母さん、僕のあの帽子どうしたでせうね?
Mon.26.03.2012 Posted in 気軽な雑談
お客さんとの相談会が終わったが会社に戻りたくなくて、ごきげんよう。

ケーキのないティータイムは寂しいな。
ついつい隣の席でお洒落なケーキを食べながら楽しく談笑している熟年カップルに目が行ってしまう。

だがオレは奴の命令に忠実に従ってずっとケーキを食べていなかった。
だからそろそろ食べても良い頃だと思う。

今日はケーキを買って帰ろう。
そして……妹と仲良く食べるんだ。
今日は実家に帰られなくてはならない用事があって、奴宅には戻れなくてな(泣)

だが、この週末は奴とベッタリくっ付いて過ごせた。
昨夜は奴は早々に眠ってしまったが、オレはその隣でiPhoneを使ってHuluで映画を観ていた。

まずはじめに見たのは、『エミリー・ローズ』

Huluで見付けた時から気になっていたが、怖そうなので一人では観られなかった。
けれど先日は一人で『ゴースト・ハウス』を観ても平気だったし、昨夜は隣に奴もいたので、それなりに余裕で観はじめた訳だが……観なければ良かった(泣)

怖い。
何が怖いって、顔と身体が怖い。

ストーリーはエクソシストに似ているが、『悪魔憑き』の状態の表し方が巧みで心臓に悪い。
見終わってからも暫く、あの顔が浮かんで一人でトイレに行けなかった。トイレの窓にあの顔が張り付いていたらどうしよう……と、な。

最高に怖いシーンを観てしまった時、オレは全身に鳥肌を立てて奴の背中にひっついた。
奴は熟睡するとなかなか起きない男だが、昨夜は奇跡的に起きて、「んー? ふふふ」と笑った(本当に笑った)

けれど、「(起こして)ごめん」とオレが言った時にはもう眠っていたので、起きたというより寝言に近いものだったのだろう。案外、オレを虐める夢でも見ていたのかもしれん。

奴のノンキな寝言のお陰でオレの緊張は解れた。
だからエミリー・ローズの続きを……と思ったが、やはりこれは別の日の昼間に観ることにした。

その代わりに見たのは、『人間の証明』
1977年公開の映画バージョンのものだ。

昨年、この映画のテーマ曲を歌われていたジョー山中氏が亡くなられたが、オレの大先輩(この方も亡くなられました)が氏の大ファンで、その繋がりで氏のライブに行った事があった。

人間の証明のテーマ曲は言わずと知れた名曲でオレも大好きだったが映画はまだ観ていなかった。
いつか観たいと思っていたが、先日Huluに新たに追加されていたのでマイリストに登録しておいた。

当時らしい音楽とカメラワークと、いかにも70年代のモードという雰囲気のファッションショーに新鮮味を感じた(笑)

けれど最後はとても切ない気持ちになった。
不幸な人をこれ以上虐めるのは止めてくれと、例えそれが因果応報によって招いた不幸であろうと、それでも辛い思いをしている人には救いを与えて欲しいと思えた。

一見すると安易と思える偶然や展開があったが、それらはこの映画に必要な要素だった。それらがあってこそ、主要人物達の切実な思い(願い)や、人間の繋がりによって生まれる因果が描き出されていた。
そして、主演の岡田茉莉子さんがステキだった。必死に生きている演技が、とても輝いていて。

見終わって、オレは再び奴の背中にひっついた。
オレは絶対に麦わら帽子(貴方)を失くしたりしないからな!! と、すっかり映画に感化されて(笑)

映画を見終わって眠ったのは、なんと3時半だった。
お陰で今朝は眠くて、5回ぐらい奴にユッサユッサ揺さぶられてようやく起きれた(汗)

「そんな時間まで映画を観てるなんて!」
「ごめん、でも良い映画だったんだ」
「それでも夜更かしはダメ」

キッチンで、椅子の背もたれに手を付けと奴に言われた。
その通りすると、奴はオレの尻をペンペンペン! と強く三回叩いた。

尻に気合を入れられて、おかげで眠気も飛んで元気に出社できた。
朝のスパンキングはメンタル面に効果抜群の良い健康法だ。皆さんも是非、お試し下さい。

という訳で、そろそろ会社に戻ろう。
今日は朝からずっと喋りっぱなしだったが、それが途切れた途端に頭がボーっとしてしまった。今夜は良く眠れそうだ。

皆さんもお疲れ様!
充実した月曜日を過ごされたなら何よりです!

では、また時間があったら夜に。

★いつもクリックをありがとうございます。今日もよろしくお願い致します!m(__)m
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! 返信はこちらで行なっていますが、メールやツイッターでの返信も可能です。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

topBack to TOP