嵐の夜の魔法
Tue.15.10.2013 Posted in 恋愛
奴に買ってもらった黒猫ポーチと紅茶に温もりながら、ごきげんよう

2013_10_15_1.jpg
■maryのハロウィン限定品。黒猫でオッドアイは珍しくて個人的にプレミア品。これを教えて下さったマキさん、ありがとうございました! 欲しいと言ったら奴が買ってくれました(笑)

「今夜は早く帰ってゆっくり鍋でも食べるか?」
「そうだね。鍋なら、すき焼きが良いな」
「判った。オレが先に会社を出るから肉や野菜を買っておく」
「ありがとう。オレも早く帰るからね。あ、ゲロルはオレが買うよ」

台風の夜は何やら楽しい。
オレは奴と電話ですき焼きの約束を交わして、仕事を早く切り上げて会社を出た。

既に雨は降っていたが、今夜から明日の朝に掛けてはもっと荒れるのだろう。
万が一の為に少々余分に食材を買った。
ついでに白ワインも買った。台風の影響で空気が湿った今夜、良く冷やしたのを一杯だけ奴と飲みたいと思った。

すき焼きはとても美味しかった。
食べる前に冷たいワインで乾杯したが、食べた後も喉を心地良く潤したくてもう一杯だけ飲む事にした。

「外、少しずつ荒れてきたね」
「ベランダに出てみるか?」
「ふふ、そうだね」

2人でベランダに出た。
嵐の夜は何となく魅惑的で心が踊る。

雨と風は多少強くなってきていた。
今後もっと酷くなっていく事を思えばはしゃいでばかりもいられなかったが、今はまだ子供のように無邪気にしていたかった。

「雨が混じった風が気持ち良い!」
「今、外を歩いたらかなり濡れるね」
「ここでもちょっと濡れるぐらいだ。ああ、何だかテンションが上がるぜ」
「あはは、もう一杯飲む?」
「グラスに注いで持ってくる」

2杯だけの筈のワインは3杯になった。
台風の風雨は魔法のように、奴の頑固な心を柔らかく溶かしてしまった(普段の奴なら絶に「駄目、1杯だけ!」と言った筈)

3杯目のワインは、嵐の空気に酔っていたオレ達をますます酔わせてくれた。
ワインを飲み干した時に何となくキスを交わしたが、雨の混じる荒い風に吹かれながらキスをするのが刺激的でエスカレートした。

「ここで?」
「口で。ベランダの電気を消すから」
「消して。でも、それだけじゃ物足りない。きっと、オレに奉仕をするお前の背中に爪を立ててしまうよ」
「ここで調教か?」
「電気を消すから。さあ脱いで、ここで全部」

ベランダの電気を消せば辺りは真っ暗になった。
だが雨は街灯によって白く輝きながら、服を全て脱ぎ捨てたオレの肌に降り注いだ。

小さなベンチに座る奴の足の合間に顔を寄せてそれにキスをした。
根本から先端まで隈なくキスをして、それから口の中で愛撫を始めた。

奴は次第に息を弾ませていった。
雨音が激しくなって行く中、オレをますます淫らな気持ちにさせるように大胆に足を開いて嬌声まで漏らした。

そしてオレの舌に先走りの液を溢れさせた頃、オレの背中に思い切り爪を立てた。
その痛みにオレが「うっ」と声を漏らせば、奴はオレをからかうように笑い声を立てて強く背中を引っ掻いた。

「こんなところでそんなに足を開いて、随分といやらしい格好だぞ」
「さっきからお前がここも舐めたそうにしているからだ」
「……ああ、その通りだ。降参するから舐めさせてくれ」
「良いよ。でも、もっと強く引っ掻くかもしれない」

奴はオレの肩に両足を乗せて尻を前の方へ突き出した。
オレは頷き、その窪みに興奮に濡れた舌先を踊らせた。片手で奴のものを擦り、もう片手で自分のものも擦りながら。

嵐の夜のベランダにて新しく付けられた傷は2つ。
1つは背中で、熱を持つほどの引っかき傷。
もう1つは左腕で、明日には消えてしまいそうな爪の形。

ベランダから引き上げる時、お互いにすっかり身体を濡らしていた。
だがそれは雨の為だけでなく、快楽に夢中になった汗の為でもあった。

「喉が乾いた。もう一杯、良いか?」

オレは全裸のまま奴にそう訊いた。
だが奴の返事は「NO」。冷蔵庫の中にたくさんあるゲロルシュタイナーを飲みなさい、との事だった。

快楽が引いたと共に、奴に掛けられていた嵐の魔法まで消えてしまったようだ。

明日の夜まで嵐が続けば良いのに。
そうすれば明日もまた楽しめそうだし、仕事も休みになりそうだ。

==========

という訳で、明日の天気が気になるところだ。
明日は交通状態が滅茶苦茶になるようなので、仕事や学校に行かれる方はご注意下さい。

それでも明日も楽しい事がありますように。

では、今夜もゆっくりと幸せな夢を。
おやすみ。

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ ゲイの恋愛  国際同性恋愛も
本日も2つのバナーのクリックをよろしくお願い致します。

コメントはこちら携帯版)へどうぞ。大変に申し訳ありませんが只今コメント返信は不定期とさせて頂いております。

スポンサーサイト



Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

猫と鞭
Tue.15.10.2013 Posted in 恋愛
午後の休憩時間に、ごきげんよう。

昨夜、眠る前に『テレプシコーラ 2部(山岸凉子作のバレエ漫画)』を読み終わったせいかおかしな夢を見た。

オレは高校生ぐらいだったと思う。
とあるバレエ教室に通う事になったのだが、そこにステキな王子様がいて猛烈な一目惚れをしてしまう。

しかし彼には黒鳥のようなパートナー(バレエ上での)がいて、オレは何とか彼女を避けながらも王子様に接触しようと試みるのだが……。

まるで少女マンガのような面白い夢だった。
願わくば物語がハッピーエンドで完結するまで目覚めたくなかった。

しかし、面白かったと思うと共に、ちょっと寂しくなった。
舞台で踊る事を止めてしまわなければ良かったと、たまに思うその気持ちが込み上げて。
バレエ教室でレッスンを受けていた日々は、本当に夢のように情熱的で自分の胸を限りなく満たしてくれていたから。

とは言え、夢を諦める理由は様々であり、当時のオレは本当に限界を感じていたのだから仕方がない。
過ぎてしまえば夢の如しというが、当時の少年Rは、様々事を悟った今のRには理解できない状態に追い込まれて逃げ出す事しか考えられなかったのだから。

だが、それでもオレは若い方々に忠告したい。
逃げ出せば一生の後悔が付きまとうかもしれないという事を覚えていて欲しい。
時間を戻す事は不可能であり、若い頃にしか出来ないものというのは確実にあるのだから、逃げ出す理由と自分の一生を天秤にかけてから止める決意をして欲しい。

特に、両親への憎しみや復讐心などに駆られて、「こうなったのはお前のせいだ。これで満足か?」といった気持ちを抱いているのなら、余計に頑張って欲しいと思って止まない。

と、このブログで説教臭いを事を書くのはこれで最初で最後にしたい。オレは誰かに何かを言えるような出来た人間ではないからな。

話は変わるが、日曜日深夜23時からBSフジで放映された『猫侍』には萌えたぜ!

【画像集】ドラマ「猫侍」が可愛すぎる

「可愛い!」
「北村さんが純朴な貧乏すぎて愛しい!」
「ただの猫バカだろう!」

と、奴とベッドの上で飛び跳ねながら観た。

だがこの番組、30分なんだな。
前々から楽しみにしていたのにさっさと終わったものだから、「もう終わり!?」と玉之丞(猫の名前)を取り上げられた気分になった。

しかし来年には劇場版が上映されるのが嬉しい。奴と手を握り合って猫に悶えながら観てしまうだろう。そしてその帰りには猫カフェでデートだ。

それに、週イチの楽しみが出来たから嬉しい。
テレビ番組を楽しみにするなんて10年ぶりぐらいだが、オレ達が観られるような番組を作ってくれるならちゃんと観るようになるもんだな。楽しいところに人は集まるという法則は絶対的だ。

「玉之丞ってシロ子に似てるね」
「オレもちょっとそう思った。あと5kgぐらい痩せたら」
「そうだ、全然ダイエットしていないみたいだからお仕置きだ」
「飼ってるのオレじゃなくて妹なんだぞ!」

猫侍の後はベッドでお仕置きごっこをして遊んだ。
奴に尻をペンペンされてオレは幸せだった。ついでに腹の上に跨がられて天国を感じた。

今週も平日が始まったが、週末には奴にペンペンしてもらえる。
だから今週も何があっても乗り切れられるだろう。オレはマゾヒストとしての幸せを手に入れているのだから(大袈裟)

という訳で、皆さんも充実した日々をお過ごし下さい。
今週も最後まで幸運な出来事がたくさん起きるように応援しています。

<余談>
しかし台風の影響で明日の仕事は全て吹っ飛びそうだ。
明日は地方から来られる方とばかり商談があったが、午前中は暴風雨で新幹線も飛行機も止まるかもしれないからな。
皆さんも明日の天気にはお気を付け下さい。

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ ゲイの恋愛  国際同性恋愛も
本日も2つのバナーのクリックをよろしくお願い致します。

コメントはこちら携帯版)へどうぞ。大変に申し訳ありませんが只今コメント返信は不定期とさせて頂いております。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

ネコネコ宅急便シークレットメッセージサービス
Tue.15.10.2013 Posted in 恋愛
ベッドに入る前に、ごきげんよう。

今夜も月明かりがキレイだったし、野良猫は気ままに駐車場で香箱を作っていた。

だが平穏な休日は今日で終わりだ。
十分に遊んだつもりだったが足りない。いや、楽しかったからこそ終わって欲しくないのだろうな。

今夜もいろいろと書きたい事はあるが、明日に備えてまた後日に。

もっとも今日は特別な事は何もしなかった。
部屋の大掃除をして模様替えをして、一休みの時にDVDを観ていたら一日のほとんどが終わった……という感じだ。

だが掃除の時に面白いものを発見した。
猫の写真集の中に挟まっていた数枚の猫のポストカードだ。
それは奴と付き合って間もない頃、オフィスでオレが奴に渡したものだった。

当時のオレはとても浮かれていた。
奴と付き合えるようになったのが嬉しくて、たまにオフィスで人目を盗んで奴の気を引いていた。
報告用のファイルを利用して、書店で見付けた猫のポストカードを書類の中に紛れ込ませて奴に渡したりして。

『隠れている猫を見付けた。ありがとう。可愛いね。愛しているよ』

奴からそんなメールが来ると、オレは胸は溶けそうになった。
何度もメールを読み返して、その前向きな情熱を午後の仕事へのエネルギーにしたものだった。

今は部署が変わってしまったからな。
そんな恋愛ゲームが出来なくなって物凄く残念だ。当時はとても楽しかったから。

だが、たまに思う。
あのままずっと同じ部署にいたら……恐らくオレは周囲にバレて会社にいられなくなっただろうと。オレは隠し事が下手で、顔や態度にもろに出てしまう人間のようだからな(笑)

「猫のカード、もっと欲しかった」
「そうなのか?」
「うん、メッセージももっと書いて欲しかった」
「そうか……」
「またこういうのをやりたくなっちゃった。今度はオレからお前に渡そうかな?」
「だけど、たまにしかファイルを渡す要件はなくなっただろう?」
「仕事の要件がなくても渡したって良いじゃない」

部屋の模様替えの一休み中にそんな話をした。

確かにそうだ。
オフィスラブのメッセージは仕事の要件のついでに渡さなくてはならないというルールはない。仕事抜きで、仕事のフリをして渡しても構わない筈だ。

だからオレは「待っている」と答えた。
奴は頷いて、「返事は猫のカードでね」と言った。

奴はいつオレにカードを渡してくれるのだろうな?
今日か? 明日か?
それを待つオフィスでの日々はなかなか楽しそうだ。

しかし周囲に怪しまれないように頻繁に遣り取りする事はできないだろうな。
しかしそれでも嬉しい。たまにしか交わせなくても、当時に戻ったように恋愛ゲームが出来るなら。

「また猫のカードを買っておくぜ」
「楽しみだ。オレはお前の文字が好きだから、本当はメールやチャットの遣り取りを少し物足りなく感じていた」
「変わってるな、オレは癖の強い文字だろう。だけど同感だ。オレも貴方の書いた文字を読みたい」
「ね? その方がずっと良いよね」

ああ、猫のカードを買っておこう。
滑りの良いペンも。

それからメッセージの内容も考えておかなくてはな。
当時は、『今日は何を書こう?』とワクワクしたものだが、ゲームを再開させたらまたそんな気分に夢中になってしまうかもしれんな。

おっと、短信のつもりが長くなった。
今日、奴からもらったものも自慢したかったが、それはまた明日に。

明日から平日が始まるが、今週は4日しかない。楽しく乗り切ろうな。

今週も皆さんが幸運であるように祈っています。
健康を損ねることなく元気で、いろいろな願い事も叶いますように。

では、今夜も心地良く楽しい夢を。
おやすみ。

<追記>
■禁酒と手を付けていない食料が冷蔵庫にたくさんあった為に今年のドイツフェスティバルには行きそびれました。
■『今日の追記を見る』からコメント返信をどうぞ。

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ ゲイの恋愛  国際同性恋愛も
本日も2つのバナーのクリックをよろしくお願い致します。

コメントはこちら携帯版)へどうぞ。大変に申し訳ありませんが只今コメント返信は不定期とさせて頂いております。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

topBack to TOP