コクーン act.4
Mon.14.05.2012 Posted in SM・フェチ
「ああ、なんて楽しいんだろう。お前をもっといやらしい恰好にしてやる」

奴はオレの手を掴んでソファに腰を降ろした。
オレもその隣に座ろうとしたが、「お前はオレの前に立っているんだ」と奴に言われたのでその通りにした。

奴はテーブルの上に置いたピンク色のエナメルのパーティバッグの中を探り、フェイスケア用品の小さなハサミを取り出した。
オレは興味津々でその様子を眺めていた。これからオレは何をされるのかと淫らな期待に胸をワクワクさせていた。

「動いたら、お前の安全は保証できない」

奴は悪戯な笑顔を浮かべてそんな事を言った。
そしてピンク色の下着の布の部分を引っ張って、その先にハサミで切れ目を入れた。

中身を圧迫するぐらいパツパツに張った布だったので、切れ目を入れた途端、大きくなっていたオレのものがバネのように飛び出した。
奴はそれを見るなり自分の唇をベロリと舐めた。そして革紐でオレのソレをぎゅっと締め付けて、そのままの状態で亀頭にキスをした。

「今夜は縛ったまま舐めてあげる」

てらてらとしたグロスに濡れた奴の唇は淫らだった。
奴は力を込めてオレの竿を縛り、舌先でレロレロと先端の割れ目を刺激した。

オレは思わずため息を漏らした。
締め付ける痛みと、舐められる快感が交差して、ジワリとそこが濡れて行くのが判った。

「オレも貴方を感じさせたい、オレだけが気持ち良くなるんじゃなく……」

奴に弄ばれながらオレは何度かそんな事を言った。
だが奴はオレを弄ぶのが楽しいらしく、なかなか主導権を渡そうとしなかった。

おまけに、その内にこんな事まで言った。

「今日は写真を撮らなくて良いの? ほら、せっかくここを縛られてオレに遊ばれているのに」

オレは躊躇したが、奴がこんなにも奔放になっているので、カメラをバッグから取り出す事にした。

撮影はさっきと同じように、奴はソファに座って、オレがその前に立っている形で行った。

カメラを構えれば、奴はオレのモノが縛られているのがちゃんと写るように、反り返っていたソレを掴んで垂直になるように倒した。
そして亀頭に舌の平を当ててズリズリと強く擦り付けた。革紐と舌で責められている様を撮れと、命令するように。

「いきそうだね。飛ばすところまで撮るつもり?」

自分のモノが責められている様をカメラのファインダーを通して見るのは、物凄く生々しかった。
まるでブルーフィルムの撮影をしているようで、奇妙なほどの猥褻感を覚えさせた。

奴が手で竿を扱きながら亀頭を激しく口からピストンさせれば、本当に絶頂に達しそうだった。
射精してしまう前にオレも奴を攻めたかったので我慢したが、濃いアイラインとシャドウに縁取られた奴の目は異様なぐらい大きく見えて、まるで色情狂のふしだらな商売人のようで堪らなく興奮した。

「オレにもさせてくれ」

我慢が限界になってオレは奴の腕を掴んだ。
奴は笑いながら、「お前でも飛ばす姿を撮られるのは恥ずかしいんだね」と言った。

オレは奴を後ろ向きにソファに座り直させた。
そしてソファの背もたれに抱き着かせて、尻を背後に突き出させた。

エナメルの白いミニスカートを捲りあげれば卑猥な色のショーツが見えた。
そして尻と足を覆うストッキングは、滑らかなシルクの光沢を悩ましげに放っていた。

オレはストッキング越しにショーツのラインを舐めた。股を通るショーツの布はとても細くて、少しずらせばアナルがすぐに見えてしまう程だった。

奴の汗とオスの匂いは容易くオレの行為をエスカレートさせた。
オレは舌先をアナルの入り口に食い込ませて、手でペニスを擦って刺激した。

舌や手に触れるストッキングの感触は、(それに触れる習慣がなかった為)不慣れ故に奇妙でありながらも悩ましいものに思えた。
そして視覚的にもエロティックで、それを撫でれば撫でるほどおかしな興奮に昂ぶっていった。

「ショーツだけ取るぞ」

奴の尻を撫でながらオレはそう言った。

奴はオレの言った意味が把握できなくて「え?」と首を傾げだ。だがオレは構わず、さっき奴が使ったハサミを手にした。
そしてショーツの脇の紐を切って、ストッキングを穿かせたままショーツだけを取ってしまった。

「あはは、なに? この恰好」

奴は背後を向いて(少し尻を隠すように)、自分がどんなに淫らな恰好をしているのかを予想して笑った。

「丸見えだ。ストッキング越しに見ると凄くスケベに見える」

オレはそう言って奴の足の合間を撫でた。サラサラするストッキングの滑りに任せて、アナルからペニスの先までを、ツーっと。

奴はビクリと腰を動かして「あっ」と声を上げた。
奴もまた艶かしいストッキングに刺激されて、いつもより敏感に反応しているようだった。

(次回『act.5』で完結です)

★いつもバナーのクリックをして下さってありがとうございます。本日もよろしくお願い致しますm(__)m
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

PCかスマートフォンのPC版でクリックして頂いたものだけがランキングにポイントとして入るそうです。スマホをご使用の方はPC版に切り替えてクリックして頂けたら嬉しいですm(__)m

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! 返信はこちらで行なっていますが、メールやツイッターでの返信も可能です。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

topBack to TOP