夏の思い出はいくつ作る?
Fri.20.07.2012 Posted in 恋愛
またも予定を変更して、ごきげんよう。

PCでディズニーシーの写真を整理していたら奴が来て、当時の思い出を語っていたらブログに使う写真を用意できなくなってしまった(汗)

という訳で、シー編は明日に変更とさせて頂きます。
お待ち下さっている方々には深くお詫びを申し上げますm(__)m

さて、
今日の昼間のエントリーの最後の方に書いたのは、花火なんだ。
実家から戻る時に大きな花火セットを見つけてな。衝動的に奴と一緒にやりたくなった。

だが午後から雨が降ってしまったぜ(泣)
しかも明日も雨で、明後日までは涼しいとは、どういう事だ?

今週末もオレは仕事だから、せめて夜は夏の風物詩を楽しみたかったんだがな。
花火の後は、花火を点火させる為に使ったローソクで虐めてもらってな(それが本当の目当てだろ? とか誤解されませんように。花火とローソクの両方が目当てなので)

「やりたかったな、花火」
「天気の良い日なんてすぐに来るよ。オレもその日まで花火を買って来ようかな」
「どうせならたくさんやりたいな」
「ふふ。キレイな花火をたくさんしようね」
「派手なのも買って来てくれ」

オレ達は雨を眺めながらスコーンを食べた。

今夜のスコーンは、オレよりも先に帰宅した奴が焼いてくれた。
奴は他にも、サラダと、ベーコン入りのスクランブルエッグと、チーズを用意してくれた。今夜も簡単な料理だったが、外で食べるよりもお腹に優しく感じて美味しかった。

「先週の金曜日にインパして、もう一週間も経つんだね」
「楽しかったな」
「また行きたいね」
「明日行くか?」
「あはは」

仕事を忘れて行けたら良いのにな。
突然行きたくなった時に、「良し今から行くぜ!」と行く事ができたらきっと楽しいだろう。

だが、奴と思い出を語るのも楽しかった。
今回乗れなかったアトラクションは次回乗ろうと、そんな約束を交わすのも楽しかった。

8時間待ちのトイ・ストーリー・マニアは、約束を交わしても簡単には乗れなさそうだがな(笑)

「お前は本当にディズニーリゾートが好きだね」
「貴方と一緒に行くと楽しいからな」
「オレが猫耳を付けるから?」
「それもある。今回はウサ耳だったけど可愛かった」

アンバサダーホテルでの夜の話になった。
奴は照れた顔をして笑った。
オレはそんな奴にキスをして、奴が気持ち良く感じてくれるように口でたっぷりと愛撫をした。

「一緒に休める日に、できれば今月中に、またどこかに行きたいね」
「泊まりで?」
「うん。あ……キレイなホテルじゃなくて良いから……」

奴はまた照れ臭そうな顔をした。
オレは奴が言わんとしている事がすぐに判った。奇麗なシティホテルやファッションホテルではなく、欲情を刺激して激しく絡み合えるホテルに行きたいのだと。

オレも欲求不満が限界だったが、奴もそうだったみたいだ。多忙になっても身体の相性の良さは相変わらずだ。

「また去年みたいに波の荒い海を見て、その近くのホテルに行くか」
「ふふ、良いね」

奴の好奇心に満ちた笑顔を見るのは久しぶりだった。
来週は天気が回復するようだから、楽しみだ。

オレ達が行こうとしているのは海水浴のできない海だが、その後で泳げる海にも行きたいな。
海でスイカが食べたい。たこ焼きも食べたい。奴やオレの友人と一緒に行ってベーベキューをするのも良いな。あとかき氷を食べて、花火も(切りがない)

という訳で、
夏は暑くても晴れて欲しいな(笑)

皆さんも今夜は、雨が降っても楽しく過ごされたか?
天気が崩れるのは仕方がないが、気温の差が物凄く激しいので、体調を崩さないように気を付けて下さい。夏風は具合が悪いからな。

では、今夜も楽しくて幸せな夢を。
おやすみ。

★海に行った時のエントリーも読みます! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。荒波の写真を撮ってきます(笑)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ!

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

topBack to TOP