プチシュークリームよりもたくさんの幸福
Sun.27.10.2013 Posted in 恋愛
奴が作ってくれた今夜のご飯は、野菜と鶏肉のスープ、ラタトゥイユサラダ、蟹ピラフ。そしてデザートにプチシュークリーム。

「ご馳走だな。シュークリームも手作りか?」
「ううん、それはケーキ屋で買ったんだ。プチシュー、好きでしょ?」
「大好きだ。滅多に食べられないから嬉しいぜ」

食事の前に奴にキスをした。
それから頂いた夕食はとても美味しかった。
そして楽しかった。
今日は一日のほとんどを英語などの勉強に費やしたから、夜になってようやくやって来た奴との語らいの時間がとても嬉しかった。

食後、奴は紅茶を淹れてくれた。
「勉強していて」という奴の言葉に甘えて、オレはテキストを暗記しながら紅茶を飲んだ。

だが、オレの傍で後片付けをしてくれている奴に申し訳なくなって気が散った。
昨日は英語のレッスンに付き合ってもらい、今日は家事のすべてを奴に任せた。休日だったというのに、買い物や外食といった楽しい事には何一つ付き合ってやることが出来ずに。

「……なあ、この山場が終わったら」

オレは奴にそう語り掛けた。
山場が終わったら昨日行ったようなホテルに宿泊して食事をしよう。そしてムーミンの食器やタオルを揃えて、TDRのクリスマスシーズンが始まったらずっと貴方にプレゼントしたいと思っていたものを贈りたい、と。

奴は嬉しそうに微笑んでくれた。
だがオレは何となく、自分のその(楽しさに満ちた筈の)言葉が脆いものであるように感じていた。

だからもっと楽しい事を言おうとした。
「この山場が終わったら……」と、再び。

だが奴はオレの背後に立ってオレを抱き締めた。
そしてキスをしてこう言った。「昨日の英会話レッスンはお腹を抱えるほど笑ったよ。今朝ブッフェで食べたお寿司は美味しかったし、昼間はようやくキッチンの大掃除が出来て大満足だ。先の事も楽しみだけど、今だってこうすればすぐに幸せになれるんだよ」

確かに、奴に抱擁されたらそれだけでハッピーだった。
奴はオレの心の中をすっかり見通してそう言ってくれたのだろう。時間やお金を使った事ばかりが愛情の証明になるのだと感じているオレに、優しく反論して。

オレは猛烈に奴が欲しくなった。
奴を抱き上げて寝室に入り、ベッドに横たえた奴を見つめながら服を脱ぎ捨てた。

「愛している」と言った。
見栄を張った愛し方ばかりしてしまう情けないオレだが、呆れずにこれからもずっと一緒にいて欲しいと願いながら。

「勉強を中断させちゃったね」
「良いんだ。どうせそんなに集中力は続かない」
「……ふふ、本当はお前も幸せになりたかった?」
「ああ、実は朝から貴方の中に包まれて幸せになりたかった」
「オレもそうだったよ」

愛している相手とのセックスって本当に偉大だ。
それ以上の娯楽はなく、それ以上心を満たしてくれるものもなく、それ以上安堵を与えて甘やかしてくれるものもない。

奴に頭を撫でられながら今夜はもうゆっくり過ごそうと決めた。

今夜は『猫侍』もあるしな(このエントリーを挙げる時にはもう終わっているが)
お気に入りのフレーバーティーを淹れて、猫様に嫉妬されない程度に玉之丞に萌えながら奴と一緒に観ようと決心した。

明日は夜から忙しい。
火曜と水曜は比較的暇だが、木曜と金曜に備えて猛特訓しなくてはならない。

だが、たとえそれが失敗したとしても、オレにはそれ以上に大切なものがあるから大丈夫だ。
仕事にそんな余裕を持ち込むのは禁物かもしれないが、そんな余裕をなくしたら本当のことを見失いそうになる。

という訳で、皆さんも良い一週間を。
今週も最後の日まで、皆さんがハッピーでラッキーであるように祈っています。

皆さんも色々と大変な事があるのだろうが、がんばろうな。

では、今夜も気持ち良く幸せな夢を。
おやすみ。

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ ゲイの恋愛  国際同性恋愛も
今日もお付き合い下さって下さってありがとうございました。2つのバナーのクリックをよろしくお願い致します。

コメントはこちら携帯版)へどうぞ。大変に申し訳ありませんが只今コメント返信は不定期とさせて頂いております。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

topBack to TOP