スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
困った話 その2
Fri.16.10.2015 Posted in 恋愛
少し前の話となる。
奴との関係を白紙に戻して間も無く、オレは2人の人から告白された。

一人は50代の紳士で、もう一人は何度かクラブで踊ったことのある女性だった。

お二人共とても良い方なのでお断りするのは申し訳なかった。
もっともお付き合いする意思はまったく浮かばず、告白を聞いた瞬間に断る言葉を選んでいた。

ほぼ同時に2人に告白されるなど初めてだったので奇妙な気分になった。
ひょっとして恋人(奴)と別れたのを悟られたのかもしれないと思った。奴と別れた事は親しい友人にしか言わなかったが、オレが明らかに失恋したムードを醸し出していたのかもしれない、と。

その話を奴にしようかと思った。
オレが告白されたことを知れば奴も少しは焦るかもしれない……などと、せこい事を考えながら。

2015_10_11_02.jpg

昨夜は銀座で奴と食事をした。
ジビエが食べたくなって、真鴨のローストを出してくれるレストランを予約して。

久しぶりにデートらしい場所での食事だった。
シャンパンで乾杯した後に食べた牡蠣はとても美味しくて、最後のデザートを食べ終えるまで楽しい会話で盛り上がった。

「鴨を食べるのは久し振りだね」
「そうでもない。この前食べたパエジャにはウサギが入っていた」
「ああ! あそこのパエジャは美味しいよね。カタツムリも入っていて」
「年末が近くなったらまた行こう」
「うん」

食後はボトルに残った赤ワインを飲みながら取り留めなく話をした。
仕事の事、ハロウィンの事、友人の事、音楽の事などを。

その最中、オレは不意に思った。この語らいの中、2人の人から告白された事を奴に言ってしまおうかと。

そもそもオレ達は、こうした事は包み隠さず話そうと『約束』していた。

けれどそれ以上に、オレは酔って悪趣味になっていた。奴がどんな顔をするのか見たくなった。あるいは、こんなにも良いムードで飲んでいるというのに色気のある会話が出来ないことに不満だったのかもしれない。

「実は──」

オレはグラスを置いて語り始めた。
あくまでもサラリと。その2人に未練はないと判るように語った。

だが奴のリアクションはそうではなかった。
「そうなんだ……」とだけ呟いて目を伏せた。

『約束』なんて時と場合によっては破った方が良い。
あの時はきっとそうだった。
何事もなかったように何も言わず奴の平穏を守るべきだった。

オレは、ワイングラスのステムに触れている奴の手を握った。
そしてテーブルを挟んで顔を寄せて奴の唇にキスをした。奴への謝罪と、自分の気持ちを伝えようとしての、ほとんど無意識的な行為だった。

次の瞬間には『不味かったか?』と不安が浮かんだ。まだオレは解禁を許されていないのだから。
だが奴は「こういうのって久しぶりだね」と言った。それから「まだお前はオレの事が大好きなの?」とも。

「当たり前だろう」とオレは答えた。
奴は笑っていた。「残りのワインを全部注いでよ」などと言って。

それ以上、この話は続かなかった。
最後に奴が明るく笑ってくれたのはオレの行為に安堵を覚えてくれた為だろうか……と、少し自惚れているが、どうか間違いではありませんように。

2015_10_11_01.jpg

==========

という訳で、
ハロウィンインパデートも近付いているので、その時にまたこれぐらいのことが出来たら良いなという下心を隠し持っているオレです。

ところで今日の東京は雨だ。
空が暗くて寂しいムードだぜ。
こんな日の夜はまた飲みたいところだが、先日オレはまた傘を失くして帰ってきたので奴から「無駄遣い禁止!」と言い渡されている(汗)

仕方がないので今夜は大人しく帰って、料理用のラム酒でも飲もう。日本酒と違ってラム酒は凝ったデザートを作る時だけ使うので、たまにオレが飲んでもバレやしない。

今夜も冷え込みそうだ。
皆さんも温かくしてお過ごし下さい。

今回のエントリーで利用したレストランの詳細と写真は、またインスタグラムの方に上げておきます。
よろしかったらそちらでもお付き合い願います。

では、また時間のある時にお会いしましょう。
日々、皆さんの健康と幸運を祈っています。

☆本日もランキングバナーをクリックして貰えたら嬉しいです。
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 同性恋愛  国際恋愛

コメントはこちら携帯版)へどうぞ。大変に申し訳ありませんが只今コメント返信は不定期とさせて頂いております。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。