満月後遺症
Fri.20.09.2013 Posted in 恋愛
「今日は休日じゃないよ?」
「判ってる」
「時間は平気?」
「判らない。時計を見たくない」

昨夜の満月の影響か、今朝は無性に奴が欲しくなった。
奴を狼に食べられる兎に見立てた訳ではなかったが、寝顔に欲情して奴が目を覚ますのを待ち伏せた。

カーテンの隙間から漏れる日差しが非現実的な雰囲気を感じさせていた。
いつもなら慌ただしく朝の準備をしている自分に背中を向けている事が酷く官能的に思えた。

日常を目の中に入れずに情欲に溺れたくなった。
オレは自分達の身体を薄青いブランケットで覆って、その中で蠢いて情欲でいっぱいになった。

==========

「朝ごはんを食べてる暇がなくなったね」
「オレは貴方を食ったぞ?」
「あはは、違うよ。食べられたのはお前の方だ」

玄関で奴は笑いながらオレの左右の頬にキスをした。

確かに構造的にはオレ(タチ)の方が奴に食われているんだよな。
『兎を食べるつもりが逆に食べられた狼』という話はマゾ的でエロティックだ。最後は一滴も残らず搾取されて幸せを感じる辺りもマゾティシズムの願望を示している。オレの恋愛や性の(人生も?)喜びの根本はそこにあるのは確実だしな。

昼休みはそんな事を考えながら奴にお誘いのメールを送った。
『今夜、イタリアンでも食べて帰らないか?』と。

『お前は明日も仕事だけど大丈夫? 大丈夫なら食べたい』
『明日は12時からだから大丈夫だ。判った、じゃあ銀座の◯◯で良いか? 今なら予約が取れる』
『やっぱりイタリアンじゃなくて和風のものが良いな。この前の居酒屋の料理が美味しかったから』
『判った。じゃあ今夜も和風にしよう。店はオレが選んで良いか?』
『ありがとう。任せるよ』

今夜は特に何かある訳ではないが、今朝の奴がエッチで可愛かったので何でもご馳走してやろう。奴になら財布の中まで搾取されまくりたい(笑)

満月の影響でまた欲情期が来たのかもしれん。
今夜も奴を酔わせてその気にさせてしまおうか。もしも今夜も月がキレイだったら、夜空を眺めながら楽しめるホテルに行こう。

そして明日は互いに忙しい土曜日を過ごして、明後日は念願のムーミンショップだ。早くオレ達の休日が来ますように。今日と明日は頑張って仕事をするので。

という訳で、皆さんも充実した金曜日をお過ごし下さい。
今夜も晴れそうで、きっと美味しい料理と酒を口に出来るだろう。
皆さんが心行くまで楽しく過ごせるように応援しております。

では、時間に余裕があれば夜に。
今夜の場合、『余裕がある=目当てのホテルが満室で入れなかった』を意味するな(笑)

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ ゲイの恋愛  国際同性恋愛も
本日も2つのバナーのクリックをよろしくお願い致します。

コメントはこちら携帯版)へどうぞ。大変に申し訳ありませんが只今コメント返信は不定期とさせて頂いております。

スポンサーサイト



Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

topBack to TOP