ロイヤルミルクティーは危険な味
Tue.15.04.2014 Posted in 恋愛
今日の午後は錦糸町に住むお客さん宅にお邪魔して、その後はスカイツリーのソラマチに寄って遊んだ。

いや、遊んだというより奴への土産を買った。
ピンクの招き猫のストラップ、招き猫のあられ、米粉のパン、キルフェボンのケーキ等を。

2014_04_14_1.jpg
●赤いフルーツとピスタチオクリームのタルト。ピスタチオのケーキやアイスはオレ達の大好きなもの

「ありがとう。またずいぶん買って来たね」
「もっと買いたかったが、今度また一緒に行こう」
「楽しみにしてる。それでランチは何を食べたの?」
「うどん。あと、もんじゃ味のたこ焼き」
「へえ、美味しかった?」
「美味しかった。貴方にご馳走したくなるオムライスも発見したぞ」
「良いな、オレも行きたかった。どうして呼んでくれなかったの?!」
「だって貴方は会社で仕事だったじゃないか!」

奴はジャレ付くようにオレに抱き着いて「いつ行く?」と言った。
仕事が落ち着いてようやく自宅でイチャイチャ(?)出来る雰囲気に戻れて嬉しかった。
先月など特に、お互いに神経が過敏になって無言で過ごす日も少なくなかったから。

今月は無理をするのは厳禁。
ゴールデンウィークが終わるまで手を抜こう。多少なら成績が下がっても良いから。

紅茶を淹れてケーキを食べながら、奴とそんな約束を交わした。
週末やゴールデンウィークの計画を話し合うのが楽しかった。今年は去年とは違って、混雑を覚悟で観光名所などに行く事になりそうだ。

……。

ティータイムの後、オレは一つの仕事に取り掛かった。そしてそれが終わる頃、奴はオレの部屋のドアをノックした。

奴はパジャマに着替えて寝ようとするところだった。
今夜もムーミンの抱きまくらを抱えてオレに「おやすみ」のキスをして。

「お前も無理をしないで」
「ありがとう。遅くなリ過ぎない内に休む」
「はい、あげる」
「チュッパチャップス? ロイヤルミルクティ味だ」
「好きでしょ? ◯◯◯(とある雑貨屋)のゲームで取ったんだ。今日のお土産のお礼」
「はは、律儀だな」
「これを舐め終わるまでに仕事を終わらせて。舐め終わってもまだ仕事をしていたらお仕置きするからね」

奴は一旦オレに渡したチュッパチャプスを取り上げて包みを取った。そして「ご褒美とタイマーだよ。はい、スタート」と言って、オレの口にチュッパチャプスを入れた。

「時限爆弾か」
「スリリングなご褒美でしょ?」
「最高だ。これを舐めながらイくかも」
「早く仕事を終わらせてオレに夜這いをかけてイかせて」

本当のその瞬間に奴に飛び掛りたかった。
仕事とはなんて無粋で無情なものなのだろう。

奴が先に眠ってしまう事に寂しさを覚えたのは久しぶりだった。
仕事を捨てて奴を抱き上げて一緒に寝室に行こうかと思った。結局、そうしてしまえば明日の奴との時間がなくなるからやらなかったが。

「オレに夜這いされる夢を見てくれ」
「あはは。じゃあお前が寝る時にはオレに夜這いする夢を見る?」
「本当にやったらすまん」
「良いよ」

良いよ。と、奴は言った。
そしてチュッパチャプスは舐め終わってなくなった。

さて、皆さん。どう思う?
こんな時間に本当に夜這いを掛けて奴を起こしたら、「冗談が判らないヤツ!」と怒られるだろうか?
さっきからそれに悩んでなかなか寝室に行けないオレなんだ(笑)

上司を誘惑して迷わせるとは奴は悪い子だよな。
週末、いや今夜か? きっちりとお仕置きをしてやらなくては。

取り敢えずベッドに入ろう。
それから決めるんだ。
オレの息子の意思に任せて、もしも奴に怒られたら、それはそれで良いという事にして(真性マゾとは好きな人に叱られるのが嬉しい生き物なんだ)

皆さんも良い夢を。
『良い夢』とは人それぞれだが、今夜はどんな夢を見たい?
どんな夢であれ、皆さんが眠りの中でも幸せであるように祈っています。

では、明日も幸運な1日を。
おやすみ。

本日も2つのバナーのクリックをお願い致します!
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 同性恋愛  国際恋愛

コメントはこちら携帯版)へどうぞ。大変に申し訳ありませんが只今コメント返信は不定期とさせて頂いております。

スポンサーサイト



Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

topBack to TOP