猫のいない夜に猫を撫でる方法
Thu.28.05.2015 Posted in 恋愛
●猫達のトイレ模様(うんち表現あり)

<ガーナ子>

うんちをした後は必ずお尻を綺麗に舐めるので臭くない。

だが、トイレの砂かけは物凄く適当。砂も何もないトイレのへリの部分を手でサッサとやって終了。うんちはまるで砂の中に隠れなくて無意味。

<シロ子>

うんちをしてもお尻を舐めないので臭い。たまにガーナ子が舐めてやるがすぐに逃げる。妹が尻を抑えて無理やり拭くこともあるが、その後は凄い恨みがましい声で鳴いてダッシュで逃げて行く。

トイレの砂はちゃんと掛ける。

<猫様>

うんちをしたら必ずお尻を舐めるので綺麗。しかし長毛種ゆえに、たまにお尻の毛にうんちをくっつけてブラブラさせていて美貌が台無し。

トイレの砂はちゃんと掛ける。

<三毛子>

うんちをした後、ちゃんとお尻を舐める時もあるが舐めない時もある。しかし舐めない時もオレの部屋の床に『尻ずりずり(この動画の3倍の素早い動きで!)』をやって拭うので綺麗。けれどその場合、床にうんち筋が出来るのでオレが消毒して磨いている(泣)

トイレの砂は完璧に掛ける。完璧というより、親の敵かと思うぐらい何度も何度も何度もザッカザッカザッカザッカ……と延々と掛けるので、深夜にそれをやられるとうるさくてオレが起こされる。それが寝不足の原因になる場合もあるが可愛いので怒れない。だがそろそろ何らかの対策が必要かもしれん。

==========

「トイレの仕方を見ても猫って個性豊かだよな」
「生まれてすぐに親と離れ離れになった猫と、離れないで親にトイレの躾を教わった猫の違いなのかもね」
「なるほどな。本当はどの仔猫も親と長く一緒に居たいんだろうな」

今夜は仕事の帰りにビールを飲んだ。
オレが三毛子の『尻ずりずり』の話をしたのをきっかけに猫の話題がメインとなった。

ところでオレは数日後に出張を控えている。
それなりに長い期間、奴と猫達と離れなくてはならなくて寂しい。

それを奴に言ったらこんな答えが帰ってきた。

「オレの友人も猫が大好きで出張が辛いって言っていた。彼は寂しい夜、自分のスネ毛を猫だと思って撫でるんだって。お前もそうすれば……」

奴の台詞が終わらない内にオレは笑った。「判った、オレもそうするぜ!」と。

「やったら感想を聞かせて」
「ああ、股間の毛と撫で比べて、どちらがより気持ち良かったか報告する」
「あはは、楽しみにしてるよ」

退屈なばかりだと思っていた出張に楽しみが出来た。
自分のスネ毛を猫の代わりに撫でるのと、それを奴に報告する、2つの楽しみが。

==========

という訳で、
また多忙期に突入だ。
更新がままならない日が増えるが、気が向いた時に覗きに来て頂けたら嬉しい。

では、今宵も楽しい夢を。
おやすみ。

☆本日もランキングバナーをクリックして貰えたら嬉しいです。
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 同性恋愛  国際恋愛

コメントはこちら携帯版)へどうぞ。大変に申し訳ありませんが只今コメント返信は不定期とさせて頂いております。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

topBack to TOP