スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ノーカウント
Fri.01.07.2016 Posted in 恋愛
真冬になると決まってオレは奴にある言葉を言わせたくなる。

寒い、と。

北欧生まれ故に耐寒性のある奴が一度も口にしたことのないその言葉を。……思うに、オレが言わせたがっているのを知っていてわざと言わないのだがな(汗)

だが先日の事だ。
奴はついに言ってくれた。
震え上がるほど冷房を効かせた電車や店に出たり入ったりした時に、「寒い、こんなに冷房を効かせなくて良いのに」と。

ついに奴が言った!!

とオレは細い目を見開いたが、しかし感激だったかというとそうではなかった。
何故なら、オレはそんなシチュエーションで奴が言うのを望んではいなかったからだ。あくまでもオレが「寒いだろ? 寒いよな?」と煽って、そこで奴が「寒いよ!」とオレに抱き付くといったシチュエーションで言わせたかったのだから(我儘というか馬鹿だよな)

だからオレは「言った! ついに寒いって言ったな!?」と敵将の首を討ち取ったように騒いだりはせずにスルーした。自分の好みのシチュエーションで言ってくれるまではノーカウントだと決め込んで、聞かなかったことにした。

「まったく冷えるよな。今夜は温かいものでも食べるか」
「良いね。どこかオススメのレストランはある?」
「あるぞ」

オレは自分の卑劣な内面を隠すように奴に笑顔を向けた。
奴はまんまと騙された子羊のようにニコニコと無邪気な笑みを顔に浮かべた。

そして行ってきたのはミッドタウンにあるLa Colina ラ コリナ。モダンメキシコ料理のレストランだ(写真はインスタグラムをどうぞ)

チーズも魚介もミートもたっぷりなピリ辛料理とワイン、それで冷えきった奴の身体は十分に温もったようだ。

「お前がこういう店って珍しいね」
「あんまりアジアン系の店には行かないからな。ちょっと前に利用したら意外と美味しくて、いつか貴方にご馳走しようと思っていたんだ」
「美味しいよ。サワークリームとピリっとする野菜が良いね。あとチーズが伸びる伸びる」
「良かった。メニューは色々あるから好きなのを注文してくれ」
「ありがとう。今夜は素直にご馳走になるね」

素直に、か。寒い日も素直に寒いと言えば良いものを……。などとオレは思いながら奴のトルティーヤに肉と野菜をたっぷりと挟んでやった。

今年の冬こそ奴に寒いと言ってもらおう。
その為ならオレはなんだってするぞ。寒中水泳でも裸で雪だるまの中に入るのでも。そんな頑張ってもオレが寒い寒い言って終わりになりそうだが。

それにしても、奴が仕事に復帰する時には『今後は奴が家にいなくて寂しい』と思っていたが、蓋を開けてみればしょっちゅう奴を食事に誘って楽しくやっている有様だ。ご心配して下さった皆様方には申し訳ない限りです(笑)

外食よりも奴の手料理の方が好きだがな。
奴はどんな料理も作ってくれた。素麺チャンプルーでもオムライスでもカレーでも煮物でも。オレが帰宅すると玄関まで迎えてくれて、「今夜は○○○を作ったよ!」と言って。

まあ、正直なところ、そんな日々が終わってしまったのは寂しい。
あの時は奴を独占できていたから。
だがあのままでいて良い筈はなかった。奴が祖母さんを失った悲しみが癒えたことを喜んでやらなくてはならない。オレは奴の祖母さんに、必ず奴の助けになると約束したのだしな。

自宅での手料理は休日にいくらでも作れる(奴も作ってくれるしオレも作る)
終わってしまった一時の幸せに縛られるよりも、気持ち良く奴の幸せを祈ってやりたいぜ。今の奴は新しい仕事環境で懸命に生きているのだから応援しよう。相談役にもストレス解消役にも何にでもなって。

仕事を辞めて自宅にいた頃の奴はオレに気を使っていた部分もあったしな。
情けないとか申し訳ないとか、早く立ち直るとか、そんな言葉を奴の口から聞くのが物凄く辛かった。

オレに甲斐甲斐しく食事を作っていたのも少なからずそんな気持ちを抱えていたからなのだろう。あの時期、奴のそんな心の負担を取り除いてやれなくてオレの方がずっと情けなかったというのにな。

「今夜は楽しいな。滅多に食べない料理を食べているせいか」
「そうかもしれないね。話が尽きない」
「ああ。まあ、ゆっくり食べよう」
「もうお腹はいっぱいなのに、まだここに居たい気分だ」
「オレもだ。食後のカプチーノはどうだ? 美味いぞ」
「お願いするよ」

気分一新で頑張っている奴に合わせて、オレも今まで奴と入ったことのない店にばかり奴を誘ってみるのも良いかもしれない。

まだ奴の気持ちを尊重して決して無理はさせないつもりだが、そうする事で少しは新鮮な気分でオレと居てくれるかも……と。
消失感と罪悪感に沈んだ人の気持ちって、そんな簡単に揺り動かせるものではないだろうがな。

七夕が近い。
お星様にも祈っておくかな。

==========

という訳で、
皆さんのことも短冊に書かせて頂いたぞ。
今年の織姫様と彦星様は太っ腹で、全ての願い事を叶えてくれると良いな!

ところで一つお詫びです。
来週の頭まで時間が取れなくなったので、コメントへのお返事はその時までお休みさせて頂きます。

長く休止して、今も不定期更新のこのブログを今も応援して下さってありがとうございます。
今夜も皆さんが楽しい夢を見て、明日からの休日が幸運であるように、感謝を込めて祈っています。

おやすみ。

☆良かったよと思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 同性恋愛  国際恋愛

コメントはこちら携帯版)へどうぞ。大変に申し訳ありませんが只今コメント返信は不定期とさせて頂いております。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。