スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一番美味しいのを
Sun.15.11.2015 Posted in 恋愛
数日前の話だ。

その日、奴は和風スパゲティを作ってくれると言ってくれた。
きっと奴は、得意なツナとレタスのスパゲティを作ってくれるのだとオレは思った。

けれどその晩、テーブルに出されたのはツナのスパゲティではなく明太子のスパゲティだった。
「珍しいな!」とオレは驚いたが、「ちょっと前に明太子が食べたいって言っていたでしょう?」と奴は言った。

そういえば確かに言っていた。すっかりと忘れていたが、美味しい明太子が食べたいぜ! と。
その時オレは炊きたてご飯の上に乗せた明太子を想像していたが(日本人が一番思い浮かべる明太子の姿だろう)、まさかお洒落なスパゲティになって登場してくれるとは(笑)

「嬉しいぜ、覚えていてくれたのか」
「お前が忘れちゃうなんて」
「忙しかったからな」
「味はどう? 初めて作ったから自信がない」
「美味いぞ。バターを効かせた明太子の味が堪らないぜ」
「ふふ、一番美味しい明太子はどれ? って訊いて買ったからね」

奴は買い物をする時、たまにスーパーの店員さんと話をする。今日のオススメの魚は? とか、このラ・フランスは美味しそうですね、とか。

しかし「一番美味しいのはどれ?」とは何とも可愛らしい。
率直なところが良いじゃないか(笑) 店員さんは商品を平等に扱わなくてはならないだろうが、奴のように可愛い子(ノロケ)にそんな事を訊かれたら一番おいしそうなものを選んでしまうだろう(オレならそうするというノロケ)

「美味しいのを選んでもらえて良かったな」
「まだ半分しか使っていないから、残りはご飯で食べる?」
「ああ、そうする」

そうすると答えながらも、実はオレは残りの明太子で奴に何かを作ってやろうと考えていた。奴の好きな明太子ポテトサラダとか、チーズと明太子を合わせたオムレツとか。

しかし、予定外の仕事が続けて入った為に作ってやれなかった。
おまけに賞味期限が切れて、奴がせっかく買ってくれた一番美味しい明太子を無駄にしてしまった。

それを処分する時、オレは奴に詫びずにはいられなかった(明太子にも謝った)
そして詫びとして今度の休日にスペイン料理をご馳走する約束をした。本音としては自分が奴とデートしたかったからなのだが……いや、本当に反省もしているけどな(笑)

食べ物、しかも奴が用意してくれたものを捨てるのは辛い。申し訳ない気持ちでいっぱいになる。

オレが仕事で元気に飛び回っていられるのは奴のお陰だしな。それを横に置いても奴の気持ちがとても嬉しいので、こんな事はこれで最後にしたいぜ。ごめんな、一番美味しい明太子さん。

スペイン料理に行ったら一番美味しいアヒージョを奴に食べさせてやるぞ。

==========

という訳で、
皆さんもたまには体調を気遣って身体に良いものを召し上がっているか?

何やら風邪が物凄く流行っている。
休める時にはしっかりと休んで、身体に一番悪いとされるストレスを溜め込まないようにお気を付け下さい。そして風邪にもインフルエンザにも負けない年末をお過ごしください。

では、今宵もあたたかくして良い夢を。
おやすみ。

☆本日もランキングバナーをクリックして貰えたら嬉しいです。
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 同性恋愛  国際恋愛

コメントはこちら携帯版)へどうぞ。大変に申し訳ありませんが只今コメント返信は不定期とさせて頂いております。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。