心地の良い眠気もまた意地悪なもの
Tue.08.10.2013 Posted in 恋愛
カボチャの煮付けが出来上がって、シーフードペスカトーレのソースを作っている時に奴は帰宅した。「ただいま。良い匂いだね!」と玄関で言って。

「お帰り。すぐに食べるか?」
「食べたい。お腹すいちゃった」

奴はオレの頬にキスをしながらフライパンの中を覗き込んだ。そして「美味しそう。愛してるよ」と言って、ポケットから取り出した小さな紙袋をオレに渡した。

「開けて良いのか?」
「うん。お前へのお土産」
「なんだろうな」

英文の書かれた袋を開けてみれば、中にはリキュールチョコレートが入っていた。先日、奴がオレに買ってくれたものとは違うメーカーのものだった。

「ありがとう。食べる前にこれで乾杯するか」
「あはは。食前には合わないよ。これは食後酒」
「食後でも良い。今夜はちょっと飲みたい気分だったから有難いぜ」

オレは奴に感謝のハグをした。
そして早くシャワーを浴びてくるようにと言った。今夜のペスカトーレは出来が良くて、出来たてを食べて欲しかったから。それに、早く食後の乾杯をしたかったから。

2013_10_08_5.jpg

「明日はお前の帰りが遅いからオレが作るよ」
「貴方も忙しいだろう?」
「美味しいカボチャとスパゲティのお礼がしたいんだ」
「チョコレートをもらったぞ」
「チョコレートよりも美味しかった。それに、それは2人で乾杯するものだから」
「律儀だな。じゃあ楽しみにしてる」

食事の後、奴はオレの使った皿まで洗って片付けてくれた。それで十分に『お礼』になったと思うが、オレも奴の料理が楽しみなので明日は素直にご馳走になる事にした。

ライスとパン、どちらが良い? と、奴はオレに質問した。
オレはパンと答えたが、何を作ってくれるのだろうな? 「ヒントをくれ」と頼んだが教えてくれなかった。だがきっと美味しいものに違いない(笑)

テーブルの上がすっかり片付いた後、リキュールチョコで乾杯した。
その極上のブランデーを飲める今宵を祝して。

それからまた昨夜のように動画などを観ようと思ったが、何となく今夜は奴と話をしていたかったので予定を変更してもらった。
リビングのテーブルからソファに移動して、身体を横にしてリラックスして。

「本当は眠い?」
「……判るか?」
「判るよ。お前は眠気のある時の方が話をしたがるから」
「そうか? だけど、身体を楽にして取り留めもなく話をするのって気持ちが良いな」
「うん。でもお前はまた夜更かしをしているから、お仕置きをしないといけないね」

奴はそう言ってニッと笑い、軽くオレの頬を抓った。
その仄かな痛みが心地良くて、オレは冗談交じりに「ああ、悪い子だからもっとしてくれ」とおねだりをした。

眠気のある夜の気怠さはとても気持ちが良い。
奴と戯れる為の最高の夜だ。
奴はオレに無邪気な悪戯を繰り返し、やがてオレは奴に愛撫とキスを繰り返した。

開け放ったままの窓から涼しい風が入ってきていた。
静かな虫の鳴も聞こえていた。

「金木犀の香りがするね」と奴は囁いた。
それからオレはずっと金木犀の甘い香を意識しながら奴を抱いた。気怠さに包まれながら夢を見ている心地で、深い興奮と歓喜に没入しながら。

……しかし眠気とは意地悪なもので、精を放った途端に魔法が解けるように覚めてしまう。

そのまま虫の声を聞きながら眠れたなら良かったのにな。
そういう部分もまた不眠症故なのか。どんなに眠くても、いや眠気を感じれば感じるほど感覚が麻痺して眠れなくなるから困ったもんだ。

「可哀想に。ゆっくり治していこう」
「そんなに辛くないぞ」
「ううん、ダメだよ」

奴は優しくオレの頭を撫でながらそう言ってくれた。
そうだな、本当は治したいんだ。
ゆっくりでも良いか? ごめんな、治るまで付き合って欲しい。

という訳で、皆さんも良い睡眠時間を過ごしているか?
人間、食事による栄養も大切だが、それと同じぐらい身体を休める睡眠も大事だ。どちらも欠かすことなく、元気で楽しい毎日を送りたいな。

明日も皆さんが幸運でありますように。

そして今夜も心地良く楽しい夢を。
おやすみ。

<期間限定報告>
今月から始まったゲロルシュタイナーのムーミンお鍋セット
どうか3日以内に当選しますように! 取り敢えず今日は3本買って全てハズレでした。

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ ゲイの恋愛  国際同性恋愛も
本日も2つのバナーのクリックをよろしくお願い致します。

コメントはこちら携帯版)へどうぞ。大変に申し訳ありませんが只今コメント返信は不定期とさせて頂いております。

スポンサーサイト



Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

勝負は負けた方が楽しい
Tue.08.10.2013 Posted in 恋愛
帰宅してカボチャを煮込みながら、ごきげんよう。

今日は暇で良かった。
昨夜はまた寝不足をしたのだが、人目を盗んで居眠りし放題だった。

2013_10_08_1.jpg

今日も奴と一緒にランチを食べた。
今日は奴とやりたい事があったので、ゆったりと寛げるラウンジで待ち合わせをした。

やりたい事とは、猫好き友達が教えてくれたコレ。
『3月のライオン 9巻』の限定版に特典として付いている、おでかけニャーしょうぎ

オレはこの漫画をまるで知らないのだが、ニャーしょうぎを見た瞬間、この漫画は必ず読んでみようという気にさせられた(猫馬鹿)

で、ランチの前にニャーしょうぎを手に入れて奴と遊ぼうと思っていた。だが、4軒の書店を回っても全てソールドアウトだった(汗)

人気のある漫画なのだな。
イメージ的に猫と人間のほんわかストーリーかと思っていたら将棋をテーマとしたストーリーなのか。しかも少女誌かと思ったら青年誌に連載しているのだな。

「猫の将棋は?」

とワクワクしながらラウンジに来た奴に向かって、「どこも売り切れで手に入れられなかった」と答えるのは辛かった。

2人でガッカリした。
今日のランチはニャーしょうぎで勝負して、勝った方が負けた方に何でも要求できる……というベタな約束を交わしていたのにな。

「だけどオンランで注文したぞ」
「それまで勝負はお預けだね」
「それまでに貴方に要求する事をじっくり考えておく」
「オレはもう考えてあるんだ」
「どんな?」
「ふふふ、内緒」

奴は意味深な笑みを浮かべた。
どんな事をオレに要求するつもりだろうな? 怖いもの見たさにわざと勝負に負けてやりたくなったぜ。

食事の後はベーカリーに立ち寄って焼き菓子を買った。
しかし残念ながらカボチャのクッキーは売り切れていた。

「食べてみたかったのにね」
「仕方がないから今夜はカボチャを煮ておく」
「煮てくれるの?」
「貴方が食べたいなら煮ておくぞ」
「食べたい。じゃあオレはお土産を買って帰る」

さて、奴の土産はなんだろうな?
オレはそれを楽しみにしながら、美味しそうな栗かぼちゃを圧力鍋で煮込んでいる。

煮込むといってもあと3分ほど放置すれば出来る。
圧力鍋って本当に万能だな。
ケーキも作れるようなので、近々作って奴に捧げたい。そして久しぶりにデザートのレシピをここにお披露目したい。

おっと、奴から電話が掛かってきた。
「今夜も映画を観ようね」と。

ああ、秋の夜長は耽美な映画を観て背徳のロマンに酔いしれようぜ。
昨夜からyoutubeやDailymotionでフランスや日本の古い映画を観ているのだが、かなり面白い。

週末まで禁酒なのでロマネ・コンティを飲みながら観られないのは残念だが(禁酒中でなくても飲めないくせにというツッコミは間に合っています)、オレの足を枕にしている奴の頭を撫でながら観るのもかなり良いものだった。

人肌恋しくなる今の季節こそ、猫可愛がりだ。
カボチャは美味しく出来上がった。
早く帰って来いよ。

という訳で、皆さんも美味しい晩ごはんを。
また時間があれば深夜に……という台詞は、今のオレには禁止か(笑)

<今日の追記を見る>に、短信ですがお返事をさせて頂いています。
最近いただいたコメントに対してばかりで申し訳ありません。後日ちゃんと返させて頂きます。

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ ゲイの恋愛  国際同性恋愛も
本日も2つのバナーのクリックをよろしくお願い致します。

コメントはこちら携帯版)へどうぞ。大変に申し訳ありませんが只今コメント返信は不定期とさせて頂いております。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

topBack to TOP