気まぐれなスイッチ、ON
Mon.23.09.2013 Posted in SM・フェチ
<朝の出来事>

「まだ眠い?」
「すぐに起きる」
「あ、ちょっと待って」
「何だ?」
「ヒゲが伸びたね」
「一昨日から剃ってないからな。……頬ずりをしたら痛くないか?」
「少し痛い。これぐらい……ね」

奴はオレの耳元でそう囁き、不意にオレの乳首を爪の先で抓った。
チクリと痛みが走ったが、その後、じわじわと快感が広がった。

オレは反射的に身体を反らせた。
そこをもっと悪戯して欲しいと思い、そう誘い込むように奴の身体に手を這わせた。

「感じちゃった? すぐに起きるんじゃないの?」
「少しぐらい良いだろう?」
「エッチな乳首」
「エッチなのは貴方だ」
「どうしてそう思う?」
「オレのヒゲに欲情したからオレの乳首を抓った」
「はは、……正解」

奴はオレのヒゲを指先で弄りながら乳首にキスをした。
それから音を立てて吸い付き、唾液を含ませた舌先を押し付け、突起を押しつぶすように転がした。

オレは奴の足の合間に顔を埋めてやろうと思った。半端に伸びたヒゲで奴の内腿をザリザリと刺激して感じさせてやろうと。
だが困った事に、奴に乳首を責められるのが気持ち良くてなかなかその行動に出ることが出来なかった。

<夕方の出来事>

「風が冷たいね」
「寒いか?」
「寒い」
「風邪を引くなよ」

窓を開けたベランダで過ごしている時、そんな会話をしながら抱擁し合えば、自然と愛撫へと発展した。

奴はオレにもたれながら胸にキスをした。
オレは奴の腰を抱きながらボトムのファスナーの部分を指先で行き来させた。

次第に奴は嬌声を漏らした。
「ここでそんな声を出すと……」とオレが囁くと、「んん」と声を我慢する為にオレの乳首に吸い付いた。

強く吸い上げられた乳首は途端に反応し、敏感になって、淫らな気持ちを持て余している奴に執拗に弄ばれた。

オレは数秒間、奴の身体を愛撫する事を忘れて、乳首に与えられる快感に没頭した。
その刺激はダイレクトに下半身に伝わり、肌寒い風邪がそよぐこの場所で、服を裂いて全身を荒々しく愛撫して欲しいという欲求を掻き立てた。

==========

乳首など、以前はただの飾りでしかなかった。
過去に付き合っていた相手に弄られても痛くも痒くもなくて、「無反応でつまらない」と決まって言われたものだった。

しかし、実は男の乳首とは気まぐれだ。
『何故かあの時から突然感じるようになった』という場合もあるし、『何故かあの人に舐められると感じる』という場合もある。

相手の乳首舐めの技量ゆえか(上手い人は本当に上手い)、相手に抱く願望ゆえか(心底抱かれたいと思う相手には身体が敏感になるという法則)、調教などで以前よりも身体が敏感になったゆえか、その他ゆえか、どれが理由なのかは判らないが、そういうタイミングに出会った男は少なからずこれまでとは違った快楽(フェチ願望)に目覚める。

マゾヒストであるオレは、何やら過激な願望を持ってしまったのかもしれない。
以前なら「止めてくれ」と懇願していた事を、今では自らして欲しいと口にしてしまいそうだ。

30代になってから何かと変化が多い。
仕事、体調、人間関係。まさか肉体までも。

こんな青臭い悩み(悩んでもいないが)を持ってしまったらどうすれば良いのだろうな?

奴に言ったら奴は喜んですぐに実行しそうだ。
それはそれで嬉しいが、しかしムード派のオレとしては、もう少しこの『変化を迎えた危うげな気持ち』を楽しんでいたい。

そうだ、久しぶりにボストンお兄さまに相談しよう。
数週間ぶりに帰国したので数日後に飲む約束をした。近状を聞かれたら、「乳首が感じるようになった。成長しだろう?」と答えてやろう。どうせ呆れられて完璧にスルーされるだろうがな(笑)

まあ、そんな冗談は横に置いて、今回も無事に帰ってきてくれて良かった。
飛行機事故、治安の悪化と、海外に行けば不安の要素は尽きないからな。奴も「今回も元気に帰って来て良かった」とホッとしていた。

という訳で、明日から再び平日がやって来る。
平日の忙しさやストレスに負けてたまるかと、今週も頑張ろうじゃないか。今年もあと2回はインパしなくては安心して倒れられない。

皆さんにとっても楽しい一週間となりますように。
今週も最後の日まで幸運が尽きないように応援しています。

今週もどうぞ、この不束かなブログをよろしくお願い致しますm(__)m

では、今夜もゆっくりと幸せな夢を。
おやすみ。

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ ゲイの恋愛  国際同性恋愛も
本日もお付き合い下さってありがとうございました。2つのバナーのクリックをよろしくお願い致します。

コメントはこちら携帯版)へどうぞ。大変に申し訳ありませんが只今コメント返信は不定期とさせて頂いております。

スポンサーサイト



Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

イハナ ムーミ!
Mon.23.09.2013 Posted in 恋愛
初めて圧力鍋で作ったカレーは、今迄自宅で作ったカレーの中で一番美味しかった。

鍋を変えるだけであれほど味が変るとは凄いな!
生まれて初めて調理器具を選ぶ事の大切さを知ったぜ。

煮込む時間はムーミンショップで買ったママのタイマーで計った。
同じくムーミンショップで買ったムーミンのクッキー型でクッキーを焼く時にも、このタイマーは役立ってくれた。

2013_09_23_1.jpg
■クッキーは、先日失敗したソルトクッキーとチョコチップクッキー。昨夜は共に大成功! このエントリーの最後の<今日の追記を見る>にレシピを載せておきます。

「お前がキッチン用品を選ぶなんて意外だった」
「最近は料理をしていなかったからな」
「忙しくなったからね」
「そうだな……。だが、こういうものを買うと作りたくなるな」

クッキーをつまんでいる奴の隣で、オレは何気なく過去の出来事を思い出していた。

オレ達がムーミングッズを買い集めるようになったのは、奴の思い出が理由だった。
奴が5歳ぐらいの時の、まだそれほど家庭環境が悪くなっていなかった頃の出来事だ。

父親の車で遠くの親戚の家に行ったその帰り、奴は父親にお菓子の詰まったムーミンの人形を買って貰った。

父親から嫌われていると思っていた奴にとっては、とても驚かされた出来事だったらしい。

『良いの?
 買ってもらって、後で怒らない?』

奴は複雑な心地ながらも嬉しかったそうだ。
買ってもらったムーミンの人形を大切に両手で抱いて、宝物にして大切にしようと思ったそうだ。

しかしそれは、いつの間にかどこかにいってしまった。
それを買って貰ったのは夢だったのではないかという出来事が、その後に色々と起こった。

その内、奴はムーミンの人形の事を忘れた。
母国を出て日本に暮らすようになって、一変した生活環境の中にムーミンの思い出は埋もれてしまった。

だがある時、夢に見て思い出して、それがムーミンを買い集めるキッカケとなった。

あの頃は今ほどムーミンブームではなく、駅ビルなどのバラエティショップを探して幾つか買える程度だった(ネットには既に専門ショップがあったが)
しかし物凄くタイミング良く、その後すぐにブームがやってきて、買い切れないぐらいのムーミングッズが街中に溢れる事となった。奴の日頃の行いがそんなタイミングの良さを引き寄せたのかもしれない(笑)

あれからオレ達はたくさんのムーミンを買った。このブログの読者様からもムーミングッズ情報をたくさん教えて頂いて、オレ達の住まいにムーミンのいない部屋はなくなってしまった(皆さんには物凄く感謝しております。教えて頂いたグッズを全て買いたい程でした。本当にありがとうございます)

奴は新しいムーミンを買う度にとても嬉しそうな顔をする。
同じようなグッズが重なっても「またこういうのを買ったの!?」と怒ったりもしない。

奴がムーミンの思い出に泣いたのは、あの時だけだった。
あの思い出は奴を切ない気持ちにしたが、オレと一緒に集めたムーミンは奴を幸せな気持ちにさせているなら良いな。

……ムーミンのクッキーは奴に大好評だった。
ついでに、圧力鍋の料理も大好評だった。

10月になればオレの慌ただしさは多少は落ち着く。奴の忙しさは冬休みまで続くが。

ではこの秋は、自宅での美食を目指すか。
ムーミンのクッキー型と圧力鍋をフルに活用して、疲れて帰ってくる奴に少しばかりの楽しみを提供したい。

たまにオレ一人でムーミンショップに行ってサプライズプレゼント買うのも良さそうだ。奴は睡眠時間を削って将来の為に頑張っているからな。

ショップには可愛いエプロンがあった。……いや、奴に裸エプロンをやって欲しい訳ではないぞ(物凄くやって欲しいが)
オンラインショップにはネクタイもあるが、ついでに紳士向けの靴下も出してくれないだろうか?
奴がムーミンのネクタイ&靴下でオフィスに行ったら大人気になるだろう。オレはそれを眺めて幸せな気分に浸るんだ。

イハナ ムーミ!
(Ihanat Muumit! フィンランド語でムーミン大好き!)

それがオレの秋の浪漫だ。
これから徐々に肌寒くなって行くのだろうが、その言葉を奴と共に口にしてほわほわと暮らしたい。

==========

という訳で、
夕方から奴と散歩だ。
あてもなく歩いて、晩ご飯の材料を買って、カフェで一服。

実は今朝は早朝から江ノ島に行っていたので眠い。
だから夕方まで昼寝だ。
だが水族館はキレイだったぞ。いつかムーミン部屋にクラゲを飼いたい。

では皆さんも引き続き楽しい休日を。
今日から秋だ。秋らしいロマンティックな夜を過ごしたいな。

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ ゲイの恋愛  国際同性恋愛も
本日も2つのバナーのクリックをよろしくお願い致します。

コメントはこちら携帯版)へどうぞ。大変に申し訳ありませんが只今コメント返信は不定期とさせて頂いております。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

topBack to TOP