack to TOP