とある猫好きM男の恋愛
Tue.22.10.2013 Posted in 恋愛
「何を食べてるの?」
「ビタミンCのタブレット。風邪にはビタミンCの摂取が良い」
「美味しい?」
「酸っぱくて美味しいぞ」

その時オレは書類を書いていたのだが、奴はオレの顔を覗き込んでキスをしてきた。
飴などを口に入れている時、軽くキスをしただけで味が伝わる。
だから奴もそんな感じでキスをするのかと思った。

しかし奴は、オレの口の横側から強引に舌をにゅーっと差し込んで、オレが驚いて顔を離そうとすると両手でオレの頭を押さえ込んで、口の中にあったタブレットを奪って行ってしまった。まるで飢えた獣が餌を横取りするかのように。

「なんでそこまでやってオレのタブレットを取るんだ?」
「本当に美味しかったから欲しくなったんだ」
「新しいのはいくらでもあるぞ?」
「お前の舐めているのが美味しかったんだ」

ははは照れるぜ、とノロケておくべきか?(笑)

まあ、オレも似たような欲求に駆られた事は何度もある。奴が食べ残したものを「ほら犬、餌だ」と投げ与えてくれないかとか(それはまるで逆だろうという突っ込むは無用です)

いや、それよりも、
オレはまだ風邪が完治していなかったので、「こら」と言って奴の尻をペンと叩いた。
しかし奴はニッと笑み、ガッとオレを抱き締めてもっとディープなキスをやってくれた。

まったくヤンチャな猫だな。
こういう事はちゃんと躾けるべきなのだろうが、飼い主(オレ)はベタボレな上に尻に敷かれているのでされるがままになっちまう。情けないとは思うが、世の中の愛猫家というのはこんなもんだ。

さて、今日は仕事中にちゃんと英会話の勉強をしたぞ。
今夜はきっと猫ちゃんシールがもらえる。
来週までにリアル欧米人を相手にペラペラと喋られるスキルを身に付けてやろうじゃねえか。たまに印度の方も来られるようだが。

5枚たまったら何をご褒美に貰おうか?
オレとしては一緒に美味しいご飯を食べてくれるだけで満足だけどな。奴にお金をださせるのは相変わらず苦手なので、オレの奢りで。ってそれじゃ全然ご褒美じゃないって?(笑)

という訳で、今日の仕事はあと少しで終わりだ。
今夜もは奴と一緒に帰る。
旬の野菜をたっぷりと入れた鍋が食べたいな。

皆さんも美味しい晩ご飯を召し上がって下さい。
そして楽しい夜を。

では、また時間に余裕があれば深夜に。

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ ゲイの恋愛  国際同性恋愛も
いつも応援して下さってありがとうございます。2つのバナーのクリックをよろしくお願い致します。

コメントはこちら携帯版)へどうぞ。大変に申し訳ありませんが只今コメント返信は不定期とさせて頂いております。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

topBack to TOP