幸せの保証
Tue.29.05.2012 Posted in 恋愛
残業に取り掛かる前に、ごきげんよう。

今日はリズミカルに仕事をこなす予定だったが、重苦しい低気圧と、いきなりドカンと落ちた雷に脅かされて停滞してしまった。

まあ、ただ寝不足で頭が動かなかっただけかもしれんが。
とにかく最近になって、ますます日本の気象はおかしくなったように思う。
今朝は都内で大きな地震もあったしな。それで寝不足になった訳だが。

これからも不安定な天気は続くかもしれないので、どなた様も体調を崩されないようにお気を付け下さい。

昨夜は結局、奴が帰ってくるまで起きていた。

「どうして起きてるんだ?」と、奴に怒られたけどな。
「仕事をしていたらこんな時間になってた」とはオレは言ったが、奴はそれ以上は怒らないで、「早く寝よう」と言った。

少しでもオレの気持ちを察してくれたなら嬉しい。
帰宅の遅い恋人を案じない人間なんていないのだからな。慣れてばいるのだろうが、オレ達の間では滅多にないので心配してしまう。おまけに奴は、かなりお疲れ気味だったしな。

昨夜は1時頃に一緒にベッドに入った。
オレも奴もかなり眠かったので、入って間もなく眠りに就いた。

だが、それからすぐに例の地震が来た。
オレ達はビックリして飛び起きて、ベッドの下に備えている避難用具に手を伸ばした。

かなり大きいと思ったら、都内の一部では震度4もあったんだな。
去年の3月11日と同じ震度だったとは。

「治まった?」
「大丈夫だ、もう揺れない」

生粋の日本人ほど地震に慣れていない奴は、ぎゅっとオレに抱きついていた。
奴がそんな風にしていると、去年の震災の時を思い出した。
あの時も奴は、かなり怖がっていた。そして原発の事があって、祖国のご実家から帰国するように散々言われて、少しノイローゼ気味になっていた。

「またあんな事になったらどうしようかと思った」
「ならない、絶対に。安心しろ」

すっかり揺れが止まった後も、奴は心細そうな声で不安を漏らした。
奴はご家族と対立することを最大の恐れとしているので、昨夜もかなり不安になっていた筈だ。

『安心しろ』などとオレは言ったが、オレには地震を調節できる力などない。
だから奴に嘘を言った事になるが、もしも再び震災と同じ状況になったら、今度はもっと奴が安心していられるようにフォローしてやりたい。

せめて奴のご家族にハッキリと言えるようにならないとな。
奴はオレといる方が幸せで、オレも奴もそれを願っているのだと。

その為には、もっとオレが、奴のご両親にとって納得のいく人間にならないといけない。
人格的にも金銭的にも。

福祉国家と呼ばれる奴の祖国とは違って、日本の同性愛者はパートナーシップ法にすら守られていないし、老後の保証もない。
そんな環境を思えば奴の祖国の人達は、オレが個人で老後の管理まで可能な状況になって、ようやく息子の将来に安堵を感じられるのだろうから。

(もっとも、デンマークも今の税率や福祉環境をずっと継続させていくのは困難だと言われているが)

結局、本当に眠りに就いたのは2時半頃だった。
お陰で今朝は眠くて、オレも奴もボケーとしていた(汗)

だが、そんな状態でも弁当はしっかりと作ったぞ!

奴のご両親に納得してもらう為には、まずは健康な身体作りだからな。
今日も学校で帰宅の遅い奴に、一日中外食ばかり食べさせてはいられない。

2012_05_30_1.jpg

寝坊したのでお粗末になったが、ミッフィー弁当。

ミッフィーのワンピースは卵焼き、ボタンはチーズ、顔は海苔。
他のオカズは、レンコンの煮物、チーズ&ポテトグラタン、鶏肉ハンバーグ、スパゲティ、ブロッコリー、サラダ菜、トマト。

前回よりは可愛く作れたと思う。なにせミッフィーが激痩せしていない。
だが、やはり何か微妙だ。右目の離れ具合が足りないし、オカズの詰め方もイマイチだ。

オレにとってミッフィーは鬼門なのかもしれんな?
今回はまずまず成功したので、これでミッフィー編は完了としよう(汗)

さて、もっと色々と書きたい事もあったが、また深夜に。

今日もこんな話を聞いて下さってありがとうございます。
引き続き今夜も、皆さんに沢山の幸運があるように応援しています。

★いつもランキングバナーのクリックをありがとうございます。今日もお気に召されましたらお願い致しますm(__)m
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

PCかスマートフォンのPC版でクリックして頂いたものだけがランキングにポイントとして入るそうです。スマホをご使用の方はPC版に切り替えてクリックして頂けたら嬉しいですm(__)m

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! 返信はこちらで行なっていますが、メールやツイッターでの返信も可能です。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

topBack to TOP