大阪で遭遇したエロティシズム
Wed.03.12.2014 Posted in SM・フェチ
出張から戻った夜に、ごきげんよう。

仕事さえなければ最高に楽しい出張だった。
大阪の活気に酔い痴れ、フグとたこ焼きに舌鼓を打ち、浪花人情に胸がぬくもり、宿泊先ホテルのエロティシズムに恍惚となった。

2014_1202_1.jpg
■フロント。床のラインが足を撫で上げるような、あるいは足首を拘束して来るかのようなイメージ(フェチに偏った見方)

今日は余り時間がないのでホテルの事だけを書こう。残りは明日に。

出張が決まった時は幾つかのホテルを候補に挙げていたが、スイスホテルは先方の都合で駄目になり、リッツ・カールトンは満室の為に駄目になり(もう一つ個人的な理由もあったが面白い話ではないので省略する)、残るインターコンチネンタルに決めたのだが、これが大当たりだった。

東京のインターコンチネンタルは(飲食も含めれば)かなり利用しているので始めからサービス面は期待していた。
しかし大阪インターコンチネンタルは去年の6月に完成したばかりという事もあり、館内の全てが美しく、洗練されたデザインには官能的な雰囲気すら漂わせていたものがあった。

2014_1202_2.jpg
■部屋。窓に向かって見た感じ。赤くライトアップされた観覧車が見えてロマンティックだった。

中でも、バスルーム。

部屋からバスルーム内を眺めることができるというエロティシズム仕様(曇りガラス戸を閉めてもシルエットは見えたままで、それがまた良かった)

ラブホテルにもこうした仕様の部屋は多いが(曇りガラス戸はないと思う)、高級感たっぷりのこのホテルには優雅に官能美を堪能したい真のアダルト層向けの雰囲気に満ちている(古き良きSMの雰囲気を愛する方にもご利用をお薦めしたい)

2014_1202_3.jpg
■入り口に向かって見た感じ。右側に扉があり、その奥に白いバスタブが見える。

バスルームは適度に広い。
そしてバスルームに入る手前の洗面所には大きな鏡が2枚ある。1つは洗面に向かったもので、もう1つはその左側に全身が映るもの。
その他、アメニティが置かれた棚の奥にも、サイズが小さなものが上部にもあるので、洗面所に立てば様々な角度から姿を眺められることとなる。

更に、バスルームにはドアがない。
シャワーなどの水が洗面所に跳ねないようにガラスの仕切りはあるが、入り口にはドアといった遮るものが何もないので洗面所から完璧なバリアフリーで移動できる。

2014_1202_4.jpg
■洋画のセレブリティな光景を彷彿させるお洒落なバスルーム。左手にある水道が自動給水井戸のようでまた洒落ていた。

このバスルームを見た時、オレは思った。
ここはお風呂官能プレイの大好きなオレの聖地か!? と。

今夜はオレは仕事に疲れて、奴も仕事の後に大阪まで来て疲れているのだから、食い倒れデートをした後にエロティシズムを楽しむのは絶対に無理だと思っていたのだが、バスルームを見た途端にそうしてしまうのが勿体無くなった。

結局、どうしたかと言うと……。

お話の途中ですが、
ここでツイッターに書いた『???の箱』の推理の結果です!

2014_1202_5.jpg
■デスクの上にあったウェルカムサービスの謎の箱。その右のフルーツはどれも悩ましいほど甘かった。甘いフルーツもまたエロス。

答えは……ティーバッグ!!

帰宅してから奴と飲んだが味も香りもとても良かった。一箱に10個入っていたので、全て飲んでしまったらショップで購入して今後も飲み続けたい。

2014_1202_0.jpg
■中身です。シンガポールの紅茶ブランドTWGのブラックティー。香りの良さも味の深みもお薦めです。

「オレの正解ね」
「オレも正解したぞ」
「オレはすぐに答えたから。お前が出題ですぐに、紅茶! って」
「ち、オレの負けか。負けたらどうなるんだ?」
「まだ考えてない。クリスマスまでに考えるよ」
「ゆっくりだな?」
「罰ゲームは楽しみながら考えないと」

勝負に勝った奴は、そんなサディストらしい事を言っていた。
クリスマスにサンタガールのコスをして煙突から入ってきてプレゼントを置いて行け、とか言われたらどうしよう? オレはきっと不審者で捕まるぞ。

==========

という訳で、
非常に半端なところではありますが、本日はこれで休ませて頂きます。

枕が変わると眠れなくなるオレは昨夜も5時近くまで眠れなかった。
ベッドの硬さや枕の高さは快適だったのだが、やはりそうした物質的なものではなく心因的な理由で眠れなくなるのだろうな。

「緊張するの?」
「そうかも」
「ホットミルクを飲む?」
「それじゃ解決しなかった」
「じゃあ赤ちゃんの哺乳瓶を使ったらどうだろう? 赤ちゃんも乳首をちゅうちゅうしている内に眠るでしょう? あれって凄く効果があるように思えるんだ」

思えるんだと言われても……。
もしかすると効果があるのかもしれないが……。
お洒落なホテルのベッドで哺乳瓶をちゅうちゅうするなんて、まるで出張先の宿泊ホテルに赤ちゃんプレイをしてくれるお姉さんを呼んでバブバブ言っている変態オヤジじゃないか(汗)

「オレにそんな格好をして欲しいのか?」
「可愛いかもしれない。オムツも当てたくなるかも!」
「変態はオレというよりも貴方の方だな」

そろそろ2014年は終わるが、奴の変態性は終わることなく成長を続けているようだ。
来年も乞うご期待!

おっと、余談が長くなった。

今夜は1日ぶりに三毛子を撫でながら眠りに就きます。
皆さんもモフモフとした幸せな夢を。
明日も楽しい1日となりますように。

おやすみ。

本日も2つのバナーのクリックをお願い致します!
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 同性恋愛  国際恋愛

コメントはこちら携帯版)へどうぞ。大変に申し訳ありませんが只今コメント返信は不定期とさせて頂いております。

スポンサーサイト



Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

topBack to TOP