ようこそオレのサンタさん 3
Sat.14.12.2013 Posted in SM・フェチ
「今夜も冷えるが貴方の身体は温かいな」
「ウイスキーを飲んだせいだ。お前だって温かい」

サンタドレスの胸元には白いファーが付いていた。
オレはそれを指先でめくって奴の喉から胸へと唇を滑らせた。
そして、尻をまさぐっていた手をドレスの中に忍び込ませて、指先で奴の足の根本を行き来させた。

奴は甘くて低い嬌声を漏らした。
オレの背中に腕を回して、その先の行為をねだる様に腰を揺らした。
あるいは、奴はわざとオレに媚態を見せて誤魔化そうとしたのかもしれない。もう一つの破廉恥な行為を語らぬまま情事にもつれ込ませようとして。

オレはどうしても奴をもっと淫らにさせたかった。
オレにやられた淫らな行為を口で言わせて、羞恥の興奮によって火を点けたように欲情させて、頭が真っ白になるようなエクスタシーを感じさせたかった。

オレは奴に優しくキスをした。
髪を撫でて、可愛い愛していると囁いて……。
けれど、急に身体を離してテーブルの上に置いたウイスキーの瓶を取りに行った。愛撫から放り出された奴は潤ませた目でオレを恨めしそうに眺めた。

「喉が渇かないか?」
「別に」
「じゃあオレだけ飲むぞ」

オレは奴の膝に手を付いて床に座った。
そしてボトルからキャップを外して、それの切り口にある小さな突起を奴の太ももに当てた。

「なにをするの?」

奴は驚いた。
だがオレは何も言わずに奴の青い瞳を見上げ、おもむろにキャップの突起を奴の履いているストッキングに引っ掛けてピッ……と伝線させた。

「このストッキンは気に入らなかった?」
「いや、好みだ。ただ、貴方は誤魔化そうとしているからな」
「誤魔化す?」
「忘れたふりか? オレにどんな強引な事をされたか、さっきから待っているのに聞かせてくれない」

奴は叱咤を受けた子供のように口を閉ざした。
可愛かった。
可愛くてオレは獰猛になって、もっと奴を追い詰めたくなった。

「だから、貴方がそれを思い出して語ってくれるように強引にしてやる」
「強引に? 何を?」
「いちいち説明していたら強引にならないだろう」

オレは伝線させたストッキングを掴んで、それを蜘蛛の巣のように引き裂いた。
幸い奴はレースの脆そうなショーツを穿いていたので、レースの穴に指を差し込んでそれもビリビリと破いた。

奴は反射的にオレの名前を叫んだ。
オレは全身の神経をビリビリと尖らせた。
そのまま奴を荒々しく組み敷いても良かったのかもしれない。けれど奴はせっかく可愛らしい格好をしているのだから、もっとそれを堪能しながら弄んだ方が面白そうに思えた。

「足を閉じるんだ」
「どうして?」
「酒を飲むだけだ」
「意味がわからない」
「手で隠したら駄目じゃないか」

オレは、露出したそこを隠そうとした奴の両手を片手で束ねた。
そして再びボトルを取って奴の股間にウイスキーをチタチタと垂らした。
アルコール度の高いウイスキーは十分に粘膜を刺激するものだから、奴は冷たさと熱さの混じった刺激に悩ましい声を漏らす事となった。

「さっき貴方は冷たいウイスキーでチョコレートを食べたな? じゃあオレは貴方の体温で温まったウイスキーだ」
「ふざけているの? あっ」

ふざけるなんて、とんでもない話だった。
オレは奴のそこを濡らすウイスキーを貪るように舐め回した。
奴が腰をビクビクと震わせる部分を念入りに。ウイスキーの味がなくなったらまた注ぎ足して。

徐々に奴は淫らな声を上げていった。
固く閉じていた足を自ら開いたので、オレはその両足を掴んで一気に左右に押し広げてやった。

==========

続きは、このエントリー最後にある<今日の追記を読む>をクリックしてどうぞ。
フェチプレイなので、それに抵抗感がない方のみ御覧ください。

続きを読まれる前に、よろしかったら2つのバナーのクリックをお願い致します(笑)

にほんブログ村へ 同性恋愛  国際恋愛

コメントはこちら携帯版)へどうぞ。大変に申し訳ありませんが只今コメント返信は不定期とさせて頂いております。

スポンサーサイト



Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

topBack to TOP