苺満月の願いが叶いますように
Mon.17.06.2019 Posted in 恋愛
ブログを書くと決めた途端に忙しくなってしまいながら、ごきげんよう。

先日オレはそれを見付けてしまい、驚きを隠せずに奴の部屋に向かった。

「これ、まだ持っていたのか。もう捨てたらどうだ?」
「捨てない」
「でも何年穿いてる?」
「3年ぐらい?」
「いや、もっと長い筈だぞ。えーっと、買ったのはあの時だから……5年以上だ!」
「ええーっ! そんなに経つの!?」
「オレが貴方にプレゼントした本人だから間違いない」
「でも、まだ穿けるよ! ほら、スナフキンとムーミンの顔も伸びてたるんでない」
「そうかもしれないが5年以上も穿き続けているパンツ(メンズ用下着の方)ってちょっと凄すぎないか!?」

奴は頑として今後もそのムーミンのパンツを履き続けると言う。
そんなに穿きたいならオレもそれ以上は言うまいと思ったが、奴って本当に物持ちが良いな! オレ達がこんなに長く付き合えているのも実は奴のその物持ちの良さも深く関わっているのかもしれない。

(↑書きながら急にそう思えてきた。オレは奴と付き合うまで、すぐに別れる交際ばかりを繰り返してきたのに奴とだけはこんなにも長く付き合えている。奴が物持ちの良い性格で幸運だったようだ・汗)

しかし奴から良く良く話を聞けば、そのムーミンのパンツはオレからプレゼントされてから暫くの間は勿体なくて穿けなかったそうだ。

プレゼントされたばかりの頃はオレに見せる為もあって数回は穿いたが、後は引き出しの中に大切にしまっていたらしい。2年ぐらい経ってからようやく普通に穿けるようになったが、それでも頻繁に穿くのはやはり勿体なくて極々たまにしか穿かなかったとか。

その話を聞いてオレは納得する。
そういえば今回、ムーミンパンツが洗濯物として出されているのを見たのは物凄く久し振りだった。だからオレは物凄く驚いた。「このパンツまだ持っていたのか!」と。もうずっと見ていなかったから、てっきり何年も前に処分したのだと思っていた。

「そんなに大切にしてくれていたとは知らなかった」
「大切だよ。オレが故郷に居た頃のムーミンの思い出を話したらお前がわざわざプレゼントしてくれたものだからね」
「そうか。もう穿き古してボロボロになって捨てたのかと思っていた」
「捨てる時にはちゃんと言うよ。捨てる前にお前にもう一度ありがとうって言いたいから」

まさかムーミンパンツに感動させられる日が来るとは。

良い子だなあ……と、オレは奴の頭を撫でこながら決意した。オレも奴から貰ったものとお別れする時には奴に礼を言おうと。そして今日みたいに当時を振り返ることが出来たら最高に嬉しい。

==========

そんな訳で、昨日は父の日だった。
相変わらず今もオレ達は母の日と父の日にはプレゼント交換をしているが、昨夜奴から貰ったものは……内緒にしておこう(笑)

だが実用性に長けた物凄く良いものだった。
オレを応援してくれている奴の気持ちが込められていて最高に嬉しくなった。

オレはそれを地道に使って、やがて使い切って収納ケースを捨てることになったら奴に礼を言いたい。これを貴方がプレゼントしてくれたお蔭であれだけのことが出来たと。

どうせならたくさん感謝にしたいのでたくさんのことをやり遂げたいぜ。「これを貴方がプレゼントしてくれたお蔭で石油王になれたぜ!」とはまではいかないだろうが(笑)、奴の思い遣りに倍返しできるぐらいは頑張りたい。

ところで今夜はストロベリームーンだ。
言い伝えによればこの満月は恋を叶えてくれるとか。
オレが外を見上げた時には曇っていて見えなかったが、今はどうだろう?
だが見えなくても皆さんの一途な想いが叶うように応援しております。

では引き続き楽しい苺満月の夜を。
明日の幸運も祈っています。

☆宜しければランキングバナーのクリックをお願い致します♪
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 同性恋愛

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

topBack to TOP