焼餅はチーズに乗せて食べてしまった
Thu.04.02.2016 Posted in 恋愛
平日の夕方前に紅茶を飲みながら、ごきげんよう。

昨日は午前中で仕事を終わらせて奴の用事に付き合った。
奴はそろそろ始まる仕事の為に新しいスーツを仕立てたのだが、それに合わせるネクタイと靴をオレの意見を参考にして揃えたいと言っていた為に。

スーツはスレンダーで上品な印象のラインで、それを着込んだ奴は嬉しそうに顔をほころばせた。しかし時折見せる目の輝きには新しい仕事への意欲を感じさせ、オレはそれに見惚れていた。

けれども、
『大丈夫か?』という不安もオレは感じていた。

奴の仕事は完璧なのでそれに対してではない。もっと個人的な、こんなにステキな奴が新しい職場で誰かに誘われたりしない訳がない、といったノロケとも言われそうな不安だ。

「良い靴を選んでくれてありがとう」
「あとはネクタイだな」
「どこのショップに行く?」
「すぐそこの」

買い物を終えた後、オレ達はホテルのラウンジでチーズを摘みながら紅茶を飲んだ。
奴の新しい職場の話を中心に、様々な事を語らいながら。

「新しい職場でも貴方はモテるぞ」

オレはさり気なくそんな事を言った。
すると奴はほとんど関心なさそうに「そんな事ないし、そうなっても関係ない。それよりもこの後、猫を見に行かない?」と言った。

非常に素っ気ない、奴らしい返答だった。
奴はこういうことにはとても正直なのでオレは素直に信じることにした。きっと誰かにアプローチされても、「こめんね、好きな人がいるんだ」とハッキリと言ってくれるだろうから。

その返答を聞いてオレは今更ながら新年(もう2月だが)の意欲を掻き立てられた。奴の為にも今年はもっと売上を伸ばそう! と。

「猫か、猫カフェとかペットショップに行くか」
「この近くだとどこにあるかな?」

オレ達はスマホを取り出し、猫を求めて検索を始めた。
その最中、オレは不意に思い出した。そういえば今日は節分祭であり、実家の近くの寺に大きな猫が来るということを。

「良い猫が来るぞ」
「え?」
「実家の近くだが行くか?」
「良い猫がいるなら行く。って、どういう事?」

続きは明日の更新で(笑)

==========

という訳で、最近では珍しく2日連続更新をしてみた。
激動の1月が終わり、2月はそこそこ時間に余裕が持てるので嬉しい。

やはり楽しい時間をキープできないと脳が停止する。楽しい事をやってこそ生きている喜びは得られて仕事にも恋愛にも意欲的になれる。楽しく笑える時間を失うと(少なくてもオレは)全てを失くしたも同然となる。

だから今後は、前々からやってみたかった事に思い切って挑戦してみようと思う。
知り合いとの共同作業となるが、その内容は後ほど(1~2ヶ月先になるかもしれないが)、こちらでもご報告いたします。

さて、節分も終わって次はバレンタインだ。
今年も奴と一緒にスイーツショップを回って、たくさんの猫チョコをゲットしよう(笑)

では午後も楽しく、夜は淫靡に、皆様の幸運を祈っています。

■チーズを摘んだバーのご案内はインスタグラムにて。
https://www.instagram.com/r_agna0318/

☆本日もランキングバナーをクリックして頂けたら嬉しいです。
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 同性恋愛  国際恋愛

コメントはこちら携帯版)へどうぞ。大変に申し訳ありませんが只今コメント返信はお休みさせて頂いております。

スポンサーサイト



Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

2016年 初TDRデート
Thu.04.02.2016 Posted in 東京ディズニーリゾート
節分祭の夜に、ごきげんよう。

先月の下旬、ディズニーランドに行ってきた。
冷たい雨の降る日だったので園内はとても空いていて快適といえば快適だった。特に日が落ちた後は、通常であれば40分以上待ちとなる人気アトラクションすらも5分以内で乗れる程だった。

「奇跡の日に当たったな」
「でも雨の降りが強くなって冷えてきたね」
「ビッグサンダーマウンテンで凍死するかと思った」
「ダンボでも震えていたよね」

(ビッグサンダーマウンテンは野外を走るジェットコースター。ダンボは野外の空をグルグル飛ぶ)

今日は乗り放題だ!!
と、オレ達は喜々としてその2つのアトラクションを続けて3回ずつ乗った。しかしオレが寒い寒いと弱音を吐いたので(軟弱者です。いや本当に寒かった!)、以降は室内のアトラクションを回ることにした。

その日の寒さを利用すれば今度こそ奴に「寒い!」と言わせられるかと思ったが、失敗したしな。ならばこれ以上寒い場所に居る必要はない、と。

「本当は寒いのにやせ我慢しているんだろ?」
「違うよ。本当に平気」
「じゃあ背中に手を突っ込ませてくれ。凍ったみたいに冷たくなっているぞ」
「良いよ」
「……そうアッサリと了解されてもな」

そんな会話をして間も無く、灰色のTシャツ一枚姿の外国人に遭遇してオレは信じざるを得なくなった。北の国の人間の耐寒性って本当に半端じゃない。オマケにそれは、日本に20年ぐらい住んだぐらいでは失われない機能のようだ(汗)

そんな訳で、次はバズ・ライトイヤーに乗った。これは同乗した相手と点数を競うことが出来るので盛り上がった。

「もう二度と出来ないだろうな、こんなに続けて何度もバズ・ライトイヤーに乗れるなんて」
「そうだよね。今日の内に腕を磨こう!」

一回目の勝負はオレの勝ちだった。
スコアは、奴が1万点未満、オレが5万点以上。

そもそも奴はシューティング系ゲームが苦手だ。今は上達したが、かつてはシューティングギャラリー(ライフル銃で的を撃つゲーム)で一発も当てる事ができなかった。

しかし、奴は非常に頑張り屋さんだ。
オレに負けたのを悔しがって、「何かコツがあるはずだ!」と言いながらスマホで攻略方法を検索し始めた。
それが効果的だったようで、最後の勝負では、何と奇跡の9万点代を弾き出してオレを打ち負かした!

「やられた!!」
「あはは! 油断しすぎたね?」
「オレも勉強すりゃ良かった。どうやったらあんなに高得点が出るんだ?」
「良いよ、教えてあげる」

お兄さんぶるのが大好きな奴は得意顔でレクチャーを始めた。オレはその顔を、心の中でニヤニヤしながら眺めた。

その後、故意に避けていたホーンテッドマンションに乗る事になった。
どうして避けていたかと言えば、ここは『キスをする恒例の場所』だったからだ。

「ホーンテッドマンションにも乗ろう」と言ったのは奴だった。ガラガラに空いているのだから乗らないと勿体無いと笑顔で言った。

オレの遠慮などまったく考えていなかったのかもしれない。あるいは考えていたからこそオレを誘ったのかもしれない。
何せ奴は、ライドがひっくり返る例の場所でオレの肩に頭を乗せてきた。仔猫(三毛子)が甘えるように、柔らかな髪の毛をフワフワとさせて無邪気に笑いながら。

キスは、出来なかった。
だがオレは多少の驚きと共に幸運な笑い声を上げた。

ライドの構造上、奴を抱き寄せる事は出来なかったが、それが出来たならそうしていたと思う。「乗って良かった、楽しいな」と、自分の心の内を奴の耳元で告げて。

今回も最高に楽しいインパデートだった。
一月も仕事のスケジュールがグチャグチャで、ひょっとして行けないかもしれないと焦ったが、何が何でも行こうと決意して行ってきて良かった。

「奇跡のインパに乾杯!」

パークを去る前、オレ達はコーラとホットココアで乾杯した。

楽しかったが寒かった!
今度は暖かい日に来よう!

静になって行くパークを眺めながら、そんな約束を交わして。

==========

そんな訳で、
冬場の氷雨の降るパークは最高です。
手足が凍るように冷たくなるのさえ我慢できればアトラクションに乗り放題だ。

また来年の1月下旬にガラガラTDRデートを行いたいです。

さて、かなり久しぶりの更新になった。
まだこのブログを読んで下さっている方々に心からの感謝を申し上げます。

ありがとうございます。
今後もマイペースで、仕事や趣味を頑張りながら続けていく予定なので、今後もどうぞよろしくお願い致します。

ところで急に寒くなったが、体調を崩したりしていないか?
今年に入って早くも一ヶ月が過ぎた。
これからも皆さんが健康で幸運であるように応援しております。

では、今宵も心安らかに楽しい夢を。
おやすみ。

☆本日もランキングバナーをクリックして頂けたら嬉しいです。
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 同性恋愛  国際恋愛

コメントはこちら携帯版)へどうぞ。大変に申し訳ありませんが只今コメント返信はお休みさせて頂いております。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

topBack to TOP