もっとしなやかに もっとしたたかに
Mon.02.12.2013 Posted in SM・フェチ
日曜の朝の戯れは欠かせられない。
昨日の朝もオレは、目覚めると共に奴に愛情と欲情を感じていた。

「今朝はこんなに激しいのはどうして?」
「土曜日に貴方を抱けなかったから」
「土曜日だけじゃない、先週からずっとだ」
「今日は一日中したい」
「オレも」

互いに興奮の吐息を漏らし、潜めた声で囁き合った。
途中、猫様が寝室に入ってきた。
奴は身悶えながら猫様をベッドの上に呼び、その優美な白い長毛に覆われた身体を抱き締めた。

「ああ、気持ちが良い。オレも裸で鳴き声をあげて、この猫と同じ獣だ」

奴は笑みを浮かべてそんな事を言い、自ら身体を回転させて四つん這いとなって「にゃーお」と鳴いた。

その光景にオレは刺激された。
背後から奴に歓喜の声を上げさせ、更に奔放で淫らな獣となって行く様を眺めて楽しんだ。

事が終わってもオレ達はベッドの中にいた。
もうランチの時間も過ぎて空腹を我慢できなくなった頃にようやく寝室を出た。

だが、何故かオレのパンツがなくなっていた(こんな急展開ですまない。だが実話だ)
ベッドの中で脱いだ筈だったがそこにはなく、ベッドの下にもなくて困り果てた。

「オレのパンツが消えた」
「猫が隠したのかもね。お前がオレを虐めていると思って、その仕返しに」
「貴方の事が大好きな猫様ならあり得る」

仕方がないので(早く何か食べに行きたかったので探すのは後にして)、タンスから他のパンツを出そうとした。
けれど奴はそれを止めて、今朝オレに脱がされる前まで穿いていた自分のパンツをオレの手に掴ませた。

「今日はそれを穿きなさい。ムーミンのパンツ」
「穿きなさいって、命令か?」
「うん、命令」

奴は楽しそうな顔でオレを眺めた。
ご主人様(奴)の命令とあってはオレは断れなかったが、もっとも奴の穿いていたパンツを穿けるのはフェチなマゾヒストとしては嬉しいばかりだった(フェチ男の間では穿きっぱなしパンツとか大人気だぞ、リアルな話で)

しかし柄が可愛すぎた。
ピンクの縫い目、ムーミンとスナフキンとラブリーなツーショット。
まさかそんなパンツを穿けと命令されるとは、アダルトな象さんパンツを穿く以上に恥ずかしい気がした。

「オレじゃ似合わなくて可笑しいぞ」
「似合うよ。さあ穿いて、お腹が空いているんだから早く」

奴に尻をペチペチと叩かれて急かされた。
穿くしかなかった。
生まれて初めて(ではないが)そんな可愛いパンツを穿いたが羞恥プレイだった。

そしてオレ達はレストランへ行った訳だが……。

「ふふ。お前って今、その下にムーミンのパンツを穿いているだよね。服装は渋いのに可愛いムーミンなんだ」

奴に言葉責めをされた。
ただ可愛いパンツを穿いてるだけでそれほど恥ずかしい事をしている訳ではないのが、サディスティックモードの奴にからかわれると何故だか猛烈に照れ臭くなった(汗)

「ああ、可愛いだろう」

オレは開き直ってそう言った。しかしこういう状態になると奴の方が上手(うわて)だ。

「お前も気に入ってくれたんだね。帰ったら写真を撮らせて。iPhoneの待ち受けにするから」
「それは嫌だ」
「後ろを向いて片手でデニムを下げている格好が良い。ムーミンがちゃんと見えるぐらい下げてね」
「だから嫌だって、そんな写真を撮られたら恥ずかしいぞ」
「お前はオレのそういう写真を何度も撮ってるじゃない。オレは駄目なの? 不平等で酷い話だ」

奴はニッと笑った。
猫みたいに吊り上がった大きな目を細めて。

オレは観念するしかなかった。
もっとも奴はすべてお見通しで言っていたのだろう。実はオレは、羞恥しながらもその状況を密かに楽しんでいたと。羞恥プレイが楽しいというより、奴にやり込められるシチュエーションが楽しくてな。

しかしムーミンのパンツが限界だ。
奴はフリルたくさんのコルセット系の下着も持っているが(フェティッシュパーティ用な)、さすがにそれを穿けと言われたら絶対に逃げる。
物事には限度というものがあり、オレはマゾでもさすがに爆笑されるほど滑稽な格好はしたくないからな(汗)

2013_12_02_1.jpg

という訳で、皆さんもパンツの紛失にはお気を付け下さい。

なくなったと思ったパンツは絶妙な具合で布団の間に隠れていた。それとも、オレ達が外出している隙に猫様が戻しておいてくれたのか?
とにかくお気に入りのパンツだったので出てきて良かった。ちなみにオレは休日の前の晩には必ずお気に入りのパンツを穿く事にしている。翌朝の情事に備えて(笑)

月曜日の爽やかな昼間からこんなエントリーで申し訳ない。
けれどこんなエントリーも読んで下さる皆さんに感謝して、今週も皆さんが幸運であるように祈らせて頂きます。

どうぞ充実した一週間を。
年末に向けて多忙を極めると思うが、毎日元気に楽しくお過ごし下さい。

にほんブログ村へ 同性恋愛  国際恋愛
2つのバナーをクリックして頂けたら嬉しいです!

コメントはこちら携帯版)へどうぞ。大変に申し訳ありませんが只今コメント返信は不定期とさせて頂いております。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

topBack to TOP