休日のオフィスに舞い降りた天使
Sat.19.10.2013 Posted in 恋愛
休日のオフィスより、ごきげんよう。

それなりに良い調子で仕事をしているが、それでも土曜日は休みたいものだな。

ガランとした職場の光景を見ると休んでいる者達が羨ましくなる。
それに、下の階に行ったところで奴は……実は居るんだ(笑)

本当は休日だった筈の奴がどうして出勤しているかというと、こういう経緯があった。

『今はオフィス?』
『いや神谷町の◯◯ビル。オフィスに戻るのは……』
『そう。じゃあその頃には戻っているんだね?』
『ああ。ところで今夜の待ち合わせを楽しみにしてるぞ』
『オレも。Kiss』

と、奴とそんなメッセージの遣り取りをしたのだが、オレがオフィスに戻ってみれば何と、奴が受付のところで用務員さんと立ち話をしていた。

人違いかと思ったが、どう見ても奴だった。
見慣れたスーツ、ブラウニッシュブロンドの髪、真っ白な肌、遠くからでも判る大きな目、愛嬌たっぷりの奥歯まで見える笑い顔。

「Y君?」

と、オレは思わず声を掛けた。
すると奴はこちらを向いてこう言った。

「Rさん、ちょうど良いところに! 今、用務員さんからお菓子を貰ったんだ。これをお茶請けにコーヒーでもどうですか?」

お菓子って。
奴はお菓子をもらう為に会社に来たのか?(笑)

取り敢えずオレは了解して奴と共に販売機へと向かった。
そして訊いた、どうしてここに居るのかと。

「忘れ物をしたのを思い出したんだ。どうしても必要だという程のものでもなかったけど取りに来た。今夜はこの近くで待ち合わせだったしね」
「待ち合わせ時間はまだまだ先だろ? オレに言ってくれたら持ってきてやったのに」
「それも考えたけど、オフィスでその仕事を片付けてしまう事にしたんだ。……なんて、本当は休日出勤しているお前に付き合いたくなったからなんだ。一人で家に居ても退屈だったしね」

なんて嬉しい話だ。
休日出勤の心が侘しさが一気に潤った。

今日は不運かと思っていたが(あみだくじでハズレを引いたかのように休日出勤が決まった為)、奴の登場でそれは覆された。
さすがオレの猫天使様だ。いつも密かに頼りにしてるんだぜ。

「でもタイミングが良かったね。オレが来て少し用務員さんと話をしていたらすぐにお前が来て。ビックリした」

奴はそんな事を言ったが、それ以上にビックリさせられたのはオレだということを忘れているようだ(笑)

という訳で、本日の仕事が終わるまであと1時間半程。

床を見下ろせば奴のふわふわ巻毛の頭が見える(見えると思って見ればコンクリートの床の厚さなんて障害にならない)

さて、残りの仕事は奴の頭を猫可愛がりしながら片付けよう。
まったく楽しい休日出勤じゃないか。

皆さんも楽しい土曜日を。
夕方にも夜にも、楽しい出来事があるように祈ってるぜ。

では時間があればまた夜に。

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ ゲイの恋愛  国際同性恋愛も
今日もお付き合い下さってありがとうございました。2つのバナーのクリックをよろしくお願い致します。

コメントはこちら携帯版)へどうぞ。大変に申し訳ありませんが只今コメント返信は不定期とさせて頂いております。
スポンサーサイト



Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

10分間のハピネス
Sat.19.10.2013 Posted in 恋愛
慌ただしい金曜日の夜だった。

奴は学校で、オレは個人的な要件で帰宅した後に呼び出された。
今夜はカレーを作るはずだったが明日か明後日の夜に延期になった。

「何時頃に帰る?」
「22時頃かな」
「そうか、オレはもう少し遅くなる」
「忙しいんだね」
「いや、ほとんど座ってるだけだ。暇だからPCで遊んでる」
「それなのに帰れないなんて!」

skypeのメッセージで奴とそんな遣り取りをした。
金曜日の夜が好きなのは、何よりも奴とゆっくりと過ごせるからなのにな。

帰宅した時刻は23時半を過ぎていた。
奴はもう眠るところで、歯を磨いてパジャマに着替えていた。

「すぐに寝るか?」
「ううん、お前を待っていたからもう少し起きてる」
「眠いだろう?」
「眠いけどお前と話がしたいから」

奴はそんな嬉しい事を言ってくれた。
だからオレはハーブティを淹れて奴に薦めた。
新調したばかりの長毛のカーペットに2人で寝転んで、暫し寛いだ時間を過ごした。

「あのね、お前に見せたいものがあるんだ」
「なんだ?」
「ふふ、お前が買ってくれたこれ、さっそく穿いてみた」
「ああ!」
「ね? だから起きて待っていたんだ。これを見せたくて」

奴はパジャマのボトムをペロリと下げてムーミンのパンツを見せてくれた。
最初は前方を。次にくるりと回ってお尻の方を。

その為にわざわざオレの帰宅を待っていてくれたとは!

オレはなんだかとても嬉しくなって奴を抱き締めた。
それだけでは足りなくて、ムーミンとスナフキンのプリントに包まれた奴の尻にキスをした。

「あはは、そんなに嬉しい?」
「嬉しい。愛してる、大好きだ」
「オレもだよ。愛してる」

それはほんの10分程度だったが、金曜日の夜を十分にハッピーにしてくれる出来事だった。
自分を強く見せなくてはならない仕事をしてきた後に、こんな無邪気な時間を過ごせたのがとても嬉しかった。ハーブティを飲むよりもずっと身体の緊張がほぐれてホッとした。

「そろそろ寝るよ」
「良い夢を見てくれ」
「明日も帰りを待ってる」
「ありがとう」

オレは優しく微笑んでくれる奴にキスをした。
そして奴を抱き上げて寝室のベッドまで運んだ。
もう一度おやすみのキスをして、奴の尻を可愛らしく包んでくれるムーミンを撫でて。

「おやすみ」

明日は、オレは仕事が入ったが頑張ろう。
明日の夕方には解放されてデートが出来る。
明日も早く起きて一番に奴の顔を見て、良い一日を始めるぞ。

という訳で、明日も充実した良い1日を。
明日も皆さんに楽しい事がたくさんあるように応援しています。

おやすみ。

<オマケ>
こういうボクサーパンツです。
渋目のグレー色が奴のうっすらピンク色のおちりを可愛く引き立ててくれていました。
2013_10_19_1.jpg

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ ゲイの恋愛  国際同性恋愛も
今日もお付き合い下さってありがとうございました。2つのバナーのクリックをよろしくお願い致します。

コメントはこちら携帯版)へどうぞ。大変に申し訳ありませんが只今コメント返信は不定期とさせて頂いております。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

topBack to TOP