クリスマス・ショッピング
Sun.30.11.2014 Posted in 恋愛
2日ぶりに、ごきげんよう。

このところ三毛子の事で頭がいっぱいで、ノロケやエロスのエントリーの書き方を忘れてしまいそうだ(汗)

何せ三毛子は物凄く可愛い。
小さくて軽くて目が大きくて、行儀が良くて、仕草のすべて可愛くて、甘え上手で、鈴のような鳴き声で。だが臆病なところもあって保護欲を掻き立ててくれて。

おっと、三毛子にノロケてどうする。
今日はリハビリだ。
たんたんと綴ったものだがお付き合い頂けたら嬉しい。

==========

先日の事、オレと奴はデートを兼ねて、クリスマスパーティに使う食器を買いに行った。
特に買い物先は決めていなかった。
車に乗ってから「どこに行きたい?」で始まって、「久しぶりに押上に行きたい」で決定した。

押上といえばスカイツリーとソラマチ。
そんなところにクリスマス向けのアイテムはあるのだろうかと心配したが、要らぬ心配だった。とあるショップに入った時に奴は、「これ!」と言って即決したのだから。

2014_1129_4.jpg
■今年のオレ達のクリスマスパーティはこれ。ディズニー好きが集まるのでちょうど良い。

「ツリーが可愛い! プラスチック製のお皿やカップなら割れないから良いよね」
「値段も手頃だな。クリスマスシーズンには何故か毎年グラスを割るからプラスチック製も良いだろう」
「お前はこの前もプレゼントしてもらったワイングラスを割ったからね。クリスマスが終わってもこのミッキーグラスを使うと良いよ」
「厳しいな……」

何故か年間2回はグラスを割ってしまうオレには何かの呪いが掛けられているのかもしれん。
今までプラスチック製の食器を考えた事はなかったが、今後は奴の言う通りに普段から……いや、やはりガラス製のグラスで格好を付けて飲みたい(汗)

(ここだけの話。奴は今年、クリスマスケーキを自分で作るそうだ! クリスマス当日には、ディズニー皿にそのケーキを乗せてお披露目しようと目論んでおります)

その他、テーブルナプキンやキャンドルなども購入し、無事に買い物は終わった(キャンドルはオレの趣味用ではありません。あくまでもクリスマスパーティ用です。残ったら趣味用に活用される可能性大ですが)

時刻は夕方前。
今朝は朝食と昼食を兼ねたブランチだったので小腹がすいていた。

「どこで食べよう? お前が前から食べたいって言っていたイタリアン?」
「この時間は閉まってる。ブッフェは?」
「スイーツの?」
「ああ。オレの友人が行ったら軽食も美味しかったって。あそこはいつも混んでいるが、今の時間なら空いているかもしれないし」

奴は了解してくれた。
奴はそれほど甘いものを食べないのだがオレが物凄く食べたそうな顔をしていていたので了解してくれたのかもしれない(笑) 実際、年末業務でストレスが溜まっていて甘いもので発散したかったから。

2014_1129_5.jpg
■ソラマチ6階のSalon de Sweets。スイーツは甘めだが豊富で美味しかった。軽食の数種のスープやパスタ、オムライス、コンフィ、ドリアなども美味しかった。

「今日は随分食べるね。お腹は平気?」
「自然と入る」
「お前の食べっぷりを見ているとオレもまたお代わりしたくなる」
「まだ45分もあるからたくさん食べてくれ(90分制)」

オレもそうだが、奴も最近になって2kg痩せた。
「忙しくて食欲がないのか?」と質問したら、
「お前と食べる機会が減ったから」と奴は答えた。

確かにオレが多忙になってから奴と食べる機会が激減した。

これから年末に向けて奴をたくさん食事に誘ってやらないとな。
奴は物事に集中すると食事を忘れるタイプなので、オレがちょくちょく誘わないと三毛子のように細すぎる子になってしまう。

「アバラが出てるだろ?」
「(自分で触る) ちょっと出たかも」
「ダメだな。あとでごりごり触らせろ」
「いやだよ、くすぐったいし恥ずかしいから」
「じゃあもっとしっかりと食べような」
「……あー、コンフィとオムライスが美味しかったからお代わりしてくる」

食事の後、オレ達はソラマチを後にして二人きりになれる場所(車の中)に行った。
そして奴のお腹に手を置いたらぽんぽんしていて可愛かった(笑)

「こんなに出っ張ったお腹が可愛いなんて、お前の趣味って本当に変だ」
「たくさん食べた猫みたいだぞ。それに今は空前の『ぽちゃ』ブームだ」
「また変なブームが……。あんな食べ方をしていたらオレもシロ子みたいなお腹になるんだろうね」
「太るのは良い。だけど痩せるのは駄目だぞ。可哀想になるから」
「オレは両方とも嫌だけど、お前は優しいね。来月は2人でたくさん食べよう」

オレは「うんうん」と言いながら奴のお腹を撫でた。
奴はくすぐったがって逃げた。
しかしその笑顔は、食事の前よりも心なし明るくなったような気がしてオレは安堵した。

今は奴も三毛子も痩せすぎだ。
シロ子のような体型になってはいけないが、見ていて心配になるようでもいかん。細身であっても健康的でなくてはな。

そういえば三毛子は、家に来てどんどん健康になっている。
保護したばかりの頃はおトイレの匂いがきつかったが、今はそれがほとんどなくなった。毛並みもフサフサ柔らかくなったしな。

その三毛子だが、今朝はとてもお転婆だった。
オレの部屋のタンスからクロゼットに飛び移ろうとして失敗して、落下するまいと頑張ってクロゼットをガリガリと引っ掻いてよじ登ろうとした(結局、落下したが)

手術して間もないのでギョッとした。
だが本人(本猫)は元気で、その直後に玩具で遊びはじめた。
で、その玩具は昨日あげたばかりなのだが、もうグチャグチャになって原型を留めていない。

三毛子を見ていると平和な気持になる。
保護して本当に良かった。
これからもずっと元気でお転婆でいて欲しい。明日もオレは三毛子に鼻や眉毛を噛まれて起こされるのかと思えば楽しみで仕方がない。

2014_1129_1.jpg
■今朝の三毛子。まだ太陽が登る前で暗かったのでiPhoneカメラで撮ると荒い写りだが、可愛いお顔はご確認できるかと(親バカ)

「ずるい、お前が独占してばかり」
「はっはっは」
「早くF(猫様の名前)に慣れてオレの部屋にも来るようになったら良いのに」

奴が言うように、そうなった方が三毛子にとっても良い筈だ。
広い部屋を駆け回ったり、探索したり、猫様と丸くなってヌクヌクと眠ったり、猫タワーやネズミの玩具で遊んだり出来るから。

だが何故か、オレはそうなってしまったら寂しくなるような気がした。
オレは彼氏に対して物凄く独占欲の強い男だが、それは猫に対しても同じのようだ。

==========

という訳で、
皆さんもちゃんと美味しいものを食べて栄養を摂っているか?

空腹が続くと顔色が悪くなるばかりか、ネガティブな事ばかりが浮かぶようになるのでご注意ください。
ちょっとぐらい体重が増えても心身の健康を優先して欲しいと、人に接する機会の多いオレは度々思っております。

クリスマスが近くて(まだそう近くもないが)、多くの飲食店では美味しそうな特別メニューを出しているしな。
師走の多忙期は、そんな格別に美味しいものを召し上がって元気に乗り切って頂きたいです。

では、明日は楽しい日曜日を。
明日も幸運であるように祈っています。

おやすみ。

●今夜も三毛子と寝るぞ! お返事が遅くなって申し訳ありません。最高に遅くても大阪出張が終わった後には返させて頂きますm(__)m

本日も2つのバナーのクリックをお願い致します!
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 同性恋愛  国際恋愛

コメントはこちら携帯版)へどうぞ。大変に申し訳ありませんが只今コメント返信は不定期とさせて頂いております。

スポンサーサイト



Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

topBack to TOP