スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
嫉妬という名の希望
Sun.06.09.2015 Posted in 恋愛
マッドマックス 怒りのデスロードを観た後の事だ。
ちょうどティータイムだったのでオレは奴を喫茶店に誘った。

「お茶を飲んで、何かつまむか?」と訊いたら、
「暑いからカキ氷が食べたい」と奴が言ったので、去年から行ってみたいと思っていた店に行くことにした。

雪ノ下
最高の素材に拘った、カキ氷とパンケーキで名有なカフェ。

2015_09_04_01.jpg
■パンケーキ。発酵バターに蜜柑蜂蜜を添えて。

小さな店内は満席だった。
しかし幸運にも5分ほどで空席ができてオレ達はテーブルに案内された。

「……パンケーキを頼んでいる人が多いね」
「ああ、良い香りだな」
「このメニューの写真も美味しそうだよ」

オレ達はカキ氷を食べるつもりでこの店に来たのだが、オーダーを訊かれてみれば揃ってパンケーキを選んでいた(笑)

注文を受けてから20分ほど掛けて焼き上げる分厚いパンケーキだった。
温かくてしっとりとしたケーキに発酵バターと蜂蜜を絡め、香ばしい紅茶と共に頂いた。

(バターと蜂蜜だけでも美味しいが、ちょっと単調になりがちなのでブルーベリーやチョコやクリームチーズを選んだ方が良いのかもしれない)

カフェに入ったらマッドマックスの話題で盛り上がるつもりだった。
しかし店内の空気が余りに甘く香ばしかった為、血なまぐさい話は横に置いて、インテリアや猫の話に花を咲かせる事となった。

「お前のソファに掛けているカバー、良いね」
「ああ、三毛子が潜って遊んだり寝たりしているぞ」
「三毛子に合わせて選んだね? お前の部屋であのカバーだけがとても可愛い」
「まあな。だけど、あのカバーとオレの服がソファの上に並んでいるとな、三毛子は絶対にオレの服を選ぶんだ」
「選ぶ?」
「ああ、カバーではなくオレの服の上に寝たり、オレの服の下に潜ったり、オレの服に抱き付いている(実話)」

オレは親バカ根性丸出してそんな事を語った。
すると奴はふっと笑って「妬けるね」と言った。

果たして、奴が妬いたのは三毛子にだろうか、それともオレにだろうか?
以前なら「どっちに?」と笑いながら訊けたのだが、今はその手の質問は遠慮してしまうので出来ない。

パンケーキをモグモグと美味しそうに食べる奴の向かいでオレは悶々とした。
猫大好きな奴の事だからきっとオレに……。いや案外三毛子に?

帰宅してから三毛子を抱っこして「どっちだと思う?」と質問した。
けれど三毛子は「みゃ」と小さく鳴いてご飯をおねだりするばかりだった。

2015_09_04_02.jpg
■三毛子の鳴き声は小さなな身体と同じように小さい。そしてこのちょっと情けない顔が良い。世界一可愛い。

★本日の写真は大きなサイズでインスタグラムの方にも上げておきます。

==========

という訳で、三毛子とのノロケなら毎日でも書けるぞ。
今朝も恋人のキスのように鼻先を舐められて起きたしな。

……いや、恋人いうより娘だな。
恋人から浮気禁止令を出されているので訂正しておこう。

ところで今日の休日は、奴と一緒に図書館デートをしてきた。
オレも奴も本に熱中すると時間を忘れるので、ランチの時間を引いて9時間ぐらい読み耽った。読みたかった本を全て読破したかったが出来ず、また一緒に来ようと奴と約束した。

本を読んだ後は互いに話題豊富になるので楽しい。
帰りにフレンチビストロで食事をしたが、奴は黒トリュフの掛かったフライドポテト(奴の大好物の一つ)を頬張りながら自分の仕事に関する本の話を熱心に語った。

実は、奴は体調を理由に仕事を休んでいる。
だが今日の様子を見る限り復帰は近そうだ。
奴が元気を取り戻してゆく姿を見るのはとても嬉しい。これからも絶対に、むしろ以前よりも元気で幸福になるまで応援するぞ。

という訳で、今日も楽しい休日を過ごした。
皆さんも週末を楽しまれているか?
明日の日曜日も良い事があるように応援しています。オレは明日は仕事なので職場から(汗)

では、今宵も心安らかに楽しい夢を。
おやすみ。

☆本日もランキングバナーをクリックして貰えたら嬉しいです。
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 同性恋愛  国際恋愛

コメントはこちら携帯版)へどうぞ。大変に申し訳ありませんが只今コメント返信は不定期とさせて頂いております。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。