アヒルの挙式
Sat.30.08.2014 Posted in 恋愛
『何か必要なものはあるか?』
『今日は何もないよ』
『夜に食べるものもあるか?』
『作った。オレは今それを食べてる。お前のもあるから買ってきちゃ駄目だよ』

昨日、そんなLINEのやり取りをした後に帰宅したら晩ご飯が出来ていた。
それは嬉しい事だったが、病み上がりの奴がそんなに労働して良いものかと心配になった。

2014_08_29_0.jpg

野菜とチーズがたっぷりと入った美味しいスペイン風オムレツだった。
お世辞抜きにして言うが、これほど美味しいスペイン風オムレツを食べたのは生まれて初めてだった。オレは相当な幸せものだ(ノロケ)

「この形って、これも炊飯器で作ったのか?」
「そうだよ。炊飯器のレシピってどれも簡単なんだ」
「便利だな。オレも炊飯器で何か作ってみるかな」
「じゃあ、ご飯を炊いて」
「え」
「ずっと炊飯器で調理していてご飯を食べていないからご飯が食べたいんだ」

オレもケーキやピラフを作りたかったのだが……まあ、奴がご飯が食べたいというのなら喜んで作ってやろう(汗)

それにしても近頃の奴は料理の腕を上げた。
もともと奴は興味を持った事柄にスバ抜けた集中力を発揮してスキルを上げるタイプだが、料理も例外ではなかったようだ。

上手なのは炊飯器レシピだけじゃない。
先日は「これは上手い! もう外のは食べられん!」というぐらい美味しい『葛切り餅』や『沖縄風そうめん』も作ってくれた。写真を撮る隙がなくて、その見るからに美味しそうな写真を掲載出来なくて口惜しい。

奴は「楽しんでやっているから気にしないで」と言う。そればかりか「自分には料理の才能があるのかも」なんて事も言う。

だが、奴にばかり作らせては申し訳ないので、今夜はオレの奢りで飲みに行くことにした。
良く利用するホテルのラウンジで飲んだのだが、なんとその帰り道に、これが売られている雑貨屋を発見した。

「凄いぜ、まさかこんなところで買えるなんてな」
「運命の出会いだね」
「家にいるアヒルと結婚させよう」
「そうしよう」

2014_08_29_1.jpg

2匹になった。
共にオス。
左はアヒル子、右はダック子。
しかしどちらがアヒル子でダック子か判らなくなるので適当に呼んでいる。

結婚式にはオレも呼ばれた。
風呂に入っている奴に「今から始めるよー!」と言われて。

そりゃオレ達は大の『ごっこ遊び好き』だが、まさかアヒルの結婚式ごっこまで本当にやるとは思わなかった。
奴のSMの才能の理由はこんなところにヒントがあるのかもしれない。人並み外れたノリの良さとか、どんな物事もバカにしない柔軟性とか、想像を現実化させる行動力とか、な。

「おめでとう!」
「アヒル子、ダック子、いつまでも幸せに!」
「アヒル子とかダック子とか呼び難い名前だよな」
「お前が付けたんでしょ! 呼びにくくて悪いと思うならスパークリングワインを持って来て」

まさか玩具のアヒルの為にワインを開ける事になるとは……。
別に悪いとは思っていなかったので拒否しても良かったが(奴に「こら!」と叱られてペンペンされるので拒否できなかったと思うが)、しかしオレもくだらない遊びに悪乗りするタイプなのでワインの他にロザリオ・ビアンコ(グリーンの葡萄)も持っていった。

「豪華だね。アヒルとダックは喜んでいるよ」
「子が抜けてるぜ」
「呼びにくいんだもん」

まずはスパークリングワインで乾杯した。
アヒルの口にもワインをチョンと付けて。
その後、アヒル同士に誓いのキスをさせて、指輪交換などは出来ないので、オレ達のおしゃべりが始まった。

「風呂で食べるものっていうとグリーンの葡萄が浮かぶんだ。子供の頃に見たポルノ映画で、そういうシーンがあってな」
「子供の頃っていつ?」
「中学生だったかな」
「映画館の人、良く入れてくれたね」
「リバイバル上映でガラ空きだったし、そんなにやる気のない人だったんだろう。もっとも完全に成人指定のポルノって訳じゃなかった。ほとんどやりまくっている内容だったがそれがメインでもなくてな」
「どんな物語だったの?」
「暇と金を持て余した貴族がギリシア神話の登場人物に扮して不貞や乱交を楽しむんだ。フランス映画だった」

オレは映画のストーリーを語りながら奴に葡萄を食べさせた。
映画で金髪の女優がやっていたように、房に成ったままの葡萄を口に近づけて、それを噛ませて。

そして語るのを終えれば奴が質問した。「お風呂の中ではどんなセックスをしていたの?」

本当は風呂場でそういうシーンはなかった。
だがオレを嘘を言った。
白く泡立ったバスタブの中で身体を撫で回し、そのまま背後から繋げて湯に荒く波が立つほど激しくファックしたと。

オレがそんな嘘を言ったのは、理由を述べるまでもないだろう。
白い歯で葡萄を齧り取る奴の口元を眺めながら、奴もその女優のように欲情すれば良いと思いながら語った。

「そんな話を聞きながら葡萄を食べていると……食べているだけで興奮してくるよ」

そう奴が言った時、オレは「じゃあ同じことをするか」と言わずにはいられなかった。

バスタブの湯は泡立ってはいなかったが、これはソフトポルノ映画ではないのだから泡で隠す必要もなかった。
カメラや監督の視線を気にする事もなく自由に快楽を貪れるのだから、きっとオレが観た映画よりもずっと淫らで気持ちの良いセックスになるだろうと確信した。

波打つ湯の中でオレに身体を弄られながら、奴は低い声を浴室に響かせた。
もうオレの服はほとんど湯で濡れていた。
奴はもどかしそうにそのシャツのボタンを外していたが、オレが自らズボンのファスナーを開いて湯の中に入ったら笑って諦めた。

「お前は服を着たままお湯に入るのが好きだね」
「すっかり興奮するようになった。貴方の調教のせいだ」

「そうだった?」と奴は横目でオレを見て微笑んだ。
そしてその言葉を最後に、2匹のアヒルを浮かべた湯の中の快楽に熱中した。立ち昇る蒸気に淫靡な声を響かせて、波立たせる湯の音を激しく響かせて。

==========

しかし、行為中の荒波に揉まれながらプカプカと浮いていたアヒル達に笑ってしまった(笑)

まあ2匹の代りに初夜をやってたと思えば良いか。
今後いつまでも我が家の風呂で仲睦ましく幸せに暮らして欲しい。

ところで、動物の恋と言えば……と、続きは明日にしよう。

明日もオレは仕事だが18時頃には上がれる。
そして奴はまた食事を作ってくれると言ったので、それを励みに頑張ろう。

明日はどんな料理だろうな。
本当に楽しみだ(笑)

という訳で、今日は金曜日。
今週もお疲れ様でした。
明日からの週末は心ゆくまで楽しんで、疲れた心と身体を癒して下さい。

週末にも幸運な事が皆さんにあるように祈っています。

では、今夜も心安からに楽しい夢を。
おやすみ。

<追記>
浴場で欲情。
どうしても言いたかった。

本日も2つのバナーのクリックをお願い致します!
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 同性恋愛  国際恋愛

コメントはこちら携帯版)へどうぞ。大変に申し訳ありませんが只今コメント返信は不定期とさせて頂いております。

スポンサーサイト



Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

topBack to TOP