風邪で休んだ日の雑談
Tue.04.12.2012 Posted in 気軽な雑談
風邪が悪化したので仕事を休んで、ごきげんよう。

まったくしつこい風邪だぜ。
正直なところ風邪の話はもう飽きたが、オレが飽きたからといって「じゃあ出ていきます」と風邪は言ってくれないから困ったものだ。

良くなったと思ったのにな。
だが昨日の夕方からまた熱が出て、夜の会食の時にに頭がボーっとしたり咳き込んだりしたらどうしようかと緊張した。そのガチガチの緊張感のお陰で症状は抑えられたようだが。

実は、奴の真似をして薬を飲まないで治そうとしていたが、今朝はその事で奴に注意された。

「オレは生まれた時からずっと薬を飲まないで治してきたからそういう身体が出来上がっているんだ。でもそうじゃないお前がいきなりそれを真似するのは危険だと思う。薬を飲んで」

確かに、そうなのだろうな。
オレには奴のファイアウォールのような体温や免疫力がない。薬を飲んで風邪を治す習慣が身に付いている。

で、今朝はちゃんと薬を飲んだ。
すると1時間ぐらいで具合が良くなって、もっと早く飲めば良かったと後悔した(汗)

それを(会社に行った)奴にメールで伝えたら、『良かった! でも薬で症状が抑えられているだけだから、今日はちゃんと寝ているんだよ。今夜も温かいものをオレが作るからね』といった返事が来た。

ああ、今日は仕事なんかしないで、ベッドで本でも読んで過ごそう。
タイミング良く昨日は、こんな漫画を買って来たしな。

2012_12_03_1.jpg

『きのう何食べた? 7巻』を目的に本屋に行ったら、『大奥 8巻』もあったので一緒に買ってきた。

今回も面白かった。笑えたし(ワタル君のジルベールの台詞が!)、幸せだったし、病んだオレにまったりとした一時を与えてくれた。

病気の時って、あんまり頭や神経を刺激する本は読みたくないんだよな。学術書とか専門書とか、エロティックなSM小説とか、セクシーな筋肉美&美青年の写真集とか、どれも好きだがどれもパスしたい。

どうせならもっと色々な漫画を買ってくれば良かった。
といっても、オレは漫画の事はまだ良く判らないし(2年前までは漫画のネタを振られても何も答えられなかった)、会社を休むほど風邪が悪化するとも予想できなかったしな(汗)

後で本屋に行ってくるかな。
ツイッターで『月刊MOE』という雑誌にムーミン特集があると教えて頂いたので(M様、ありがとうございます!)、それを買って奴にプレゼントしたい。

奴には迷惑を掛けたからな。
昨日も夜ご飯を作って貰ったし、今夜も作ってくれるそうだ。これで今週は、オレは一回も料理をせずに4日間達成になってしまう。奴よ、ありがとう!(汗)

風邪が治ったら、卵を3つ使ったデミグラスソースのオムライスを奴に作ってやろう。あと、チキンや海老や野菜を使ってチーズフォンデュをするのも良いな。奴は冬になるとフォンデュを食べたがるからな。

早く元気になりたいぜ。
そして奴に恩返しをするんだ。

「今夜、何か食べたいものはある?」
「今は食欲がなくて何も浮かばない。ごめん、任せる」
「判った。食欲が出そうな料理を考えるよ」

玄関まで奴を見送ろうと思ったが、寝室から出るなと奴に言われた。

奴が寝室を出る時にオレの肩に毛布を掛けてくれたが、これは奴の肘掛け用のものなので奴の匂いがする。

落ち着く匂いだ。
猫様もさっきこれにふんふんしていた。でもオレのなので譲ってやらなかった。

後で本屋に行く時、これをマフラーのように首に巻いて行くかな。分厚ダウンコートを着て(もちろん冗談です)

という訳で、今日は安静にして早く風邪を治すぞ。

師走に風邪で会社を休むなんて初めてで恥ずかしくなったしな(汗)
そして何よりも、これ以上奴に炊事を任せては申し訳ない。オレは奴隷なのだからいつも元気に奴に尽くしていないとな。

今日で風邪のネタは終わりにしたいぜ。
だが世間ではますます風邪が流行っているようなので、皆さんも十分にご用心下さい。帰宅したら手を洗って、うがい。それだけで感染率はかなり下げられるので、どうぞお忘れなく。

では、今日も楽しい1日を。
風邪ひきの雑談にお付き合い下さってありがとうございました。

体調が良かったらまた夜に。

<余談>
薬が効いたお陰で急に食欲が出てきた。ピリッと刺激のある麻婆豆腐とか麻婆茄子が食べたい! あとハーゲンダッツの期間限定品のマスカルポーネストロベリーも食べたい!

今夜も美味しい夜ご飯が食べられて良かったね! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。彼氏にご飯を作って貰える歓びを噛み締めました。本当に幸せな事です。
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

topBack to TOP