夢の国の夜
Wed.18.07.2012 Posted in 東京ディズニーリゾート
2012_07_18_1.jpg

「どれが良い?」
「ジャックダニエル」
「水で割るか?」
「ストレートで、瓶のままで良いよ」

バルコニーに出て部屋の備え付けのアルコールを飲んだ。グラスに注いだりもせずに、瓶に口を付けて回し飲みをして。

夜空に星は見えなかったが、風は気持ち良かった。
潮の匂いがする冷たい風で、シャワーを浴びたばかりの肌を心地良く撫でてくれた。

「今日はどれが一番楽しかった?」
「ゴーカート」
「お前も? オレもなんだ」
「あと一回乗れば良かったな」
「パークの夜景を眺めながらこれを飲みたかった」

そんなランドでの思い出を話しながらキスをした。
身体をくっつけて、オレは奴の肩を抱いて。

「部屋に戻るか。少し寒いだろう」
「うん」

先に奴を部屋の中に入れて、オレは後から入った。

奴は窓側のベッドに座った。
そして、そこに置いてあったウサギの耳のバンドを頭に乗せた。

「似合ってる?」
「可愛いぞ」
「本当?」
「本当」
「好き?」
「好きだ」

無邪気に笑っている奴にキスをした。
そしてそのまま奴を抱いた。

部屋の明かりはほとんど消していた。
窓から差し込むプールの照明がキレイで、それだけで十分だった。

「あ、耳」
「良いって」
「でもお前は、あれが可愛いって……」
「貴方が可愛いんだ」

途中でウサ耳バンドが落ちて、奴はそれを拾おうとした。
だがそれがなくなっても、オレが奴に対して感じる愛しさも可愛らしさも興奮も、何一つとして変わらなかった。

「付け直して欲しいって言うかと思った」
「オレが愛してるのは貴方なんだぞ」
「猫耳やウサ耳の事も愛してるくせに」
「そりゃ違う、貴方が着ければ興奮するけどな」
「今度お前にも何か付けてもらおうかな」
「二人で付けてやったら笑えるぞ」

その後は、ベッドの中で楽しい話をした。
冷蔵庫からもう一本ボトルを出して、今日の思い出や、明日の予定などを、もう目が開けていられなくなるまで話した。

華やかなパークから出た後の、静かな深夜の出来事だった。
けれどその思い出はパークに居た時よりも鮮明で、きっとずっと忘れる事はないだろう。

……。

明日から2日間はシー編を書かせて頂きます。
楽しいレポートエントリーになるように頑張るぜ!

そしてご質問を頂いたのでお答え致します。

写真ブログはまだ公開していません。過去に公開していた『回想路』は消したままです。
今週中に公開する予定で、準備が整いましたらこのブログとツイッターでお知らせ致します。
ランド、シー、レストラン、バス、その他、を気の向いた順に公開して行きますので、どうぞよろしくお付き合い下さい。

では、今夜も楽しくて幸せな夢を。
おやすみ。

追伸:明日も暑いみたいだ。熱中症対策と紫外線予防対策は抜かりなく!

★これからの更新も待ってます! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ!

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

topBack to TOP