永遠の輝きを夢見て
Sun.23.12.2012 Posted in 恋愛
「ホットウイスキーがあるぞ」
「美味しそうだね。先に飲む?」
「飲んでから見た方が盛り上がるかもな」

奴と六本木ヒルズで待ち合わせをした。
その晩は天気は良かったが寒くて、だからオレ達はイルミネーションを見て回る前に、場内で振舞われているホットウイスキーを飲むことにした。

「今年のクリスマスに乾杯!」
「あはは、今夜のクリスマスに乾杯!」

寒空の下、ライトアップされた東京タワーを眺めながら飲むホットウイスキーはとても美味しかった。
すぐに身体は温まった。そして気分も盛り上がったので、早々に席を立って近くのイルミネーションへと移動した。

2012_12_22_1.jpg

「あれに入ろうぜ」
「お前は来た時からあれに入りたがっていたね」
「きっと中はキラキラしていてキレイだぞ」

2人並んで卵のようなシンボルオブジェの中に入った。
そして真ん中で立ち止まってみれば琥珀の輝きに包み込まれるようで、「良いな……」と感嘆の声が漏れた。

「オレの写真を撮ってもらって良い? 祖母に送りたい」
「良いぞ。格好良く撮ってやる」
「ありがとう」
「この先にドイツのクリスマス雑貨や食べ物を販売しているクリスマスマーケットがあるから、そこで何か買って祖母さんに送ってあげたらどうだ?」
「それも良いね」

マーケットにはたくさんの店(ドイツに本店を構える有名なショップばかり)が並んでいて、どの店も玩具箱のような可愛いデコレーションがされていた。

まるで『くるみ割り人形』の世界に来たようだった。
おもちゃの兵隊がいて、天使もいて、金色のベルのクリスマスツリーがあって、可愛らしいお菓子や雑貨もたくさんあって。

そんな中で奴と一緒にたくさんのプレゼントを買っていると、まるで今日がクリスマス当日であるかのような気分になった。

で、これはオレだけの習性なのかもしれんが、遊園地やクラブみたいな楽しい場所で盛り上がると、オレと一緒になって楽しんでくれている恋人の事が物凄く愛しく思えてくる。

今日もそんな気分になって、奴と睦言の一つでも囁き合いたくなった。
とりあえず奴をジャーマンホットスタンド(ホッドドックやドリンクを提供してくれるカウンター式のショップ)に誘って、ショッピング後の休憩を入れた。

ホットアップルワインで乾杯して、オレは今のハッピーな気持ちをさり気なく奴に伝えた。

「こんなに楽しいと幸せを感じてくるぜ」
「オレも幸せだよ」
「また来年も来たいな。貴方と一緒に」
「うん、来年も来たい。来年はもっと早く来ようよ。お腹を空かせて来て、ここのジャーマンドックやポテトやターキーが食べたい」

奴は食べ物に夢中のようだったが(汗)、『来ようよ』と言ったって事は、来年もオレと一緒に来たいという事だよな? 今年と同じように、恋人として。

「来年は何でもご馳走するぞ」
「ありがとう。じゃあオレはお前にホットワインをご馳走する」
「来年も楽しみだな」
「今年のクリスマスはまだ始まってないから、今年も来年も楽しみだね」

先に楽しみがあるのは良いな。
そして奴はオレと一緒に楽しんでくれるから、オレはその笑顔が見たくて色々な事を頑張りたくなる。

そんな時に生きている事の歓びを感じるようになったぜ。以前は、成功とか実績とか金とか、そんな事にばかりに充実感を感じていたのにな。まあ、今でもそういうものも大好きだけどな(笑)

2012_12_22_2.jpg

次に、ヒルズ内にある毛利庭園のイルミネーションを見に行った。
ここのイルミネーションはいつも幻想的なので今年も楽しみだった。

庭園に下りる途中の階段に立ち止まって、オレ達は幻想の光景を眺めながら静かに話をした。

奴は『樹氷の杜』をプラチナのようだと言った。
オレはダイヤモンドのようだと言って、いつかあんなに美しいリングを奴に贈りたいと思った。
オレの仕事が落ち着くのはあとどれぐらい先になるのかは判らないが、奴を迎えても大丈夫な環境が整ったら、その時に。

「ずっと眺めていたくなるな。だが寒くないか?」
「お前こそ寒くない?」
「不思議と暖かい」
「オレもぜんぜん寒くない。でも、またお前が風邪を引いてしまわないようにオレがあたためてあげるよ」

奴はそう言ってオレと身体をピタリとくっつけた。
すると互いの手が触れ合ったので、オレはさり気なく奴の手を握った。そして奴の薬指に嵌められているリングを指先で撫でた。

奴はオレの気持ちに気付いたのかどうかは判らない。けれど、こちらを向いて優しく微笑んだ。「オレは今、とても幸せだよ。ありがとう」と、まるでオレの胸の内を代わりに語ってくれたかのような事を言って。

2012_12_22_3.jpg

……と、今夜の出来事を書いていたら、無性にジャーマンドックが食べたくなって来た。色気よりも食気ですまない(汗)

ちょっと無理をしてでも食べてくれば良かった。
ヒルズのクリスマスイベントは25日までやっているが、明日も明後日も別の場所に行くので今年はもう行けないだろう。

だが、来年があるよな。
来年は必ず奴と一緒に食べよう。あのおもちゃ箱のような愉快で華やかなマーケットで、まずはホットワインで乾杯をして。

という訳で、いよいよ明日はクリスマスイヴだ。
クリスマスの楽しみ方はそれぞれだが、全ての方が幸運に満ちた1日を過ごせるように心から祈ってます。

明日は休日なので、パーティやデートをする方も少なくないだろうな。
どうか楽しいクリスマスイヴを! オレも奴と一緒に楽しく過ごす予定です(笑)

では、今夜もゆっくりと幸せな夢を。
おやすみ。

いつか一生外すことのないリングを奴にプレゼント出来たら良いね! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。ありがとうございます。それを夢見て、今年のクリスマスもサンタさんにお願いするつもりです(笑)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ。
スポンサーサイト



Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

topBack to TOP