猫ぐりぐり
Wed.15.01.2014 Posted in 恋愛
平日の夕方に自宅より、ごきげんよう。

今日は休日だった。
だが昨夜は仕事をしながらデスクに顔を突っ伏して眠ったせいか頭がボンヤリする(汗)
せっかくの休日だというのに昼過ぎまで寝ていたしな。勿体無い事をした。

だが、今夜は奴とデートだ。
仕事を終えた奴を迎えに行って温かいものを食べる。
今日はかなり冷え込むと予報で聞いていたのでそんなデートをする事にした。

明日も遅くまで忙しそうだから今夜の内に天国を見ておくぜ。
昨夜は奴の誘いを断ってしまったしな。

「オレはそろそろ寝るけど、お前はまだ?」

と、奴はムーミンを抱っこしてオレの仕事部屋を覗き込んだ。
オレは『オレももう寝る。一緒にベッドに行こう』と言いたいのは山々だったが、翌日の休日に仕事を持ち込むのは嫌だったのでもう少し起きて頑張る事にした。

それを奴に伝えると、
「じゃあ珈琲を淹れてくるね」と奴は言ってくれた。
山積みの仕事にくたびれ掛けていた心が潤った。
おまけに奴は珈琲にお菓子を添えてくれた。ALMOND ROCAと缶に書かれたアメリカのお菓子だ。

「買ったのか?」
「うん、学校で皆にあげようと思って」
「オレが食べて良いのか?」
「良いよ。頑張っているお前が優先」

奴はオレの背中に抱き着いて、額をオレ首の根本に擦り付けた。猫がオデコをグリグリと押し付けてくるように。
それがマッサージのようで意外と(いや、かなり)気持ちが良かった。ずっと姿勢を正してデスクに向かっていたので肩が凝っていたのだろうな。

だからオレは言った。「ああー、グリグリが気持ち良い。もっとしてくれ」と、背中を仰け反らせながら。

「良いよ。こうで良い?」
「ああ、そこ。首の根本のツボが刺激されて……あ、もうちょい右側と左側もやってくれ」
「Rが気持ち良いって感じてるにゃー」
「良い。マジでイきそう」
「グリグリ。お菓子も食べさせてあげる。食べながらオレにグリグリされてて」
「にゃー、幸せ。Y君あいちてるー」

それはほんの数分間の出来事だったがオレは思い切り癒やされた。
アーモンド味の美味しいお菓子を食べながら奴に『猫ぐりぐり』されるのは癖になりそうなほど気持ちが良かった。

それは微妙に幼児プレイの感覚に似ているような気がしてちょっとばかり危険を感じたが(汗)
まあ実際、幼児プレイのように馬鹿になりきるのは最高のストレス解消になるからな。頭の中の疲れが癒えない方は、ぜひ一度は幼児プレイをお試し下さい。

おっと、そろそろ用意をしないと遅刻する。

今朝も寒かったようだが、今夜も冷え込みそうだ。
皆さんもくれぐれも風邪にはご注意下さい。
明後日には親しいドクターと飲む約束をしているので(奴も一緒に)、インフルエンザの流行り具合を訊いておこう。

ところで、
やっぱり2日間ブログを書かないと駄目だ。書けなくなる。
今まで良くも毎日2回も更新できていたものだ。だが習慣化ってそういうもんなんだよな。ネタも考えこむ迄もなく次々と浮かぶ。

今後も続けるつもりなら、せめて毎日1度は更新するべきなのかもな。どんなに短信でも良いから。

という訳で、また夜に!

じゃあ出来るだけ日に1度は更新するんだ! と思われる方はクリックをどうぞ!
にほんブログ村へ 同性恋愛  国際恋愛

コメントはこちら携帯版)へどうぞ。大変に申し訳ありませんが只今コメント返信は不定期とさせて頂いております。

スポンサーサイト



Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

topBack to TOP