今年の冬のはじめてのカレー
Sun.21.12.2014 Posted in 恋愛
奴がカレーを作ってくれた。
先日オレが「カレーが食べたい。冬になったのにまだカレーを食べていない」と言ったら、それに応えてくれた。

今日もオレは仕事だった。
だが奴が「美味しいカレーを作るよ!」と張り切っていたので、時間を浪費するばかりの仕事の最中も憂鬱を忘れられた。

帰宅すると玄関に入る前からカレーの香りがした。
良い匂いだった。
だがいつものカレーの匂いとは違っているような気がした。

「ただいま! 良い匂いだな」
「おかえり! すぐに食べる?」

スパイシーな香りで空腹を刺激されたオレはすぐに頂くことにした。
手を洗って、うがいをして、着替えて、早速テーブルに就いてカレーとご対面した。

2014_1221_1.jpg
■急ぎの撮影だった為、背後にシュトーレンやチョコ缶など写り込んですみません。

「おお! いつものカレーと違うぞ! これは骨付きの鶏肉?」
「ふふふ、料理の本を見て作ったんだ。味はどうかな? 食べてみて」
「凄く良い匂いだ。頂きます」

奴は猫のような大きな目でオレをじーっと見ていた。
オレは一口食べて、そのスパイシーでフルーティな本格的な味に感動した。

「なんだこれは、凄く美味いぞ!」
「そんなに?」
「ああ、美味い。果物の甘みとスパイスを効かせたカレーって大好きだ」
「良かった! 果物はマンゴーのドライフルーツだよ。あとね、玉ねぎや人参をペーストして甘みを出しているんだ」
「手が込んでいるな! 帰宅してこんなに美味いカレーが食べられるなんて幸せだぞ」
「あはは、そう言ってもらえて嬉しい。今日は雨が降っていたからね。これでお前の身体が暖まれば良いな」

身体ばかりか心も、いや魂の髄までもあたたまった。

この数ヶ月は料理を奴に任せてばかりで申し訳ないと思っているが、それでもやはり作って貰えると物凄く有り難い。
せめて感謝とお礼を言うことだけは忘れないでいたい。奴も仕事をしながら頑張って作ってくれているのだから(改めてそう思うと泣けてきた……)

==========

そんな訳で、
あと少しでクリスマスだ。
そしてあと10日ばかりで今年は終わってしまうぜ。

多忙に目を回している方もいらっしゃるかと思うが、この寒さに体調を崩したりしないようにお気を付け下さい。

冬は日照時間が短くて、それだけで気分が落ち込みやすくなるそうだ。だから年末年始には少しでもたくさんの楽しい事があるように祈っています。

明日も良い休日となりますように。
明日もまたオレはオフィスより、皆さんがお元気であるように祈っています(笑)

では今夜も心安からに楽しい夢を。
おやすみ。

本日もランキングバナーのクリックをして頂けたら嬉しいです。
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 同性恋愛  国際恋愛

コメントはこちら携帯版)へどうぞ。大変に申し訳ありませんが只今コメント返信は不定期とさせて頂いております。

スポンサーサイト



Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

topBack to TOP