スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夢の中の花畑
Sun.25.10.2015 Posted in 恋愛
先日、ちょっとした事があって大きな花束を貰った。
ユリ、ガーベラ、数種のバラなどで作られたそれはとても華やかだった。

しかし急な事で驚いた。おまけにその日に限って車ではなかったし、遅くまで仕事だったので困った。
仕事が終わるまで何度か混雑した電車に乗り、果たして帰宅するまで綺麗な状態を保っていてくれるか非常に不安だった。

2015_10_20_01.jpg

自宅に着いたのは23時過ぎだった。
丁寧に扱った甲斐があって花束は貰った時と変わらず綺麗だった。

それを奴に渡せば、奴はとても喜んでくれた。

「豪華な花束だね。どうしたの?」
「仕事の関係者に貰ったんだ。事務所に飾ろうかと思ったが貴方に」
「オレに? せっかく貰ったものなのに?」
「ああ」

何度も事務所に置いて行ってしまおうかと思ったが、そうせずに奴に渡して良かった。

奴は喜々として花束を花瓶に移した。
そしてこう言った。「もっと眺めていたいけどそろそろ眠らないといけない。だからオレの部屋に飾っても良い?」

オレは了解した。「花畑で遊ぶ楽しい夢を見ろよ」
奴は笑った。「そうする。でも川の向こうにある花畑だったら行かないよ」

奴は眠るために自分の部屋に行った。
良かった、とオレは思った。あの花束が奴を楽しい気持ちにしてくれて。

それからオレはリビングで持ち帰った仕事をした。
しかし20分程経った頃、さっき眠ったはずの奴がリビングに戻ってきた。

「どうした? パソコンのキーがうるさいか?」
「そうじゃないんだ」
「喉が渇いたか? 腹が減ったか? お化けが出たか?」
「違う」

奴は「あの……」と言い難そうに話し始めた。
一体何なのかと思えば、部屋に飾った花束の中にはオレンジ色のユリがあったのだが、それの匂いが強すぎて気になって眠れないという訳だった。

なるほど! とオレは納得した。
実は電車内でもあのユリの匂いは強烈で、車内に匂いが充満して迷惑になっていないかと心配になった。

「せっかくオレの部屋に持って行ったのに、ごめんね」
「謝ることはないぞ。玄関に移そう」
「ありがとう。今夜は花畑の夢を見るはずだったのに」
「匂いに苦しみながら見る夢なんて川の向こうの花畑に違いないから別の夢の方が良いぞ」
「あはは、そうだね」

奴は笑った。だがポツリと零した。「向こうで祖母が笑っているかな?」と。

もっとも、しんみりとした感じで言ったのではなかった。多分、天国の美しい花畑で楽しく過ごしていて欲しいと願う気持ちから出た言葉だったのだと思う。

だからオレも明るく答えた。
「たくさんの猫達と一緒にいるんだろうな。向こうで貴方を応援しているぞ」

「そう思う? そうだよね?」
「ああ、絶対にそうだ」
「だったら匂いを我慢してこの花を枕元に置いて寝ようかな」
「だからそれをやったら悪夢しか見ないって」

オレは奴を部屋まで見送った。
すると奴は「ありがとう。大好きだよ」と言った。

オレも「大好きだぞ」と言えば、奴は笑を浮かべてすぐにドアを閉めてしまった。
キスも抱擁もなかったがオレはとても良い気分に、幸福な気持ちになっていた。

リビングに戻り、今夜は飲まない筈だったワインを飲んだ。
余韻に浸っていた。
今夜は奴がぐっすりと眠れて良い夢を見られたら良いな……と、そんな事を考えながら。

==========

しかしあそこまで強烈な匂いのユリも珍しいんじゃないか?
悪臭ではない。良い匂いなのだが強烈過ぎて頭が痛くなってくる。玄関に移動させて一件落着したかと思ったが、そこからリビングに漂ってくる匂いもなかなか強くてな(汗)

かつてドリアンを買って部屋に置いた時の事を思い出した。ドリアンの方が比較にならないぐらい強烈で、堪えかねて外に置いた程だったが。とにかく凄い匂いだったぜ。

秋にも綺麗な花が咲き乱れ、年末には花を飾る機会も増える。
花を選ぶ時には姿ばかりでなく匂いにも気を留めて頂きたい。鼻の良い方は特に(奴いわく、オレは異常なぐらい鼻が良いらしい)

という訳で、
ハロウィンの夜にはソフトで甘い香りの花を奴に贈ろう。
その時こそ夢の中の花畑で祖母さんと再会できる事を祈って。

そう、間も無くハロウィンだ。
お化けや黒猫が街中に溢れるこの期間、皆さんが愉快に楽しく毎日を過ごされますように。

では、今宵も心地良く幸せな夢を。
おやすみ。

☆本日もランキングバナーをクリックして貰えたら嬉しいです。
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 同性恋愛  国際恋愛

コメントはこちら携帯版)へどうぞ。大変に申し訳ありませんが只今コメント返信は不定期とさせて頂いております。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。