ケーキが決まらないなら……
Wed.04.12.2013 Posted in 恋愛
深夜にこっそりと、ごきげんよう。

明日も寝不足決定だが、何となくどうでも良い気分なのは年末仕事ラッシュでハイテンションになっているからか(笑)

それは奴も同じなのかもしれん。

奴は今夜、珍しく夜更かしをした。
オレが帰宅したのは23時過ぎだったが、『きのう何食べた?』の新刊を買って来た事を伝えたら、「一緒に読む!」と言い出した。

「今からシャワーを浴びるから23時半頃になるけど良いのか?」
「良い。実はさっきまで仕事をしていたら目が冴えちゃって」

という訳で、2人でベッドに入って読んだのだが、今回はケンジ君に共感しまくりだった。それはオレが同じぐらい乙女だからなのだろう。

で、バレンタインのチョコレートをシロさん&ケンジ君の2人で自作する話があったのだが、それを読み終えた時に奴はこんな発言をした。

「クリスマスケーキ、まだ決まらないなら2人で作ろうか?」

え!?

と、オレは驚いたが、チョコレートケーキを作った事はあるから不可能ではないと思った。失敗しなければ成功すると(本格的なデコレーションをするホールケーキは一度しか作った事がないので自信がない・汗)

しかし問題は、今年のクリスマスは平日だという事だ。
果たして作っている時間があるのだろうか?
24日25日なんて猛烈に忙しくなるに決っている。

だが、
「無理じゃないか?」とオレが言うと、
「無理か……」と奴は残念そうに言った。
オレは、奴のそんな顔を見たらなんとかしてやりたくなってしまった。

「確かスポンジは前日に作っても良いんだよな。冷蔵庫に保存すれば」
「そうなの?」
「ああ。23日にスポンジさえ作っておけば、24日はクリームやフルーツをデコレーションするだけで済む」
「じゃあ、作れる? オレも手伝うから」
「良し、作ろう」

オレがそう言った途端、奴は「わあ、楽しみ!」と満面の笑顔になってオレに抱き着いた。

そんなに嬉しい事なのか?
オレも嬉しいけどな(笑)
大好きな彼と2人でクリスマスケーキを作って食べるなんて、愛に満ちた暖かな聖夜になりそうじゃないか。

だが本当に作れるだろうか?
いやいや後ろ向きな事は考えまい。
なんとか時間を確保して何とか失敗せずに作り上げるんだ。
奴が思いきり喜んでくれる顔がどうしても見たいからな。

「じゃあレシピはオレが探しておくぞ。簡単なので良いよな?」
「うん。シンプルなので良い。オレはケーキにデコレーションするものを探しておく」
「楽しいクリスマスにしような」
「きっと楽しいクリスマスになるよ」

ちゅっとキスをしてクリスマスの約束を交わした。
ああ、そうだな。貴方の言う通りだ。今年も楽しいクリスマスになる。貴方の楽しそうに弾む声がそれを予感させていた。

まさかこんな展開になるとは。
ちょうど自炊を復活させて料理の話題が多くなったところだったからな。
クリスマスケーキを自分で作るなんて生まれて初めてだから忘れられない思い出になるだろう。

「ケーキが出来たら写真を撮って貴方の祖母さんに送ろう」
「そうする。カメラをセットして、オレとお前と猫も一緒に映るんだ」
「貴方が幸せそうにクリスマスを過ごしている姿を見たら、きっと祖母さんも幸せな気持ちになるだろう」

そうだね。と、奴は言ってオレを抱き締めた。
涙ぐんで、少し声を震わせて。
奴はちゃんと知っている。祖母さんは何よりも奴の幸せを願っている事を。そして奴はそれを何よりも幸せだと思っている。

願わくば奴の祖母さんにも最高に幸せなクリスマスを。
そしてオレの母と叔母にも最高に幸せなクリスマスを。

オレは奴の髪を撫でた。
時刻はもう1時近かった。

「おやすみ」と囁いて照明を消せば、「大好きだよ」と奴は言ってキスをした。

今頃、楽しい夢を見ていれば良いな。
祖母さんと故郷の公園を散歩している夢を見ていれば良い。湖の畔にある白木造りのカフェで温かなココアを飲んで、楽しい会話に盛り上がって。

2013_12_04_1.jpg

皆さんも良い夢を見ているか?
忙しい12月は始まったばかりだが、今年の最後の最後の日まで、たくさんの幸運に恵まれるように心の底から祈っています。

今日の都内は寒くなりそうだ。
外出される時には温かくして、風邪などひかないようにお気を付け下さい。

では、引き続き幸せな夢を。
おやすみ

にほんブログ村へ 同性恋愛  国際恋愛
2つのバナーをクリックして頂けたら嬉しいです!

コメントはこちら携帯版)へどうぞ。大変に申し訳ありませんが只今コメント返信は不定期とさせて頂いております。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

topBack to TOP