スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
猫万長者
Tue.20.10.2015 Posted in 恋愛
月曜日の夜に、ごきげんよう。

先日の事、奴はペットショップで可愛い猫のストラップを見付けた。
オレは「買うか」と言ったのだが、
奴は「インパが近いから節約する」と言って買わなかった。

数日後、またそのペットショップに行く用事があり、奴は「やっぱり買おうかな」とストラップ売り場に行った。しかし……。

「ない……」
「だからあの時に買っておけば……」

2015_09_25_06.jpg

こんなに可愛い白猫がいつまでも売り残っている訳がなかった。
奴は反省してこう言った。「実は前々からどうしても欲しいものがあるから今日買っちゃうね!」と。

「何が欲しいんだ?」
「泡立て機」
「ここに料理用品なんてあったか?」
「あるよ。こっち。猫の肉球を押すとブーンって回る泡立て機なんだ」

奴はニコニコしながらオレを売り場に連れて行った。
そしてオレは奴の欲しがっている泡立て機を見たのだが、それはどうも見ても肉球を押してもブーンと回転しそうにはなかった(汗)

2015_09_25_07.jpg

「……これは電動じゃなくて手動じゃないか?」
「ええっ!」
「ほら、肉球を押しても回らない」
「回らない……」

奴はカーっと頬を赤くした。
自分のハヤトチリが恥ずかしくなったのだろう(笑)

しかしその泡立て機が可愛いということに間違いはなかった。
だからオレ達は購入した。これで料理をすれば絶対に楽しいだろうと意見を一致させて。

「でも、肉球を押したら回る泡立て機があったら良いと思わない?」
「思う。どこかにないか?」

カフェでランチセットを食べながら、オレ達はスマホで『肉球 泡立て機』を検索した。
しかしヒットするのは全て手動式ばかりで電動式は一つもなかった。

「自分で作ろうかな」

奴はそう呟いた。
「難しいんじゃないか?」とオレは言ったが、「そうでもないよ」と奴は言って、いつも持ち歩いているB6サイズのノートを開いて設計図を書き始めた。……それはちょっと無理なんじゃないかという非現実的な設計図だったが(笑)

「電動ドリルをベースにすれば簡単に作れそうだぞ」
「でもデザインが可愛くないね。今日買った泡立て機みたいに細身で可愛いのじゃないと」
「細身にするのは難しいぞ。自宅にある電動泡立て機もゴツい作りだしな」

しかし奴は諦めなかった(物凄く頑固な性格だからな)
そしてこう宣言した。

「いつか理想的な肉球の泡立て機を作って会社を起こすんだ」

奴に新たな目標が生まれた。
まずは電動式猫の泡立て機を作り、その後も次々と猫の電動グッズを開発していき、ゆくゆくは猫の電動グッズで巨万の小判を築くのだそうだ。

(猫の電動バイブは? と訊きたかったが、まだその手の質問は解禁になっていないのでしなかった。しかし、いつかは)

「凄いな、猫万長者だ。協力するぜ」
「一緒に頑張ろうね」
「ああ、成功したら猫の楽園を作ろうな」
「良いね、作ろう!」

もっとも今現在のオレ達の工学・電気系技術レベルは10点(100点満点中)ぐらいなのだが……。

まあお互いに大きな夢を見るのが大好きなので、奴が見事に猫万長者になれるように応援しよう。
奴も来年には仕事に復帰するので、そうなって忙しくなったら忘れてしまうかもしれないが(笑)

==========

という訳で、
多忙中にも時間を作って奴とデートしている。
だが少々無理をしたようで一昨日から頭がクラクラする。どうやら風邪をひいたみたいだ。

今夜は早く眠る筈だった。しかし夜に葛根湯を飲んだら具合が良くなって何時ものように夜更かしをしてしまった。

これだから体調を崩すのだな。
反省はしているが夜更かしを治すのは難しい。奴にも何度も叱られているのにな。

皆さんは風邪などひかずにお元気だろうか?
外出の際には上着をお忘れなく、朝晩の冷え込みにはご注意ください。

今日から10月も後半に入った。
日に日に紅葉が染まるこのステキな季節に、具合を悪くして寝こんだりしませんように。

では、今宵も温かくして楽しい夢を。
おやすみ。

☆本日もランキングバナーをクリックして貰えたら嬉しいです。
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 同性恋愛  国際恋愛

コメントはこちら携帯版)へどうぞ。大変に申し訳ありませんが只今コメント返信は不定期とさせて頂いております。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。