家族の写真
Thu.23.01.2014 Posted in 恋愛
深夜のオフィスより、ごきげんよう。

学校の教室やバレエスクールのレッスン場もそうだったが、夜間に一人きりでこうした場所にいると淫靡な気持ちになってくる。
普段はこうした場所では当たり前のように禁欲的になるが、一人になると好奇心が掻き立てられて禁欲的なものの全てを失くしてみたくなる。

甘美な誘いを誰か(奴)に仕掛けて、自分もまたそれに乗りたくなる。
だが所詮は一人なので、こっそりと自分のズボンを降ろしてパンツを出してみるぐらいの事しか出来ない。あとは妄想に耽ってニヤニヤするぐらいだ。

あと2ヶ月ばかりで32歳になるガタイの良い男が深夜のオフィスでパンツを出してニヤニヤしていたら、そんな男が自分の彼氏だなんて、奴が知ったらさすがにショックを受けるだろう……。
だがこれは小学生の頃からの習性だ。どうしてもパンツを晒したくなる。オレには少々露出の趣味もあるのかもしれん。

ではここでチラリと。
おお、今夜は白いパンツを穿いているじゃないかオレ。
ピチピチローライズの白だなんてエッチだぞオレ。

このままではおかしな実況を始めてしまいそうなので話を変えよう。

今朝は不運だった。
左足の小指を2回もテーブルにぶつけた。
しかも2回とも思い切りやったので暫く……というか今も痛みが続いている。
(仕事用に使っている大きな折り畳み式テーブルを廊下に立て掛けていたのが悪かった。二度とやらん)

「靴を履いて歩くとズキズキする」
「大丈夫? もしかして爪の一部が割れたとか?」
「それはない。あんまり確認はしていないが出血はしていなかった」
「本当に? 会社に着いたら靴下を脱いで見せて」

インパを控えている所為もあって奴はとても心配してくれた。
だからオレは素直に奴の言うことを聞いた。
会社に着いたら2人で給湯室に入って奴に見てもらうことにした。

「爪の端がちょっと欠けてない?」
「なに! ……本当だ。ちょっと削れて爪が1mmぐらい剥がれてる」
「だから痛いんだよ」
「インパ前だっていうのに。だが、たいした痛みじゃなくて良かった」

奴は「本当だね」と言ってバッグを開けた。
そしてプリンセス絆創膏を出してオレの足の小指にグルリと巻いた。

あれ以来奴はプリンセス絆創膏を持ち歩いているが、今朝はそのお陰で助かった。
爪が割れた部分が靴(靴下)に擦れて痛みを発していたが、絆創膏でカバーするとかなり楽になった。

「今日はこれで大丈夫?」
「ああ、もう治った」
「まだ治ってないのに」
「治ったぞ、ありがとう」

オレは奴に顔を寄せてキスをした。
場所が給湯室だったので一瞬だったが、かなり久しぶりにこんな所でキスが出来て懐かしい気分になった。

奴はニコニコと笑って「でも無理はしないで」と言った。
オレはそれを守ると答えた。何せインパはもうすぐだから。

==========

そんな訳で、今夜は自分のパンツよりも、奴に貼ってもらったプリンセス絆創膏を眺めよう。
それに実は、今夜は特別なものも用意して残業をしている。

それは何かと言うと、奴の写真だ。
今までは休憩時間のみにiPhoneを取り出して奴の画像を見ていたが、今夜は自分のノートPCの角に貼り付けているのでいつでも見ることが出来る。

しかし、そんな事をするのは初めてだから気を取られてばかりで余り仕事が進まない(笑)
奴の顔を見ると色々な事を思い出したり、これからの事を考えてしまってな。

外国人のオフィスを真似てやってみたが(デスクに写真を置いたり、ボードに写真を貼り付けたりするアレ)、そういう事に慣れていないオレはワクワクして……これではイカンと仕事が終わるまで剥がそうかと思ったが、それも出来そうにない。

何せその写真は、奴が残業するオレの為にモデルになってくれたものだからな。
猫様を抱っこして笑っていて、とても可愛んだ。

「どんな写真が良いの?」
「セクシーなの」
「それじゃ仕事が進まなくなるから駄目」
「判った。じゃあモデルさん、笑ってくれ。猫様も一緒が良い」

好きな人の笑顔って良いもんだよな。
オレにとっては家族の写真だから、一人寂しくオフィスに拘束されていても癒やされる。
奴はオレの仕事を案じてヌードを禁止にしたが、その甲斐もなくオレはただの笑顔でも仕事が進まなくなってるぜ(笑)

おっと、3時には仕上げないとオレの睡眠時間がなくなる。
寝不足で具合を悪くしたら、また奴に心配をかけるのでそろそろ本気のスイッチを入れて頑張ろう。

皆さんも今日はお疲れ様でした。
オレと同じようにまだ仕事や勉強をされている方は頑張って下さい。でも無理のし過ぎはしないように。

明日は木曜日で、明日が終われば週末の入り口だ。
今日もたくさんの幸運が待っているように応援しています。

では、今夜もぐっすりと眠って楽しい夢を。
おやすみ。

Rも頑張れ! と応援して下さる方はクリックをお願い致します!
にほんブログ村へ 同性恋愛  国際恋愛

コメントはこちら携帯版)へどうぞ。大変に申し訳ありませんが只今コメント返信は不定期とさせて頂いております。
スポンサーサイト



Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

topBack to TOP