Every Breath You Take
Thu.14.03.2013 Posted in 恋愛
■苺のギモーヴのレシピを追加しました。

ホワイトデーは今日だったな。
うっかりしていた。
明日かと思っていた(汗)

今朝、「今夜は予定通りで良いよね?」と奴に言われて今日が14日である事に気付いた。
オレはまさか忘れていたとは言えなくて、「ああ」と答えた。

会社に行ってから大変だった。今日の夕方以降の予定を別の日に移動させてスケジュールを調整しなおした。
お陰で今日は物凄く忙しくて休憩時間が取れなかった。けれど、頑張った甲斐があって定時で帰る事ができた。

奴と書店で待ち合わせて、それからバーに行った。
80年代の洋楽を好んで流しているその店のマスターにある曲をリクエストする為に。

カウンター席に座って、まずはウイスキーで乾杯した。
仄かに口に残るウイスキーの甘さをホワイトデーのお菓子の代わりにして。

暫くは他愛もないおしゃべりをした。
マスターを交えて、音楽のことや、アルコールのことや、近頃この近辺で起きた出来事などを。

1時間ぐらい飲んだ。
それからマスターにリクエストした。
まだ付き合う前に、オレと奴が初めて踊った曲を。

バーは少しずつ混み合ってくる頃だった。
程良い賑やかさの中にメロディーを刻むベースの音が染み込んで行くようだった。

オレは椅子の肘掛けに片肘をついて奴に身体を寄せた。
あの日の事を胸に蘇らせながら、踊るように足でリズムを取って。

『踊りたいな』

オレは軽く笑って心の中でそう呟いた。
奴はそれに気付いてこちらを向いて微笑んだ。オレ達の思い出に乾杯するように、手にしていたグラスを持ち上げて。

「あの時、いきなりお前に踊ってくれって言われて驚いた」
「オレの気持ちがバレたら困るから他の人にしようかと思ったが、やっぱり貴方と踊ってみたかった」
「他の人にしちゃ駄目だ」
「そうしなくて良かった」
「あの時はもうお前は気持ちは知っていたし、オレもお前の事が好きだった。だから妬くよ?」
「そうだったな……」

店の中で抱擁を交わす事は出来なかったが、腕から伝わる奴のぬくもりが胸の中にまで流れ込んでいるかのようだった。

すぐ隣にいる奴に視線を向ければ、奴もこちらを向いて淡い笑を浮かべた。
あの頃のオレはそんな状況を切望したものだった。奴がオレの視線に気付いて優しい笑顔を浮かべてくれないものかと、何度も望みながら奴を見つめていた。

どうしても奴を抱き締めたくなって店を出た。
雑居ビルの廊下に出てオレはすぐに奴を抱き締めた。「愛しているぞ。踊りたかった!」と言って。

奴は笑ってオレを強く抱き締め返した。
そして、「愛してるよ、愛してる。今度は踊れる店に行こう!」と言った。

今度あの曲をリクエストする時にはずっと奴を抱き締めていたい。
貴方だけを見つめて、貴方の呼吸が判るぐらい身体を寄せて踊りたい。

曲が終わってしまってもそうしていられたら幸せだろうな。踊るのを止めても貴方を見詰めて抱き締めていたい。
あの頃のオレが望んだように。

駅前で買い物を済ませて、タクシーで帰宅して、オレは30分ほどキッチンに閉じ籠った。
作るのは明日にしようかと思ったが、やはりホワイトデーである今日中に奴に食べて欲しかった。

2013_03_14.jpg

先日のエントリーに書いた、ギモーヴ。
この日の為に買っておいたムーミンの皿とフォークと容器をセットにして奴にプレゼント!

レシピを見たらとても簡単そうだったので苺のギモーヴを自分で作ってみた。
甘さを控え目にしたので奴の口にも合ったようだが、今夜はそろそろ寝る準備をしなくてはならないので、レシピや続きはまた明日か明後日に。

そして今夜は、ホワイトデーだという事をすっかり忘れて『過去語り』の予告をしておりました。申し訳ありません。今日は書けませんでしたので明日には必ず更新しますm(__)m

皆さんも今日は楽しく過ごされたか?

オレは夜は楽しかったが、昼間は切羽詰まって目が回った。ホワイトデーのお返しは奴と一緒に買って数日前に会社に持ち込んでおいて正解だった。色々と立場的なものもあって返さない訳にはいかないからな(汗)

明日はゆっくりしたいぜ。この数日は頭が混乱するぐらい忙しかった。
明日は金曜日だから、出来れば仕事の後には奴と一緒に飲みに行きたい。だが残業になりそうだ。

皆さんにも明日は楽しい事がたくさんありますように。
お互いに良い週末を迎えましょうな!

では、今夜も楽しくて幸せな夢を。
おやすみ。

思い出の曲でまた踊れたら良いね。その時はここでこっそりと教えてね! と思って下さる方はランキングバナーのクリックをお願い致します。 以前は知り合いのバーで奴と踊っていたのですが、今はそこがなくなって寂しい&困った思いをしています。友人と内輪のダンスイベントを企画してそこで踊ろうかな。
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ。只今コメント返信は不定期とさせて頂きます。


==========

■苺のギモーヴ

・苺:100g前後(葉を取って洗っておく)

・グラニュー糖:60g
・水飴:15g

・レモン汁:大さじ1

・粉ゼラチン:10g
・水:70cc

・コーンスターチ:適量

・型にアルミホイルを敷き詰めておく(型は小さめのケーキ用でもタッパでも何でもOK。ただし大きな型を使うと厚みのないギモーヴになるのでご注意下さい。オレが使ったのは15cm×10cmほどのタッパ1個です。分厚く出来ました。15cm×15cm以内を目安に型を選ぶと良いかもしれません)

1、苺を手で十分に潰す。ビニール袋に入れて潰してもOK。

2、粉ゼラチンを70ccの水でふやかして、それをレンジに掛けて溶かす。

3、鍋に、1の苺、グラニュー糖、水飴、を入れて泡がボコボコするまで強火で煮立てる。煮立ったら中火にして焦がさないようにかき混ぜながら1分ほど煮込む。

4、3をボウルに移して湯煎にかけ(そのまま湯煎にかけられる鍋なら移す必要はありません)、2の溶かしたゼラチンを加え、レモン汁も加えて、十分に混ぜ合わせる。

5、4を電動泡立て機の最高速で泡立てる(時間を長く掛けると硬くなって型に流せなくなるので注意)2~3分ほどで白っぽくなってモッタリと線が付く感じになってくるので、そうなったらアルミホイルを敷き詰めた型に流す。

6、表面にサランラップをふわりと掛けて冷蔵庫へ。冷えて完全に固まったら、全体にコーンスターチをまぶしながらお好きな形に切って出来上がり。切った面にもコーンスターチをまぶしながら切るとキレイに仕上がります。

*1日置くとより味が馴染みます。卵白もミルクも使わないので冷蔵庫保存で日持ちするようです。他のフルーツやジャムを使っても美味しいようですが、ジャムを使う場合は砂糖の量を減らして下さい。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

topBack to TOP