金曜日の夜は週末の話をしよう
Sat.23.05.2015 Posted in 恋愛
『今夜は外で食べないか?』

今夜はそんな予定ではなかったが、オレはLINEで奴を誘った。
奴は了解してくれた。今夜の食事の準備はまだしていないからと言って。

2015_05_08_3.jpg
■生ハムと水牛のモッツァレラチーズ。これらとワインがあれば楽しく生きていける気がする。

予約したレストランで待ち合わせた。
数日前から奴が食べたがっていたタリアテッレのあるイタリアンレストランを予約した。それが少しでも”埋め合わせ”になれば良いと思って。

「ワインはオレが決めて良いか?」
「任せる。食事のメーニューはオレにちょうだい」
「ああ、好きなのを注文してくれ」
「嬉しいな。ここの料理は大好きなんだ」

金曜日の夜に相応しいちょっと豪華で楽しいディナーだった。
イタリア産の赤ワインと共に食べる料理は美味しくて、楽しい話題が途切れることなく次々と続いた。

2015_05_08_4.jpg
■ピッツァは週末のテンションにピッタリ。

しかしオレは、”それ”をいつ切り出そうかと迷っていた。
どうせなら食事の前に言ってしまった方が良かったかと、すっかり酔いの開放感に上機嫌となった奴を目の前にして後悔していた。

だが、そのタイミングは向こうからやって来た。
奴が言い出したのだ。「ねえ、明日は楽しみだね!」と。

ついに言わなくてはならない時が来たと、オレは観念した。
申し訳ない気持ちでいっぱいになりながら奴に告げた。「すまない。明日と明後日は仕事が入って、予定していたオレの爺さんの家には行けなくなった」と。

「……そうなんだ」

それまでニコニコと笑っていた奴はありありとその表情を萎ませた。
……すまない! オレはその台詞を心の中でも口でも何度も繰り返した。どうしても断れない仕事だったとか、来週には必ず行けるからとか、そんな言い訳を並べながら。

2015_05_08_5.jpg
■レモンクリームのタリアテッレ。レモンの爽やかな酸味を効かせた夏に似合うクリームパスタ。

かなり昔のエントリーに書いたが、オレの父方の爺さんの家は今、誰も住んでいない状態で放置されている。
オレは以前からそこの整理などを頼まれていたがなかなか手が付けられず、今回ようやく(法的な問題を先に片付けて)出向く事が可能となった。

その時は一緒に行こうと、前々から奴には言ってあった。
まだそれほど開拓されていない自然の多いところにある一軒家なので(小規模だが山も所有している)、オレ達はちょっと冒険心をくすぐられていた。
オレが幼い頃に遊んでいた公園を見に行こうとか、夜には近くの古い旅館に泊まって怪談話を楽しもうとか、そんな無邪気な計画もしていた。

「すまない。もっと早く言えば良かったんだが言い難くて」

オレは頭を下げた。
しかし奴はすぐに許してくれた。「お前が言えなかった気持ちってオレには良く判るから」と言って。

「そうなのか?」
「どうして急にレストランに誘ってくれたのか不思議だった」
「ああ……」
「良いよ。気にしないで。違う日に行けるんでしょう? その日を楽しみにしているよ」

奴のそんな優しい言葉に、オレはもう一度謝らずにはいられなくなった。
今日はワインだけのつもりだったが奴の好きな珈琲を注文した。それからデザートも。明日の予定をなくしてしまったから、せめて今夜、少しでも多く楽しい気分になって欲しくて。

2015_05_08_6.jpg
■カンノーリ。イタリアの伝統的なデザート。

「明日と明後日、せっかくの休みなのに退屈にさせてしまうな」
「仕事をしたり友人と遊んでリしているよ」
「ごめんな。明後日の帰りは夕方だからどこかに遊びに行かないか?」
「そうだね。考えておく」
「そうしてくれ」

今回の急な仕事は色々と不運が重なって決まった。
奴にも申し訳ない事をしたが、父方の親戚の方々にもお詫びを申し上げなくては(汗)

しかし、予定は延期となったが楽しみだ。
山にはオレの父方の墓地もあるのだが、亡くなった父や祖父や祖母をはじめとするご先祖の皆様に奴を紹介しようと思っている。

父が生きていればいつか奴と会わせることになるだろうと覚悟していたが……。残念なような、ホッとしたような。

まあ、墓で挨拶をして、天国からオレ達を見守って貰うか。

==========

という訳で、
明日も仕事なので皆さんの幸運を会社から祈っています。

楽しい週末をお過ごし下さい。
お疲れの方は眠気がなくなるまでゆっくりとお休み下さい。

では、今宵も心穏やかに楽しい夢を。
おやすみ。

☆昨日のエントリーではたくさんの応援クリックをありがとうございました! 嬉しかったです(笑)

今日もよろしければランキングバナーのクリックをお願い致します。
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 同性恋愛  国際恋愛

コメントはこちら携帯版)へどうぞ。大変に申し訳ありませんが只今コメント返信は不定期とさせて頂いております。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

topBack to TOP