夢の国のスノーマン
Mon.24.12.2012 Posted in 恋愛
「Happy Merry Christmas!」
「With all my love at this Happy Christmas!」

今朝はクリスマス・イヴらしく、そんな言葉を「おはよう」の挨拶代わりにした。
今日はたくさんの雑用がある日だったが、それでも全て愉快な気分でこなせた。

「母のところに付きってもらって悪いな」
「良いよ。お前の妹さんにプレゼントを渡したかったし」
「ますます申し訳ない」
「良いんだって。その後でランチを食べて、それからローストビーフを買って、ケーキを引き取りに行こうね!」

今朝は奴も元気だった。
仕事のある日よりも30分も早く起きて朝食の準備をしてくれた。

細かく刻んだ野菜とチーズを練り込んで焼いたスコーンと(絶品!!)、サーモンのサラダと、ストロベリーティー。そんなクリスマスムードの漂う美味しい朝ご飯だった。

朝食を食べ終わって早々に外に出てみれば、今朝はとても冷え込んでいた。
だが、久しぶりに白いコートを着た奴がウサギのように可愛くて胸が熱く燃えた(笑)

「ウサギの耳は付けて行かないのか? ウサギの尻尾もあっただろう?」
「尻尾はお尻に入れて装着するアダルトグッズじゃない! あれを入れて施設に行けって?」
「ふわふわで可愛いだろう、あれ。オレが大喜びするからそうしてくれ」
「そんなに可愛いと思うならお前が付けて行きなさい」

朝っぱらからそんな会話をするのもアリだった。
ウサギの尻尾はインポートショップで購入したバニーテイルというものだが、ランキングの規制で写真のお披露目が出来ないのが残念なぐらい可愛いぞ。

まずは母の施設に行った。
奴はまだ母と会ったことはなくて、いつも1階のロビーで待っていてくれる。

今日は施設でもクリスマスのイベントが開催されるようだった。
オレが母の衣類の交換などをしてロビーに戻ると、そこではクリスマスコンサートのリハーサルが始まっていた。

「ここで生のピアノとヴァイオリンの演奏が聴けるなんてラッキーだな」
「うん、クリスマスの綺麗な曲ばかり……」

スタッフさんのご好意で、ロビーに並べられた椅子に座って聴くことができた。
誰も観客のいないクリスマスコンサートを奴と2人で観ているようなものだった。
施設のロビーなので『明るくて清潔!』という雰囲気だったが、それでも美しいクリスマスミュージックの数々を聴けばムードある気分になった。

クリスマスと言えばレストランに行ってホテルに行って……というパターンを繰り返してきたオレだが、来年はクリスマス音楽を聴きに行くのも良いかもしれんな。
コンサートホールも良いが、ライブハウスでホットウイスキーを飲みながら聴くのも良さそうだ。奴と2人で心からゆったりと楽しめそうな気がする。

次に、実家に寄って、オレと奴とで妹にプレゼントを渡した。
そしてシロ子とガーナ子を撫でて、奴に「ガーナ子のお腹がシロ子とそっくりになってる!」と叱られて(汗)、それから自宅方面に戻って買い物をした。

2012_12_24_2.jpg
メリークリスマス! たぷたぷのお腹のもふもふを皆様にお贈りします!

テリーヌやローストビーフを買って、最後にケーキを引き取った。

今年のクリスマスケーキは、このアイスケーキにした。
これなら冷凍で長期保存ができるから賞味期限に追われて無理をして食べなくて済むし、オレ達の大好きなスノーマンのミッキー&ミニーが乗っている(笑)

2012_12_24_1.jpg
TDRのミッキー&ミニーのスノーマンにそっくりで、ファンとしてはたまらない嬉しさ。

さっきまで部屋の大掃除をして、クリスマスのデコレーションを飾った。
これから予約したレストランに行って外食だが、戻ったら奴と一緒にケーキを切って食べるんだ。

そして明日の事は気にしないで、夜更かしをして、シャンパンを飲みながらローストビーフを食べるぞ。暖かい部屋の中で、奴とオレと猫様の3人でな。

皆さんも楽しいイヴの夜をお過ごし下さい。
美味しいものを食べて飲んで、でもシロ子とガーナ子のようなお腹にならないようにお気をつけて(笑)

では、また時間があれば夜に。

May your Christmas wishes come true!
貴方のクリスマスの願い事が叶いますように!

2人で食べるクリスマスケーキが楽しみだね! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。31のアイスケーキですが中は5種類のフレーバーが入っているようで美味しそうです。楽しい夜にします。皆さんも楽しい夜を!(笑)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ。
スポンサーサイト



Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

topBack to TOP