珈琲タフィを持っている猫
Thu.07.03.2013 Posted in 恋愛
今日の午前中は実家に行っていたのだが、オレは2時間ほど暇になったので妹に食事を作ってやった。妹はオレとは違って部屋中を歩き回って忙しかったから。

作ったのは簡単なビーフのスパゲティだが、妹の口に合ったように随分を喜んでもらえた。

「料理が上手いね」
「週に何回か作ってるからな」
「彼氏さんも美味しいって言ってくれるでしょう?」
「まあな」

オレは素っ気なく答えたが内心ではデレデレしていた。それを顔に出さないようにするのに苦労した(笑)

実家から会社に行く際、妹に手土産として持って行ったお菓子の箱を渡した。
すると妹はこんな事も言った。「ありがとう。Rちゃん優しくなったね。ここに来る度にお菓子をくれて。彼氏さんと付き合うようになってからかな?」

優しくなったというか、確かに奴と付き合うようになってからはプレゼント選びが趣味になった。
まあ、それが相手に喜ばれるなら悪い気はしない。ましてや妹はオレの家族だ。喜んでもらうと気持ちが穏やかになる。

会社に行って半ばサボりながら仕事をして、夕方には奴のいる部署でミーティングを行った。

それが終わった後、奴は先日オレがあげた『肉球ポーチ』から珈琲味のタフィを出して、「お茶うけに」と言ってミーティングメンバーに配った。

「可愛いポーチだな」
「恋人が買った雑誌のオマケなんだ。猫が好きだから貰っちゃった」
「Y君ホントに猫好きだね」

奴が同僚とそんな話をしているのをオレは心の中でニヤニヤしながら聞いていた。
オレも奴から貰ったリングを常に左手の薬指に嵌めているが、そういう装飾品の類は滅多に話題にはして貰えない。どうせ話題にした所で恋人とのノロケを聞かされるのが関の山だと判っているからなのだろう。

良いな、オレも会社で惚気て「恋人が~」とか言ってみたいぜ。
オレも猫ちゃんやムーミンやニャンコ先生のグッズを持ち歩けば良いのだろうか? 不似合いの余りにもっと引かれそうだが。

『リング入れにするんじゃなかったか?』
『お菓子の方が良いと思って』

メールで奴はそんな事を言っていたが、本当はそういう可愛いものを会社に持って行って同僚などに構われてキャピキャピしたいからのように思える(汗)

女装好きになってから奴も色々と変わったな。
前よりも陽気にはしゃぐようになったし、発言が多くなった。そしてそういった変化は、ますます奴を猫耳やピンクのラバースカートの似合うキャラクターに成長(?)させたように思う。

『性癖の変化』は普段の雰囲気や容姿までも変えるものだ(変化の大きさには個人差があるが)
それは奴も例外ではなかった。猫みたいになった。昨夜のような事を平気でやる立派なサディストにもなった。

ところで、
今日は比較的早く帰宅できたので、奴の為にクッキーを焼いた。
ミロを使った、砕いたチョコとクルミを入れたクッキーだ。奴はナッツ入りのクッキーが大好きだからな。

2013_03_07.jpg

SPRiNG(スプリング)という雑誌に付いていたムーミンのトートとポーチを添えて奴に出したら、奴は物凄く喜んでくれた。さて、このトートとポーチには何を入れるのだろうな? (この雑誌をツイッターで教えて下さったmさんに感謝致します。いつもありがとうございます!)

なかなかいい具合に焼き上がった。
だが、『きび砂糖』を切らしていた為に『てんさい糖』を使ったら素材に完全に溶けてくれなくて、ちょっと表面がボコボコしてしまった(汗)

「ふふ、甘くて美味しい。子供に戻ったみたい」
「ミロを使ったせいか可愛い味だよな」
「オレにも作り方を教えて。アレンジして作ってみたい」

簡単なレシピなのでオレはその場で教えた。
奴の事なので甘さを控え目にしてドライフルーツを入れるかもしれん。今から楽しみだ(だが先日のアレルギーの件があるので桃だけは使わないだろう)

しかし、今夜のティータイムは甘い事ばかりではなかった。
最近またオレの睡眠時間が滅茶苦茶になっていると奴に厳しく注意さてしまった(汗)

「3時は酷すぎる。お仕置きを期待してる訳じゃないよね?」
「まさか!(実は期待しているが) すまない今夜から遅くても0時には寝る」
「もう。今度3時まで起きていたら玄関に正座させて膝に重石を乗せるからね」

奴は拷問史の本でも読んだのだろうか……。そんな事を言われたらゾクゾクするじゃないか。

だが本当に睡眠リズムを正さないとな。
オレはどうしていつもこうなんだ? 睡眠リズムを正せばかなり身体が快適になるのは判っているのにな。

という訳で、そろそろ寝る準備をしよう。
今夜は早くベッドに入って奴と『どう森』で遊ぼう。
お互いに部屋を広くさせて家具が揃い始めたので楽しくなってきた(笑)

皆さんも良い眠りを。
明日の仕事が終われば週末だからな。明日は充実した1日にしようぜ。明日も皆さんが幸運であるように応援しています。

では、ゆっくりと楽しい夢を。
おやすみ。

クッキーとムーミンを喜んで貰えて良かったね♪でも早く寝るように! と思われる方はランキングバナーのクリックをお願い致します。 一瞬で眠れるスイッチが身体のどこかにあれば良いのにな。どうも睡眠は退屈に思えて苦手だ(汗)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ。只今コメント返信は不定期とさせて頂きます。

スポンサーサイト



Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

強制実行
Thu.07.03.2013 Posted in SM・フェチ
■このエントリーにはBDSMの要素が含まれております。苦手な方はご注意ください。

「彼等、オレ達の本当の関係を知ったらどんな顔をするだろうね?」

友人達と別れた後にオレ達は喫茶店に入ったのだが、奴はそこで突拍子もない事を言った。

奴の友人はオレ達が付き合っている事を知っている。だから奴が言っているのは主従恋愛関係の事だ。

知ったら? そりゃあ驚くだろう。
オレはそう答えて笑った。どんな事をやっているのか見せて欲しいと言い出すかもしれない、といった冗談も付け加えて。

「見せてあげようか?」
「良いぞ。さっきみたいなバーで見せるなら、オレは貴方が床に落とした料理を四つん這いで食べてやる」
「それよりもオレにオナニーを命令されてするっていうのはどう?」
「良いな。どうせなら貴方にフォークを足に突き立てられて脅迫されながらしたいぜ。その方が感じる」

オレはあくまでも冗談で言った。
だが奴はそうではなかった。オレの言葉に頷き、テーブルの隅に置かれているカトラリー入れから銀色のフォークを取り出すと、それをオレの足に押し付けて「始めて」と言った。

太腿に痛みが走った。
奴のオレを見る目に笑は浮かんではいなかった。

もしかしたら冗談ではない? それとも本気に見せかけた冗談か?
オレがそんな事で躊躇していると、奴はもっと強くフォークを突き立てた。スーツの布と共に皮膚に深く食い込ませるように。

「早く」
「本当に? ここで?」
「そうだよ」
「だけどこんなところで」
「暗いし誰も見ていない。命令だ」

フォークが食い込んでいる太腿に熱が篭ってきた。
オレはそっと周囲を見回して、下げたファスナーの中から自分の物を取り出した。けれど露骨に出す事はできずに、それの上にYシャツを被せた。

「見えないじゃない」
「勘弁してくれ」
「駄目」
「判ったから、せめてこのままでさせてくれ」
「仕方がないね」

オレはゆっくりと自分のものをしごき出した。
普通の喫茶店の中で、強制的にオナニーを命じられて、Yシャツに包まれたそれを握って。

その喫茶店は古めかしい作りで、広いスペースに幾つもの4人掛けの座席が並んでいて、それらは全て仕切られていた。
近くの席に誰もいなかった事に感謝した。そして適度なボリュームでクラシック音楽が流れていた事にも感謝した。

「いつまでやれば良いんだ?」
「出すまでだよ」
「こんなところで無理だ」
「そんなに勃っているのに? シャツが濡れてるよ」

シャツがヌメっている事にはオレも気付いていた。
だが、だからといってこんな場所で射精など出来る筈がなかった。
……いや、出来たのかもしれなかった。かつて、一度だけだが、オレはある店内で奴に強制射精を実行させられた事があったのだから。

「本当に無理?」

奴はオレの太腿に突き立てていたフォークの裏面でシャツを濡らしている物の先を撫で回した。クルクルと。

すべらかで冷たい金属の感触は刺激的だった。
オレは思わず声を漏らした。
そして、奴に視線を向けて「ここじゃ匂いが残るだろう、前みたいにすぐに移動できないから」と囁いた。

「そうかもしれないね」
「帰ったら幾らでもする」
「それじゃ面白くない。そうだ、ここのレストルームでしてきて。最後まで。終わったらオレにメールするんだ。その証拠をカメラで写して」

奴の手にはいまだフォークが握られていて、その先端はオレのものに向けられていた。

奴は本気で刺すつもりではなかった。
だがオレは了解した。
主従恋愛とは従者が恋人である主人の命令に従うものであるし、マゾヒストとはねじ伏せられて従う事に喜びを感じるものだから。

オレは興奮に任せて自分を責め立てるように激しく手を動かした。
達するまでに時間は掛からなかった。

手のひらに放ったものをiPhoneのカメラで撮影した。
そしてそれを奴に送るメールに添付した。『貴方の命令に従った証拠です』という件名を付けて。

帰宅してからもちょっとした続きがあったが、長くなるので割愛しよう。
そんな事があった為に、今夜は予定していた焼き菓子を作ることが出来なかった。

もっとも、オレとしては奴に奉仕さえ出来れば満足なので、焼き菓子でも強制自慰でもどちらでも構わない。だからこれはこれで円満な夜だった。

そして、気付いてみればこんな時間だ。
明日は午前中に私事があって会社に出るのは午後からだ。その私事も10時からなので、つい気が緩んで夜更かしをしてしまった。

今夜はブログを書けないと思っていたが、興奮を収めるには出して(書いて)しまうのが一番だな。
これでモヤモヤは晴れて良く眠れるだろう。いや、眠る前に『どう森』の勉強をちょっとだけしておくか。これも奴へのご奉仕だぜ(笑)

皆さんはもう眠られているだろうな? どうぞ引き続き良い夢を。
これから眠られる方も楽しい夢が見られますように。

明日も沢山の幸運な出来事があるように応援しています。

おやすみ。

<余談>

「友人の前で本当にあんな事をさせるつもりか?」
「まさか。させたらオレは一人ぼっちになってしまうよ」
「オレがいるじゃないか」
「それでも嫌」

という事らしい(汗)
だが調教の時に必要なのはリアリティだ! 本気としか思えない脅迫、本気としか思えない緊迫の雰囲気、それらを欠いてSMの真髄は物語れない!

奴に虐められて幸せだったね♪ と思って下さる方はランキングバナーのクリックをお願い致します。 こんな時間(3時)まで起きていた事が知られたらまた叱咤されるかもしれないので期待しています。マゾってつくづく構ってちゃんが多いよな。自分から折檻されるネタをご主人様に提供したりな(笑)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ。只今コメント返信は不定期とさせて頂きます。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

topBack to TOP