スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
恋人の過ち
Tue.01.03.2016 Posted in 恋愛
(お食事中の方は食べ終えてからお読み下さい)

先日、奴と2人で映画を観に行った。
昼過ぎからの上映だったので、先に寿司屋でランチを食べて、その後で映画を観ることにした。

楽しい映画だった。
映画館を出たオレ達は、散歩をしながら、公園のベンチに座りながら、尽きぬ映画の話題で盛り上がった。

公園には爽やかな風がそよいでいた。
少し寒かったが心地よかった。

しかしオレはさっきからずっと気になっていた。
たまに風に紛れながら、奇妙な匂いが漂ってくることを。

「……変な匂いがしないか?」
「別に。どんな?」
「うんこ臭いような」
「いや? でもお前は人一倍鼻が効くからね」
「公園の花に撒く肥料の匂いかもな」
「そうかもしれないね」

オレはそれで納得した。
しかし本当は納得していなかった。
何故なら公園に来る前から、実は寿司屋や映画館でも時折ふわふわと、同じ匂いを嗅いだような気がしてならなかったからだ。

ひょっとして自分の身体の何処かにうんこが付いているのではないかと思った。
今朝はちゃんと尻を拭いたか、物凄く気になって公園のトイレに行く事にした。

結果は、付いていなかった。
ちゃんとパンツも白くて茶色いものなど付いてはおらず、匂いの元は自分ではない事が立証された。

では……もしかして、奴?
という疑問が浮かんだ。

そんな疑いをしては奴に失礼なのだが、明らかにあの匂いは幻臭などではなかったので、朝から今に至るまでずっと漂っていたとなると、自分でなければ奴しかいなかった。

「ムーミンのショップに行きたい」

オレがトイレから戻ると奴はそう言った。
オレは了解した。だがその前に……と、奴の耳元でコソコソとこう囁いた。

「朝からずっとうんこの臭いがする」

その途端、奴は危険なものでも見るような目でオレを見た。
オレの頭がついにイって、うんこの幻臭に取り憑かれたとでも思ったのだろう。

「大丈夫?」
「いや、そうじゃなくてな」
「なに?」
「多分、気のせいじゃないと思うんだ。で、オレの身体に付いているのかもしれないと思ってさっきトイレで確認したら付いていなかった。パンツも白かった」
「え、じゃあ……」

オレは神妙な顔で頷いた。
念の為に貴方も確かめた方が良い、と。ムーミンのショップに行くのはその後だ、と。

「行ってくる……」

奴もまた神妙な面持ちとなって自分の身体をクンクンと嗅ぎながらトイレに向かった。
オレは奴を見送りながら無事を祈った。どうか奴にうんこが付いていませんように……と。

だが、
その数分後、奴からラインが来た。

『ビニール袋、持ってない?』

オレは吹き出した。
そしてラインの返事を送った。

『服に付いていたか?』
『(泣)』
『良し良し、泣くな。どこに?』
『シャツの裾に。デニムの中に入れていたから気が付かなかった。デニムも臭いよ(泣)』
『大丈夫だ、泣くんじゃない!』
『でもこの匂いは猫のうんちだ。また猫がお尻の毛にくっつけたのをオレの部屋のどこかに落として、オレはその上に座ったか服を置いたかしたんだ』

なんて罪深い猫様。
猫様が長毛種で度々お尻の毛にうんちを付けて歩いてしまう為に、奴は真冬(春間近だが)の夕方にシャツを脱がなくてはならない憂いに遭ってしまった。

生憎ビニール袋を持ち合わせていなかったオレは、近くのコンビ二まで走ってビニール袋とウェットティッシュを買って奴に渡した。

ようやくトイレから出てきた奴の顔は疲れ切っていた。
「うんち~」と涙声で言ってオレに抱き付いた。
オレは奴の頭を撫でて喫茶店に行こうと言った。温かな紅茶を飲んで甘いものを食べて、このショックを癒やそうぜ、と。

(寿司やパフェの写真を載せようと思ったが、うんこ話に添えてもその店のイメージを落とすだけなので控えさせて頂きました。後日、それと判らないようにインスタグラムに載せます)

==========

という訳で、
長毛種のニャンちゃんワンちゃんと暮らしている方は外出の際にはご用心下さい。特にデートの前には。

さて、明日はまだ火曜日だ。
まだまだ続く平日をマゾヒスティックに楽しみながら過ごそうな。

そういえば北日本中心に大雪警戒が出されているが、大丈夫だろうか?
ツイッターでも既にかなりの積雪となったというツイートを見たが、明日はくれぐれも足元にはお気を付け下さい。安全第一に転倒や怪我などされませんように。

では、今宵も心安らかに楽しい夢を。
おやすみ。

☆是非ともバナーのクリックをお願い致します!
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 同性恋愛  国際恋愛

コメントはこちら携帯版)へどうぞ。大変に申し訳ありませんが只今コメント返信はお休みさせて頂いております。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。