猫のカリカリはスイートポイズン
Tue.18.11.2014 Posted in SM・フェチ
月曜日が終わった深夜に、ごきげんよう。

今日は奴が物凄く忙しくて昼ごはんを食べ損ねた。
夕方になって『お腹すいよー!;-(』とオレにLINEを送ってきたぐらいだから相当空腹だったに違いない。

オレが冗談で『猫のカリカリを持って行くぜ』と返信したら、『おいで! お前のお尻を叩いてあげる!』という怒りの返事が返ってきたしな(汗)

人間、誰しも飢えれば気が短くなる。
そんな時にからかって悪かったと、オレは反省して奴に差し入れをした。クリスピー・クリームのスノーマンチョコレートとシチューデリ、その2つのドーナツを。

「叩かれに来たのかと思ったら……」
「猫のカリカリも買ってくれば良かったな」
「買って来たらお前に食べさせていたよ」
「ここ(会社の廊下)で?」
「うん、ここにカリカリをばらまいて、お前に四つん這いで食べるように命令して」

カリカリを買ってくれば良かったとオレは後悔した。

奴にネクタイを掴まれて「床に這いつくばれ」と命令され、四つん這いになってカリカリに顔を寄せたら靴を履いた足で頭を踏み付けられ……実に素晴らしいではないか。その直後、オレは上司に呼び出されて無限長期休暇を強制的に取らされそうだが。

という訳で、
忙しい時にこそちゃんと食べなくてはならないぞ。
空腹で苛立った発言はオレのようなマゾを喜ばせてしまう可能性があるのだから。

しかし、奴はオレの差し入れに喜んでくれて良かった。
オレが自分の部署に戻った後、奴は皆の前でドーナツをモグモグと食べる訳にはいかなかったので、15分間の休憩を取って休憩室(自販機と椅子が置いてあるだけの踊り場だが)で遅いランチにしたそうだ。

そして食べ終わった後にオレにLINEを寄越した。
『ご馳走様! 生き返ったお礼に今夜はチーズリゾットを作るよ』と。

『忙しいんだから良いぞ。デパ地下で何か買って帰ったらどうだ?』
『帰宅は遅くならないから大丈夫。夜は手作りのものが食べたいんだ。朝はシリアルで、昼はドーナツだったから』

そんな時、本当はオレが作れたら良いのだが、残念ながらオレは今夜も帰宅が遅かった。

オレは22時頃に帰宅した。
するとチーズの良い匂いが玄関にまで漂って来て、悩殺されるようなたまらない気持となった。

「ただいま。物凄く美味そうな匂いだな」
「お帰り。お前の分もすぐに作れるよ」
「ありがとう。昼から何も食べてないからすぐに食べたいが、良いか?」
「大変だ! 着替えてきて、すぐに温めるから」

チーズとミルクのあたたかそうな香りは寒い夜にとても『効く』
オレは鳴り止まない腹をなだめながら着替えて、すぐにキッチンのテーブルに就いた。

奴の作ってくれたチーズリゾットは物凄く美味しかった。
それまで疲れと冷えで頭がボーっとしていたが、それがすっかりとなくなってしまった。

「生き返る……」
「美味しい?」
「ああ、美味しすぎてずるいぐらいだ」
「あはは、嬉しいよ。ランチのドーナツのお礼が出来た」
「倍返しされたぜ」
「うふふ、ゆっくり味わってね」

奴は満足そうにニコニコしながらチーズリゾットのレシピをオレに教えてくれた。
だからオレも後日、作ってみようかと思う。料理上手な奴ほど美味しくは作れないかもしれないが。

あるいは、オレはトマトリゾットは作れるので、奴のチーズリゾットと合体させて、トマトチーズリゾットにアレンジしたものを作ってみるのも悪くないな。

上手に出来たらまたここでレシピをお披露目します。
上手に出来るように応援して頂けたら嬉しいです(笑)

食後、奴は会社での事を思い出して笑った。

「ごめんね。気が立っていたんだ」
「判るぞ。それに尻を叩かれてカリカリを這いつくばって食えと言われても怒らなかったと思う。むしろ喜んだ」
「本当に?」
「本当に」
「いくらお前がマゾヒストでも会社でそんな事をされたら……」
「興奮するだろうな」

きっぱりと言い切るオレの顔を奴はマジマジと見詰めた。
(オレのハイスペックな変態ぶりを見なおしたようだ)
そして呟いた。「……本当にやってみたくなるよ」と。

本当にやられたらどうなるのだろうな?
当然、皆が見ている場所ではやらないだろうが。

というか、奴は本当にやるつもりなのか?
オレの猫カリカリ初体験は、そんな過激で刺激的なものとなってしまうのか!?

という訳で、乞うご期待(いや、冗談ですよ)
もしも本当に体験したら、記念としてここに日記を残しておこう。

==========

さて明日は火曜日だ。
週末に一歩近づいた喜びを噛み締めながら頑張ろうな。

明日も皆さんに楽しいことがあるように応援しています。
皆さんの大切な人にも幸運がありますように。

では、今宵も心穏やかに楽しい夢を。
おやすみ。

本日も2つのバナーのクリックをお願い致します!
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 同性恋愛  国際恋愛

コメントはこちら携帯版)へどうぞ。大変に申し訳ありませんが只今コメント返信は不定期とさせて頂いております。

スポンサーサイト



Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

topBack to TOP