真夏のベッドで出会った夜には
Tue.09.07.2013 Posted in 恋愛
オレはベッドの中で奴の帰りを待った。
奴からの宿題をやり遂げて、そのままの姿で。

やがて奴は帰って来た。

だがオレはいつものように玄関へ出迎えに行かなかった。
奴がオレの名前を呼んでも黙っていた。
かくれんぼをするみたいに布団に包まって、奴がオレを見つけ出してくれる瞬間を想像して笑いを堪えた。

「R、ここでしょ」

奴が寝室に入ってきた。
オレは布団と一体化したように微動だにせずに息を押し殺した。

オレは薄いブランケットを掛けていただけだったので、ベッドにいる事は一目瞭然だった。
だから、すぐに「見付けた」とブランケットを剥ぎ取られるかと思った。
だが奴は暫く沈黙を守って、オレの足元に掛かっているブランケットをそっとめくった。そして何やら冷たいものを足の裏にピタリと当てた。

「つめた!」
「あはは、お土産だよ」

驚いて起き上がったオレを、奴は抱き締めた。
一体足に何を付けられたのかと見てみれば、奴の手には2本のアイスバーが握られていた。

「あ、嬉しい」
「でしょ? 冷たいものが欲しいんじゃないかと思って、そこのスーパーで買って来たんだ」
「欲しい、ここで食べて良いか?」
「裸で食べたらおいしそうだね。オレも脱ごう」

奴はそう言ってアイスバーをオレに渡してスーツを脱ぎ始めた。
「どうせこれからシャワーだし」と言って、靴下もパンツも脱いですっぽんぽんになった。

「一緒に裸でアイスを食べるのって初めてだな」
「こんな機会って今までなかったからね」
「旨い。部屋を涼しくしても冷たいものが欲しくなる日だよな」
「うん。ところで、そんな格好でベッドにいたのはオレの言うことを聞いたから?」
「ああ」
「もう終わっちゃったんだね。アイスを食べながら見物しようと思ってたのに」

しかしオレはアイスの冷たい美味しさに酔いしれて、再び性的興奮を掴むのは難しい状態になっていた(笑)

だからそれは日を改めてする事にした。
その時にはアイスではなく、凍結する寸前まで冷やした白ワインを飲みながら、互いに見学し合いながらしようと。……ああ、久々にオレ達の大好きなあのパターンを楽しみながらな(笑)

「オレも今日は暑くて元気を吸い取られた」
「こんな夜はアイスを食べてリラックスしようぜ」

2人で全裸でベッドでアイスを食べた。
食べ終わったら冷たい余韻に心地良く浸りながら、今日の出来事などを話した。

奴の気の利いた土産に感謝。
シャクシャクとした冷たいミルクバーは物凄く美味しかった。

今度はオレがスイカバーを土産に買って来てやろう。
激しい快楽に燃えた後に冷たいアイスで体温を冷ますのも真夏の醍醐味だからな。

という訳で、今夜は亡霊の恐怖に脅かされずに留守番できたぞ。
『夏にはビール』派の奴が急にアイスを買って来てくれたのは、オレが怖がっていると思ったからなのかもしれんな(笑)

皆さんも美味しいアイスの日々を。
けれど早くも夏バテや熱中症の方が続出しているので、適度に塩分と水分の補給もお忘れなく。

では、今夜もゆっくりと快適な夢を。
おやすみ。

■ca~kさんへ。いつもコメントをありがとうございます。ほとんど返せなくてとても申し訳なく思っております。お化けの歌、懐かしいです(笑)怪談を聞かせてくれてお礼に奴に歌ってやろうと思います。そしてお化け屋敷に入って一緒に歌いたいです。

宿題の後にご褒美があって良かったね。明日も猛暑だけど頑張れ! と思って下さる方はクリックをお願い致します。 本当に美味しいミルクバーでした♪奴がバテないように栄養のあるご飯をご馳走したいです。
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ。只今コメント返信は不定期とさせて頂きます。

スポンサーサイト



Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

夏場のデートは、お化けアイランドへ
Tue.09.07.2013 Posted in 恋愛
今日も暑かった。
社内ではずっとエアコンを付けていたが、日中は窓辺に立つと外の暑さがムンムンと伝わってきた。
こんなにも早い時期に猛暑になるのは珍しくて体調を崩している方もいるようだが、皆様は大丈夫だろうか?

オレは、昨日の悪酔いをちょっと引きずっている。というか、昨夜は何故か夜中に数回起きてしまったのでちょっと寝不足だ。

「寝苦しかった?」
「いや、涼しかったけど、何でだろう?」
「判った」
「何?」
「地獄の蓋が開いちゃったんだ。真夏みたいに暑いから、もうお盆が来たって亡者達が勘違いしてお前の枕元にぞろぞろと並んだんだよ」

と、今朝は起きてすぐに奴とそんな話をしたが、
や、止めてくれ(汗)

だが実は昨夜、奇妙な話を聞いたので、奴の台詞が偶然ではないような気がしてゾッとした。
昨夜オレ達の席に就いたホステスのお客さんが『見たことがある』と言ったらしい。

蒸し暑いお盆の深夜、朝まで営業している地下のバーに入ろうとして階段を降りたら自分の後ろに続く者がいた。
階段のライトが二人分の影を壁に作ったので気付いた。
背後にいるのは細身の女性で、手に傘を持っていた。

『今日は天気が良かったから日傘』

と、その方は思い、それを確かめるべくチラリと後ろに視線をやった。
だがそこには誰もいなかった。
おまけに、さっきまであったハズの壁の影もなくなっていた。

「たいして怖い話じゃないじゃない。襲ってきたワケでもないし、血まみれの姿を見せたワケでもないんでしょう?」

と奴は笑ったが、オレには十分にゾッとする話で、これを聞いた時には得体のしれない寒気を感じて身体がブルリと震えた。

「怖い。もう歌舞伎町に行けない」
「行く時はオレも付いて行ってあげる」

オレが布団を被って怖がると、奴は布団の上からオレを抱き締めてくれた。
だが、「そういえば子供の頃にこんな話を聞いたよ」と怪談を始めた。母国の麦畑に現れる、白い影の幽霊の話を。

結論。
やっぱり奴はサディストだ。楽しそうにオレを虐める。

「暫く一人じゃ眠れないぞ」
「それは困ったね。今夜と明日はオレの帰りが遅いし」
「猫様かムーミンを抱き締めて待ってる」
「それじゃダメだよ」
「ダメ?」
「オレの事を考えながら一人で……ね? そうすれば時間なんてあっと言う間に過ぎるから。亡霊が来ても怖くないよ」

そう囁きながら奴は、今夜オレはどんな風に過ごせば良いのかを教えてくれた。
ブランケットの中でオレの手を取って、その手をオレ自身に触れさせて……。

奴に優しいキスをされながらオレは頷いた。
何となくその状況は、ずっと昔に観たエロティックなホラー映画を思い出させた。
バケモノ屋敷に棲む妖魔の物語で、とんでもないB級映画だったが、子供の頃に胸をときめかさせた独特のエロティシズムな美しさは今もなお忘れられない。

亡霊は目に見えないから怖い。自分が存在しない世界のものだから怖い。
ならば自ら飛び込んでみれば怖くなくなるのかもしれない。
この夏、奴とバケモノ屋敷ごっこをしながらエロティックな性愛に耽溺しようと思う。

という訳で、
本当は実家でのフェチ話を書こうと思ったが、この暑さはオレの性欲までも枯らせてくれたようで、まったく書く気になれない(汗)

一時のあの盛りに盛った発情期は露のように消えてしまったぜ。
そういえば猛暑になってから野良猫の鳴き声も聞こえなくなった。さすがの猫ちゃんも炎天下や熱帯夜の中でまで発情は出来ないようだ。

この時間になっても暑いな。
帰宅したら冷房を利かせた部屋で奴の言い付けを守ろう。
青いライトを灯した寝室で服を全て脱いで。

皆さんも楽しい夜を。
今夜もビールやかき氷が美味いだろうな。

お化けは出ないから安心して奴が帰ってくるまでにちゃんと宿題をやっておくんだよ! と思われる方はクリックをお願い致します。 亡霊が出たら荒縄で縛ってやります。逆に縛られてしまうそうなヘタレですが(笑)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ。只今コメント返信は不定期とさせて頂きます。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

topBack to TOP