スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏の終わりの向日葵
Sun.30.08.2015 Posted in 恋愛
「ただいま」と言って花束を差し出す。
奴が帰ってきてから何度目のことか。

「なんていう花?」
「判らない」
「花屋の今日のオススメ?」
「いや、オレが選んだ」
「それなのに名前を知らないんだ?」
「見た目だけで選んだからな」

以前のオレなら花の名前をしっかりと店員に尋ねていた。花を包んでもらう時に、名前と一緒に特徴なども聞きながら。

だがそうしなくなったのは花そのものへの興味を失ったからだ。少なくても今は以前ほどには。その花の名前を知る以上にその花に、とある願望を込めるようになったから。

茎を切り落とす店員の指先を眺めながらオレは妄想した。
あれが奴の手であって、不意にこちらを向いて、いきなり花束でオレをぶったら……。

『驚いた?』
『ああ』
『感じたんだね?』
『ああ』
『お前は面白いよ。一瞬でそんな風に表情が変わるんだから』

かつては実際にそんな事が何度かあった。
しかし今は妄想での出来事にしかならない。

過去を取り戻す事は無理なのだから前進しようとオレは決めた。
だが少しだけ立ち止まって溜息を漏らしたくなった。

帰宅して奴に花束を渡した。
奴はそれを両手で受け取り、「この頃よく買ってくるね」と言った。

心の中を覗かれたように感じた。オレがかつてのように花でぶって欲しいと願っているのを悟られたかと。あるいは悟られてしまっていたのかもしれないが……。

否定であれ肯定であれ、本心を混じらせた言葉を言ってはいけないように思えた。
だからただ花束の中から一本を引き抜いて、「向日葵が売れ残っている花屋が目立つから、つい足が向いてな」と答えた。

「売れ残っているの? もう暑くなくなったせいかな?」
「だろうな」
「まだ8月なのに秋になったね」
「海に行けなかったな」

引き抜いたのは向日葵だった。
直径10センチぐらいの小さな太陽を思わせる花だった。

オレはそれを軽く振り回してから奴に手渡した。
奴はニコリと笑って花瓶を取りに行った。

奴は一時よりは笑うようになった。
オレと長く二人きりでいても遠慮したりしないようになった。
良かった、とオレは思った。

着替える為に自分の部屋に入れば、ソファベッドの上には三毛子が香箱を作っていた。
「ただいま」と言って頭を撫でれば、三毛子は無邪気にひっくり返って両手でオレの手に絡みついて来た。

可愛くてキスをした。
額と頬と腹に、奴にする分も含めて、それぞれ2回ずつ。

==========

ところで、三毛子の呼び方が微妙に変わってきている。

オレは三毛子と呼んでいて、奴はミケルと呼んでいたが、オレはたまにミケル子と呼ぶようになった。呼び名が増えてしまって申し訳ない三毛子。

それにしても、実際のところは今も奴と楽しく暮らしている訳で、一緒に食事をしたりホテルに宿泊した時などの写真がたくさんある。

今回はちょっと暗めのエントリーになったので次回は楽しいのにしよう。インスタグラムには乗せないつもりでいる面白い写真もあるしな(笑)

今後もローペース更新となるが、たまに此処を覗きに来て貰えたら嬉しい。
オレも更新の度にツイッターでお知らせをすれば良いのだろうが、どうもいまだに照れくさい。

更新のない日々にも応援のクリックや拍手を送って下さっている方々に深く感謝を申し上げます。

また近い内にお会いしましょう。
この季節の変わり目に体調を崩されたりしないように、また毎日が幸運であるように、心から祈らせて頂きます。

では今宵も楽しい夢を。
おやすみ。

☆本日もランキングバナーをクリックして貰えたら嬉しいです。
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 同性恋愛  国際恋愛

コメントはこちら携帯版)へどうぞ。大変に申し訳ありませんが只今コメント返信はお休みさせて頂いております。

スポンサーサイト

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

しあわせを呼ぶスマイル
Fri.14.08.2015 Posted in 恋愛
先日、奴はお腹を壊した。
その原因は、連日の暑さにバテていたところに辛いものをたくさん食べた為だった(汗)

辛い物とはホテルオークラ製の『食べるラー油』だ。
奴ときたらご飯にもパスタにもパンにも野菜にも肉魚にもラー油を乗せて食べるものだから、すっかり胃腸を刺激してしまった。

「だからあんなに食べて大丈夫なのか? って聞いたろ」
「だって美味しかったから」
「暑いと辛いものが美味いからな」
「食欲がない時でも辛いものだけは食べたくなるんだよね」

軽い腸炎だった。
刺激物を禁じてお腹に優しいものを食べていれば治る。

奴は痛みが引くまでアルコールすら飲まなかった。その甲斐あって3日目にはほとんど治ったのだが……不幸にも今度は、4箇所も蚊に刺されて猛烈な痒みに見舞われることとなった。

「物凄く腫れてるぞ。薮蚊だな、あのシマシマ模様の凶悪なヤツ」
「こんなに刺されたのは初めてだ!」
「痒いのがなくなる薬を買いに行こう」
「痒い。バリバリ掻きたい!」
「ダメだぞ!」

といった感じで、奴君はなかなかヘヴィな夏を過ごしている。
だからオレは奴に応援を送った。このパンで。

blog2015_08_13_02.jpg
■しあわせを呼ぶクリームパン。このベーカリーは食パン等も美味しくてお気に入り(吉祥寺 美瑛の丘)

ところでこの休日はほとんど実家で過ごした。
お盆で親戚の方々との付き合いもあったし、オレ個人としての用事もあったし。

実家で数日間滞在する事を奴に伝えた。
そして、奴は応じないだろうと思いながらも念の為に尋ねた。「○日から行くが、貴方はどうする?」

奴の答えは「行く。シロ子とガーナ子に会いたい」だった。
目的がシロ子とガーナ子なのはちょっと寂しいが、また奴と一緒に実家の一軒家で気ままに過ごせるのはとても嬉しかった。

「夏祭りがあるぞ」
「そういえば!」
「浴衣姿の人がたくさんいるぞ。また焼き鳥を食べてビールを飲もうぜ」
「楽しみだ。すっかり忘れていたから嬉しいよ」

その時、奴は本当に嬉しそうに笑った。
母国の実家でショックを受け、帰国後にはオレを傷付けましとして気を使って、気候とストレスのせいで体調を崩して……そんな日々を送っていた奴にとって夏祭りはささやかな喜びとなったようだ。奴を誘って良かった。

blog2015_08_13_03.jpg
■鰻重を美味しい美味しいとモクモクと食べている奴君は相変わらずオレ好みのビューティフルメンだった(吉祥寺 うな鐡)

祭りの当日、実家に向かう前に土用丑の日を奴と一緒にやり直した。
その時、隅田川花火大会の話になった。本当は奴と行くはずで、浅草にホテルまで予約していた、本当ならこの夏前半一番のデートになる筈だったイベントだ。

「ごめんね」
「いや、親戚の子供と一緒に行って楽しんできたから気にするな」
「その子って学校に行けなくなった、あの男の子?」
「ああ、凄く喜んでいたぞ。あんなホテルに泊まって食事をするのは初めてだって」

「良かった」と奴は微笑んだ。それから少し間を置いて……「やっぱり行きたかったな」と呟いた。

また来年があるだろう、とオレは心の中で奴に告げた。
今はそんな事を言っては奴の負担になりそうで言えなかったが、叶うならば来年こそ数年ぶりの花火大会を実現させたい。
奴は日本の祭りが大好きなので、仲見世を歩きながら花火を見よう。……しかしあの少年にも「来年も来ような!」とか約束してしまった(汗) ならば3人で!

blog2015_08_13_01.jpg
■実家にはオレ宛に友人からの荷物が届いていた。中を出すとすぐにシロ子が入ってきた。相変わらずミチミチである。夏なのにちっとも痩せていない。

妹や叔母さんに手土産を買ってオレの実家へ行った。
オレが奴と『取り敢えず別れた』事を妹に言おうかと思ったが、何となくその必要はないように思えて言わずに置いた。

「オレは親父の書斎で寝る」
「お前の部屋の横取りしたみたいだ」
「シロ子をこの部屋に連れて来よう。シロも同罪にする」
「じゃあガーナ子も一緒に」

消灯する前にそんなやり取りがあったが、結局シロ子とガーナ子は涼しいリビングで眠ってしまった。

「お前の部屋を1人で横取りしたお詫びに、明日はたこ焼きを奢るよ」
「楽しにしている。おやすみ」
「おやすみ」

オレは奴を残して書斎に行った。
もしかして寂しい気持ちに駆られるかと思ったが、意外と平気だった。

この歳にもなれば止められない性欲の衝動などそうそうない。
それ以前に、性的なものに嫌悪を感じている今の奴に欲情するのは余りにも汚らわしく思えて自ら距離を置くことに賛成している。

今日も楽しかった。
今日も奴はオレの前で楽しそうに笑ってくれた。

それで十分だ。
あるがままに、なすがままに、流れのままに。

だがちょっと欲を言えば、
オレ達がこのままずっと友人関係になるなら、お互いに新しく好きな人など出来なければ良い。今月の阿佐ヶ谷の七夕でそれを願っておけば良かったな(笑)

==========

という訳で、
今回の写真の拡大版はインスタグラムに解説付きでアップしています。
https://instagram.com/r_agna0318/

それにしても最近は吉祥寺にばかり行っている。
行けば色々と買い物をしたり食事をするが、1ヶ月単位でそれらに使った金額を考えればいっそ吉祥寺に住んだ方が良いのかもしれない。

しかし本当は年内中に引っ越しをする予定だったが、奴の事を思えば今は一旦中止にすべきだろう。
オレも急に仕事が慌ただしくなったので悪いことではない。引っ越しの事も焦らずに、良いタイミングが来るまでじっと待とう。

さて、明日も……と書いた瞬間、いきなり三毛子が寝ぼけて「にゃん! にゃん!」と鳴き出して驚いた(汗)

三毛子も夢を見る年頃のようだ。
オレも良い夢を見よう。明日は休日でまた奴と外出の約束をしているのだからきっと良い夢を見るだろう。

皆さんもぐっすりと眠って楽しい夢を。
明日も幸運な休日となるように祈っています。

おやすみ。

☆本日もランキングバナーをクリックして貰えたら嬉しいです。
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 同性恋愛  国際恋愛

コメントはこちら携帯版)へどうぞ。大変に申し訳ありませんが只今コメント返信は不定期とさせて頂いております。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

今は意外と無欲で、祈ることといえば
Wed.12.08.2015 Posted in 恋愛
お盆休暇の只中に、ごきげんよう。

職業を変えたお陰で今年の夏はそれなりに休暇が取れる。
新しい仕事は始めたばかりだという事もあって連絡事項や調査事項を怠れないが、それらのほとんどはPCや電話で処理できるので非常に楽だ。

さて、
前回のエントリーではオレと奴の大まかな状況を書いた訳だが、それ以外はほとんど今までと変わらない日々を送っている。オレが休日の日には奴は当たり前の様にオレを食事や買物に誘う。今までのように「デートしよう」と言ってくれなくなったのは寂しいが、出来るだけ気にすまい。

(部屋でオレと会話する時、猫様や三毛子を抱っこして二人きりにならないようにしているように思えるのは気のせいか? いや気にすまい・笑)

とある休日、
前に行った時は臨時休業だったビストロでランチを食べた。
日差しが強かったので雑貨屋で日傘を買った。
奴はその日傘を差して公園を歩いた。

「初めて使ったけど、良いね」
「暑くなくなるか?」
「うん。かなり楽になる」
「そうか。もっと早く買えば良かったな」
「手放せなくなりそうだ」

奴は暑さに弱い。
実家から日本へ戻ってきた時、東京の茹だるような暑さに感傷的な気持ちが少し蒸発して楽になったと言っていた。今年の猛暑に感謝しなくてはならない。

奴が買った日傘はシンプルなものだった。
それとは別に少々フェティッシュなレースをあしらったものもあったが、オレがそれを薦めても奴は首を縦に振らなかった。恐らく、今はあらゆるエロティシズムを彷彿させるものに触れたくないからなのだろう。

それから、「オレが支払うぞ」と言ったのだが、奴は「良いよ、自分で」と言った。
そんな事は今までになかった為にオレは距離を感じたが、それ察したようで奴はすぐにこう言った。「オレが留守の間、お前が猫達にご飯や玩具を買ってくれたから」

まったくだな。
あのままオレは奴の連れ子(猫様)を押し付けられるのかと、毎日ヒヤヒヤして過ごしていたのだからな。

ところでオレは思った。
完全に下ネタを抜きにして人と交流するのはなんて難しいのだろうか、と(汗)

今までも奴とのデート中にそれほど下ネタを言ってきた訳ではない。食事中には厳禁だった。せいぜい3:7の割合だろう。海と大陸の比率というナチュラルさだ。
だがたまに挟む下ネタがスムーズに会話を繋げる潤滑油になっていたようだ。そんな重要な事をこの歳になって初めて知るとは実に不甲斐ない(なくなってみて初めて知る……というアレだな)

何気なく見たポスターや広告がセクシーであったり、セクシャルな話題を不意に思い出したり、冗談でお仕置きをねだったり。
今まではそれら全てを気兼ねなく話していた。だがそれらが言えなくなった今、オレはガラにもなく会話の話題探しに必死になっていた。

「暑いからどこかに入って休むか」
「頭が暑い」
「顔が赤くなって汗が流れている」
「(ニコニコしながらハンカチを出す)」
「保冷剤も欲しいな」
「本当に。頭に乗せたいよ」

本当に、ふと感じる距離のこと以外は、今までと変わらない外出だった。

お茶を飲んだ後はもう何の用事もないのにすぐに帰るのが惜しくて、あてもなく歩いて目に留まった(帰宅後の自分達に宛てた)土産を買ったのも同じだった。

8日の立秋を過ぎてから少し秋めいた気がする。
井の頭恩賜公園には涼しい風が吹き、奴はその風にそよがれながら「秋みたいだ。早く本当の秋になれば良いのに」と言った。

秋になったら涼しくなって快適になり、貴方の心の中の全てを幸せにしてくれる何があれば良いとオレは思った。

辛い思いをしたならそれ以上の楽しい事を。
オレはそれを願おうと、奴を公園内の神社に誘った。
そしてその後でケーキを買って、帰宅したら深い珈琲を淹れて一緒に食べようと言った。

==========

本日の写真はインスタグラムの方に解説付きで上げています。
https://instagram.com/r_agna0318/

という訳で、
それなりに元気です。
しかし引き続き、この件に付いてのコメントは胸の内に仕舞って頂けたら嬉しいです。「ちょっとだけ……」であっても、よろしくお願い致します。心からのお願いです。

ところで、度々ボストン君との馴れ初め? をリクエストして下さる方が何人がいらっしゃいます。

いやしかし、あのサドオヤジの事を濃密に書くのですか?
書けば確実にオレの酷い部分や情けない部分がボロボロと出ます。恐ろしい(笑)

ですので自分でも多少は書きたい気持ちはあるのですが、まだ暫く検討させて頂きます。素直に応じられなくて申し訳ありません。

お詫びに近々、ボストン君との最近の出来事を書きます。
お互いに枯れ気味なのでエロスな話にはなりませんが。って以前から彼とのエロス話はなかったですね。

では今夜も皆さんが楽しい夢を見られるように祈っています。
明日は今日よりも幸運な1日となりますように。

おやすみ。

☆本日もランキングバナーをクリックして貰えたら嬉しいです。
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 同性恋愛  国際恋愛

コメントはこちら携帯版)へどうぞ。大変に申し訳ありませんが只今コメント返信は不定期とさせて頂いております。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

ようこそ友人
Thu.06.08.2015 Posted in 恋愛
50日ぶりに、ごきげんよう。

そろそろブログの再開を……と数日前から考えていたが、これまでの事をどう説明しようかと悩んでいた。

言わなければ何も伝わらないのは世の常だが、こちらも身の上を隠してブログを書いている立場である以上、話せる範囲のみで語ることにした。

はじめに言ってしまうが、
オレと奴は恋人関係を解消した。

その理由は奴の気持ちにある。
奴はとても悲しい出来事があって一ヶ月近く母国に帰っていた。
本当は一週間で日本に戻る予定だったが、その出来事が引き金となり、それまで心の中に積み上げてきた家族に対する葛藤や後悔が吹き出てしまい、とても帰れる状態ではなくなってしまった。

自分を責める余りに無気力になった。
自分が家を出てからの間ずっと家族を苦しめていた事に苛まれ、その気持ちは自分が幸せに過ごしてきた日本での時間を呪うようになった。

そして、性的な事に嫌悪的な意識を持つようになった。
誰にも触れられたくない、誰にも触れたくない、と。
男の場合、心理的なことが原因でインポテンツになるが、それとはちょっと違うが似たようなものだ。

「だから別れても良い」

そう奴は言ったが、オレにはその台詞が冗談にしか聞こえなかった。

奴が心にもない事を言っているように聞こえた訳ではない。
しかし実感がなかったというべきか、それとも永遠に続くと思っていた今の環境を失うなど有り得ないと心の限りに反発した為か、「判った」とは答えなかった。

「戻れないかもしれない」

と更に奴は言った。
それでもオレは答えを変える気にはならず、こんな事を考えていた。

本当はオレも性的なものに嫌悪感を抱くことが度々ある。
まるで躁鬱の様に、一時間前までは穴という穴に突っ込みたかった筈が、一時間後にはあらゆる性行為に嫌悪を抱き自分が無性(性を持たない者)であれば良かったと思ったりする。

だから奴の性を嫌悪する感情(感覚)は良く理解できた。
理解できるからこそ奴が嫌がる限りは絶対に奴に触れないでいる自信があった。もしも奴が最後の最後まで治らなかったら、オレはオナニストに徹するのも良いかと。それに性を満たすのは性交や手淫などによる射精だけではない事も判っているから。

それから、明らかに笑わなくなった奴を放っておけなかった。
大きな目を開いたままじっとしている姿は途方に暮れた猫みたいで、触ったら逃げるのならば傍で危険がないように見守っていたくなった。

「オレが傍にいると気になるか? 今も傍にいるが」
「いや、それはない」
「なら良かった。じゃあ付き合っていることに負担を感じるか?」
「うん。お前にすまないし、怖いし……」
「何もしないって約束しても怖いか?」
「ごめん」
「良いぞ、正直に話してくれ。じゃあ、オレが此処を出て、他の人と付き合うのは?」

オレの最後に質問に対して、奴は膝の上に拳を作って「嫌だ」と言った。
それを聞いてオレは安心して言った。「判った。じゃあ貴方の言う通りにしよう」

貴方の負担になるなら別れる。
ただし今までと同じように一緒に住んで浮気はしない。

「そんなの悪くて出来ない。セックスをしないと愛を信じられないとお前は言っていた」

奴はそう言ったがオレは断固としてその約束を交わさせた。
奴が了解してくれないと、オレは本当にどうしたら良いのか判らなくなるので強引に了解させた。「貴方の愛だけは信じられるから。こんな事は初めてだが」と、決して嘘ではない事を言って。

──今からオレと貴方はこのマンションの部屋をシェアす友人という関係だ。

そう奴に告げると奴は無言でオレを見上げて眉間にシワを寄せた。
だが「他所に恋人を作らない約束をした、ちょっとおかしな友人だ」と付け加えれば、目を伏せて「ありがとう」と呟いた。

奴との関係がこんな事になった訳だが、オレはほとんど動揺しなかった。

あんなに誓い合って仲睦まじく暮らしていたのだから今更何も恐れることはないと確信できた為か、唐突だったせいで他人事に思えて実感できなかった為か、連日の暑さで感覚が鈍っている為か、実は呆れた事情で職業を変えたばかりで慌ただしくて繊細な事に神経が行き渡らなくなっている為か、そのどれかは判らないが(或いは全てか)、こんな時にこんな事になったのは悪いタイミングではなかったように思う。

しかし……。
これを書いている今になって不意に思ったが、かつてオレは手が早くて、良いなと思って友人になった相手と片っ端から寝ていた。好みでもなんでもない相手とも夜に二人きりでいればセックスをしていた。

当時の恋人はそれに激怒してこう言った。「友人のままで良いじゃないか、なんで身体の関係を持たないと気がすまないんだ?」

まったく当時のオレはがっつき過ぎだった。だがそうしないといけないような頭の可笑しいルールに縛られていた。
だから、友人になる筈だった相手と尽く寝たせいで普通の友人というものがいなかった。

それが今回は、恋人だった筈の相手が普通の友人になるのだ。普通ではないが、とにかく触れられない関係の友人になる。

ひょっとして因果応報みたいなものか?
そうなのかもしれない。
もしもそうなら精算するのにどれだけのものを払えば良いのだろうな。

==========

この件に関する話は以上で終わらせて頂きます。

このエントリーへのコメント等はお控え下さい。
オレ達を案じてくれてのことだとは判るし感謝もしているのですが、『きっと大丈夫、信じています、応援しています』といった励ましや希望に満ちた予想は、今は受けとりたくないので、我が儘を言って申し訳ありません。

==========

という訳で、
今後はこのブログをどうするか、だな。

ニャンコ(奴)との交友日誌にでもするか。
ツイッター(インスタグラム)には少し書いたが、『今日のニャンコへの土産』とか、『今日のニャンコのご飯』とか。

濃密な一ヶ月を過ごしたせいで気が緩むようなものだけを書いていたい。
どうせ焦っても何もならないのだから気ままに……『フリ』だけでもそんな風に過ごしていたい。

ところでオレは数日前にKindle(fire HDX 7)を購入した。
最初にインストールする本は何にしようかと選んで、何故かさいとうたかお氏のサバイバルになった。我ながら「何で?」と思っているぜ(笑)

久々のエントリーを読んでくれてありがとう。
また適度にお付き合い頂けたら嬉しい。
そういえば後編も書かなくてはならないな。

では、おやすみ。
今宵も皆さんが良い夢を見られますように。

☆本日もランキングバナーをクリックして貰えたら嬉しいです。
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 同性恋愛  国際恋愛

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。