玄関の白い箱
Mon.07.07.2014 Posted in 恋愛
日曜日の夜は静かだ。
おそらく一週間の中で最も夜が静かなのは日曜日だ。

夜風に当たりながら、ごきげんよう。

ライチの話でなくて申し訳ない。
今夜はディナーの後に奴とお楽しみで、その時にエロスな欲求を全て使い果たしてしまった為に変態エントリーが書けなくなった(笑)

お詫びに、
明日のインパが中止になった話を(泣)

今回は珍しくオレの仕事が原因ではない。
奴が仕事上で気掛かりな件を抱えてしまったので、それがすっかりと解決する来週まで延期する事にした。

「ごめん。せっかくスケジュールを調整してくれたのに」
「良いんだ。明日だと夜しか行けなかったしな。どうせならオレももう少し暇な日に行きたい」
「七夕は終わっちゃうね」
「まあ、今年は他のところで短冊を書いたから。それに明日は◯◯不動尊の近くに行く用事があるから、貴方の願い事が叶うように護摩木を書いてくるぜ」
「短冊の代りに護摩木を?」
「ああ。七夕祭りをやっている期間に書くと七夕の神様も加勢してくれて、より願い事が叶いそうだろう?」
「あはは、そうだね」

奴は猫のメモに願い事を書いてオレに渡した。
それはオレにとっても叶って欲しい願い事だったので「必ず叶うぞ」と言った。

奴は照れたように笑って「叶ったら良いな」と言った。
だからオレは、何が何でも叶えて貰えるように心を込めて護摩木を書いてくると奴に約束した。

そして今日、約束を果たしてきた。
護摩木を書いて、参拝して、絵馬も書いてきた(笑)

『書いたのを見たい!』
『写メで送る。……良し、送ったぞ』
『来た! わあ! 叶う、叶うよ!』

奴は満足してくれた。
実は願い事には猫様に関する事も含まれていたので、オレは願い事の横に猫の絵も描いた。奴はそれでますます気に入ってくれたようだ。太いマジックで描いた猫はとてもいびつで可愛くなかったが(汗)

その後、参道に並ぶ七夕飾りの写真も撮って奴に送った。
奴のお気に入りのケーキ屋で焼き菓子などを買ったことは内緒にして。

帰宅したのは夕方だった。

オレは玄関のシューズボックスの上にお菓子の詰まった箱を置いて、奴が「おかえりー!」と出迎えに来る前にリビングに入った。

「日曜日だったのにお疲れ様」
「早く帰れたから疲れてないぞ。夕食の準備とか、何か手伝うことはないか?」
「大丈夫。下ごしらえはもう出来てるから」

オレ達はそんな話をしながら『おかえり、ただいま』のキスをした。
それからオレは着替える為に自分の部屋に行こうとした。その前に、さり気なく奴にこう言って。

「そういえば玄関に何かあったぞ」

奴は首を傾げた。

「郵便物?」
「そうかも。シューズボックスの上に置いたが、ここに持ってくるのを忘れた」
「なんだろう? 取ってくる」

奴は玄関に向かった。
オレはニヤニヤした。まだ幼かった頃の自分を思い出しながら。

お菓子の箱を見つけた奴は驚いてくれるだろうか?
箱を開けて中にお菓子が詰まっているのを見たら喜んでくれるだろうか?

それはオレが父親にされた事だった。
滅多にはなかったが、父はたまにケーキを買って来てくれて「玄関に何かあったぞ?」とオレと妹に言った。

オレはそのハプニングが楽しみでならなかった。
父が何も言わない日にも玄関を確かめてしまうぐらい楽しみにしていた。

「あのお店のお菓子だ! 買って来てくれたんだ?」
「ブレッツェル、ミルリトン・ド・ニース、ブルトン、ガトーラカム、生キャラメル。色々と買って来た」
「あはは、お前がこんな事をするなんて。ありがとう、驚いたよ」

奴はお菓子の箱を抱いてオレに何度もキスをした。
あんな子供だましな演出でそんなに喜んでくれるとは思わなかった。

紅茶を淹れるから一緒に食べようと奴に言われた。
オレは楽しい幸せを感じながら着替えをした。

心の中で今は亡き父に感謝しながら。
先日の父の誕生日には和菓子を供える事しか出来なかったから、夏にはちゃんと供養すると心に決めて。

==========

という訳で、
今年も七夕がやって来たぜ。

人間もそうだが恋人とデートの日には浮かれていつも以上にサービス精神旺盛になるものだ。
だから七夕の神様もきっと大盤振る舞いをしてくれる違いない。果たして今日は晴れてくれるかどうかは判らないが、自分の願いはきっと叶うと心晴れやかに祈りたいな。

皆さんと皆さんの大切な方々の願い事が全て叶いますように。
そして今週もたくさんの幸運に満ちた一週間となりますように。

今夜も楽しい夢を見ような。
おやすみ。

本日も2つのバナーのクリックをお願い致します!
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 同性恋愛  国際恋愛

コメントはこちら携帯版)へどうぞ。大変に申し訳ありませんが只今コメント返信は不定期とさせて頂いております。

スポンサーサイト



topBack to TOP