世界で1つだけのクリスマスケーキ
Thu.25.12.2014 Posted in 恋愛
メリークリスマス!!

昨夜は皆さんもケーキ屋ご馳走を食べられたのだろう。

オレもだ。
今年のケーキはなんと、奴が作ってくれたこれだ!

2014_1224_2.jpg
■フルーツたっぷりなところも、素朴なキノコさんも奴っぽい。性格が出ている。

まさかの二段式。
まるで結婚式のケーキのようではないか。
こんなゴージャスでキュートなケーキを自宅で食べたのは生まれて初めてだ!

このケーキを見た時、オレは感動で奴を抱き締めた。
今宵のクリスマスは貴方がいるからこそオレのところに来たんだ! などと思いながら。

「凄い! やっぱり貴方って料理の才能がある!」
「うふふふ、ありがとう。味の保証はないけど……」

奴は謙遜したが、とんでもない。
味も物凄く良かった。

フレッシュなベリー系のフルーツがたっぷりで、特に苺は奮発して最高級のものを使ってくれた。
そしてクリームの硬さはプロのパテシエに劣らぬほど絶妙で、ほのかに蜂蜜の風味が広がるスポンジも絶品で、ちょっとしぼんで焦げたマカロンも愛嬌たっぷりだった(笑)

しかしこのケーキを作る為に掛けた時間はおよそ7時間。
前夜(23日)からメレンゲやスポンジを焼いて、今日(24日)は仕事が終わったらダッシュで帰宅して(奴は持久力が強い)、オレが帰るまでずっとケーキ作りに専念した。

『仕事はもう終わった?』
『ゆっくり帰った方が良いんだろう? ソラマチに寄り道して、それから会社に戻って少し仕事をしてから帰る』
『ごめんね。ケーキ頑張るからね。オレもソラマチに行きたかった』
『年が明けたら一緒に行こうな』

奴は『完成したケーキ』をジャジャーン! と見せたいと言ったので、オレは出来るだけ遅く帰宅する事にした。
ちょうど今日は夕方からソラマチ近くのお客さんの所に行く予定があったので、それが終わった後にソラマチのクリスマス市に寄ることにして。

クリスマスイヴである今日、ソラマチは大混雑だった。
奴にちょっと土産を……と思って数カ所のショップに寄ったが、特にディズニーストアとどんぐり共和国(ジブリショップ)はレジ前に列が出来ていた。

それでも何とか買い物を済ませてクリスマス市に行くと、そこも大混雑だった(笑)
今日ソラマチに行く前にツイッターでフォロワー様に教えて頂いたのだが、クリスマスシーズン限定のプロジェクションマッピングが開催されていて、それを目当てに来た人達で賑わっていたようだ。

その時の写真や動画はツイッター(&インスタグラム)の方に上げています。
iPhone5撮影なので画質は良くありませんが、よろしければご覧ください。

最初は20時半に帰る予定だった。
だが道路が混んでいたせいもあって21時に帰宅した。

しかし、ケーキはまだ出来ていなかったので風呂に入る事にした。
絶対に作っている途中のケーキは見ない事にして、キッチンを通る時は雑誌で目隠しをして。

奴を焦らせない為に長風呂にしようと思って本を持ち込んだ。
一時間はたっぷりと浸っていた。
そして風呂から上がってキッチンの前で「通っても良いか?」と声を掛けると、奴は「R! 出来たよ! 来て!」と弾けるような声で答えた。

「おおお! やったな、Y! 凄いケーキだ、貴方は天才だ!」
「うふふ、本当? 頑張って良かった」

そして話は冒頭に戻る(笑)

今日ほどクリスマスのホームパーティが楽しいと思ったことはなかった。

世界で一つだけのケーキ。
2人で歌ったジングルベール。
ニコニコと嬉しそうな奴の顔。
ささやかなプレゼント交換。

もう過去のような過ごし方は絶対に出来ないだろうとオレは予感した。その予感はきっとオレの望みなのだ。

==========

という訳で、
今夜のオレは予想を超える喜びに幸せを感じております(笑)

問題は2人で二段ケーキを食べ切れるだろうか? という事だが……オレの愛が真実ならば簡単にクリア出来るはずだ。

現に今日は半分近く食べたしな。他のチキンなどの料理は明日食べる事にしたが(今夜はケーキとサラダだけを食べました)
それでもかなり腹が重くなったが、これも幸せの重みだと思えばもっと欲張りたくなるもんだ。

クリスマスの本番は明日の25日だ。
明日は友人が来るのでまた楽しいクリスマスナイトになりそうだ。


皆さんも楽しい夜を。
楽しいところにこそ幸運がやって来ると信じて。

では、今宵も心あたたかく幸せな夢を。
今夜は皆さんの夢を叶えてくれるサンタクロースが訪れますように。

おやすみ。

<追記>
これからサンタさんになって、奴の枕元にプレゼントを起きに行きます(笑)

本日もランキングバナーのクリックをして頂けたら嬉しいです。
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 同性恋愛  国際恋愛

コメントはこちら携帯版)へどうぞ。大変に申し訳ありませんが只今コメント返信は不定期とさせて頂いております。

スポンサーサイト



Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

topBack to TOP