貴方の気持ちが貴方のものである喜び
Mon.19.03.2012 Posted in 恋愛
蜜蝋のキャンドルに火を灯せば部屋は暖かそうな色に染まった。

炎から甘い香りが漂ってくるようだった。
そんな灯りに包まれていると自ずと穏やかな心地となり、隣にいる恋人に自分の想いを囁きたくなった。

「祝ってくれてありがとう。今年も貴方と誕生日が過ごせて嬉しい」

そんな事を言って奴に微笑みかけると、奴も微笑み返して、オレの手を握った。

「お前にとって大切な日はオレにとっても大切な日だから。だから必ず一緒にいるよ」

奴の言葉は嬉しかったが、嬉しすぎて少し照れくさくなった。
オレはオレをじっと見詰めている奴から視線を離し、照れた気持ちを誤魔化すようにキャンドルの炎を見詰めた。

「このキャンドルの炎は綺麗だな。ずっと見詰めていたくなる」
「そうだね。神聖な感じだ」
「誕生日のお祝いにぴったりだな。こんなプレゼントまでしてくれて嬉しいぞ」
「教会でも使われているから、誕生日っていうよりも結婚式みたい」

オレは奴の言葉に頷いた。
そういえば蜜蝋キャンドルを祭壇に並べている教会をイタリアで見たことがあった。その時オレは、こんな厳かで美しい祭壇の前で生涯の誓を交わせたらステキだろうとなと思ったものだった。

「お前に生涯の愛を誓うよ。ここは教会ではないけど」

オレがイタリアの教会(&その美術品)の美しさに思いを馳せていると、急に奴はそんな事を言った。

思い掛けない言葉を贈られて、オレは驚いて奴を見た。
奴はオレから視線を離してキャンドルの炎を見詰めていた。真面目な表情をして、今の言葉は本気で言ったのだと物語るように。

厳かで神聖な気持ちになった。
再びオレもキャンドルの方へ視線を向けて奴と同じ言葉を言った。「オレも貴方に生涯の愛を誓う」と。

「これからオレは忙しくなってしまうけど、それでも良い?」
「お前を信じているから構わない」
「寂しくなったら言ってね。隠したりしないで」
「そうする」
「絶対にだよ」
「約束する」

奴の声音はいつになく静かで、その中には深い不安が込めらているように思えた。

オレは誤解していたようだ。
今や奴は、オレが奴を想うほどの情熱はなくなったのだと思っていたが、あんなにも真剣に想いを伝えることを忘れていたのはオレの方だった。

オレは度々奴の気持ちを推測して、その推測は大体当たっているのだと思っていたが、それは大きな間違いだった。

実際には、オレの推測には『自分の自信の無さ』が加わっていたのかもしれない。
だから『きっと奴はオレほどオレを想ってくれない』等と、そんな卑屈なことを思ってしまったのかもしれない。

奴の気持ちは、オレのそんないじけた推測などには捕まえられないものだった。
奴はもっと自由に本当に、オレとの人生を真面目に考えてくれていた。

「ありがとう。必ず一緒に暮らせるように環境を整えるからね」
「オレの方こそ、ありがとう。オレもその為に頑張る」
「誓いのキスをしよう」
「ああ」

キスを交わした後、奴は急に「ふふふ」と笑った。それまでキャンドルの炎のように情熱的な目をしていたのに。

けれどオレもそれに釣られて笑った。
オレは照れくさくて笑った訳だが、もしかすると奴も照れくさくなって笑ったのかもしれないな(笑)

そしてキャンドルの灯りを消すまで、奴の肩を抱いて睦言と雑談を楽しんだ。
翌日は多忙な月曜日だった為に限りある時間だったが、とても楽しかった。

「でもケーキがないと誕生日って感じがしないね」
「友達が贈ってくれたうなぎパイをケーキ代わりに食べるか?」
「食べたい。あれって美味しいよね」
「貴方も食べたことがあるんだ。そうだ、プレゼントしてもらった猫型でクッキーを焼こう」
「いつ焼いてくれるの? 今から?」
「今日はもう遅いから明後日」
「楽しみにしてる」

会話中に何度キスをしたか数えていれば良かった……と思うぐらいキスをした。
蜜蝋キャンドルの暖かな灯火には、楽しくて暖かな光景も似合うように思えた。

という訳で、
誕生日は終わってしまったが今日も楽しく仕事をしてきた。

奴を支えて奴と生きる為と思えば、多少の辛い事にも笑っていられる。
自分を愛して自分を頼りにしてくれる人がいるのは、自分にとってとてつもない支えになる。

だから明日も頑張るぜ! と思ったが、明日は祝日なんだな。明日も仕事だから平日かと思っていた。奴も奴で明日は忙しいしな(汗)

皆さんはお休みか?
春らしい楽しい休日になるようにオフィスから祈ってるぜ。

では、今夜も楽しくて幸せな夢を。
おやすみ。

<ピグの事>

テーブルにケーキなどを置いて下さった方へ。まことにありがとうございます。
けれど食べ物にはメッセージ機能がないのか、誰が置いて下さったのか判りません。お礼の言葉も言えずに悲しい思いをしております(泣)

それとも贈り主さんが判る方法があるんでしょうか? まだ勉強不足なので、今夜は色々と調べてみたいです。

そして昨日に引き続き、誕生日のプレゼントをありがとうございます!

あんなにも可愛らしいプレゼントを頂いたのは初めてで、とても新鮮で嬉しいです(笑)
後でご訪問してお礼をさせて頂きます。本当にありがとうございました。

引き続きピグの方でも、よろしくお願い致します。
仕事をしながら放置している時が多いですが、それでもよろしければ是非!

★いつもクリックをありがとうございます。今日もどうぞよろしくお願い致します!
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ! 返信はこちらで行なっていますが、メールやツイッターでの返信も可能です。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

topBack to TOP