心優しいスノーマン
Wed.12.12.2012 Posted in 恋愛
「今どこにいる?」
「メガネ君の近くだよ」
「判った、あと5分で行く」

仕事の後、オレ達は『メガネ君』の近くで落ち合った。
メガネ君とは今の季節にだけ現れるメガネを掛けたスノーマンの事だ。

2012_12_12_11.jpg

「誰だ?」

そっと奴の背後に立ってそんな問いかけをすれば、奴は笑って「スノーマン?」と言った。
けれどそれは不正解だった。
オレはその近くにあるベーカリーで買ったパンの包みを奴に渡して、「ハズレ、サンタクロース」と答えた。

「ありがとう、家で一緒に食べよう」
「遅くなってすまない。退屈だったろう?」
「それがさ、あっちの大きなスノーマンを見ていたら二組のカップルに写真を撮って欲しいって言われて忙しかったんだ」

奴はニコニコしながらオレに向かってカメラのシャッターを切るフリをした。
寒空の下でも奴の顔は朗らかで、見ているオレは温かい気分になった。

「一杯だけ飲んで帰るか。その後で向こうのスーパーで今夜の食事の材料を買おう」
「そうだね。何を飲むの?」
「ホットワイン。昨夜は寒くてずっと飲みたかったんだ」
「昨夜は大変だったね。今夜はゆっくりしよう」

奴もオレと同じワインを注文して乾杯をした。
身体を寄せあって飲むホットワインは、昨夜から忙しくて凝り固まった身体を心地良くほぐしてくれた。

オレは深く息を吐いた。
「疲れているなら晩御飯はオレが作っても良いよ?」と奴は言ってくれたが、その溜息は疲れから漏れたものではなかったので「大丈夫だ」と笑顔で言った。

働いて疲れて、仕事から解放されて美味しい酒を飲む。
穏やかに奴と話をしながら、オレの話に耳を傾けてくれる奴に深い愛しさを感じながら。

幸せを感じる状況はいろいろとあるものだが、オレが最もそれを感じるのは、そんな時なのかもしれない。
心が暖かく満たされる思いがする。じんわりと、温かなワインを飲んでいる時のように。

「今夜は何を作るの?」
「シーフードのペスカトーレは?」
「食べたい。ホタテを入れて欲しいな」

バーを出てスーパーで買い物をした。
今夜の材料と、クリスマスのチョコレートも幾つか買った(笑)

その場所を離れる前に、大きなスノーマンの前で奴の写真を撮った。
『おねがいスノーマン』の期間は終わってしまったが、奴にもたくさんのハッピーをプレゼントして下さいと願いを込めながら。

2012_12_12_13.jpg

帰宅して、奴と「お帰り、お疲れ様」のキスをし合った後、オレはすぐに料理に取り掛かった。

煮込めば簡単に出来るレシピなので味はまずまず美味しく仕上がった。
今夜も奴は『恒例の大絶賛』をしてくれた(笑)

「お前の作るスパゲティのソースって大好き。今日のはこの前のよりピリッとしていて美味しいよ」
「鷹の爪をちょっとだけ多く入れてみたんだ。スパイスは身体が温まるからな」
「インパから戻ったらまた作って」

今日の美味しい弁当のお礼になるぐらい美味しいペスカトーレを作りたかったが、どうにかその願いは叶ったようだ。あの大きなスノーマンのお陰か?(笑)

2012_12_12_14.jpg

そんな訳で、今夜はスノーマンに感謝しておこう。
奴に何度もキスをしたくなる楽しい夜をありがとう、と。

それにしても、身体が温まってホッとするとキスがしたくならないか?
寒い外から温かな場所に帰ってくると幸福感を感じてな。ぬくぬくしながら好きな人と平和に戯れて何度もキスをしたくなる。

「嬉しくてじゃれたくなる感じ? 猫みたいだね」

それを奴に言うと、奴はそんな事を言って笑った。
そして、「こう? こんな風に?」と、何度も何度もオレにキスをした。

今夜は眠る前にもたくさんキスをしよう。
猫みたいにじゃれて、そして眠って楽しい夢を見たい。

皆さんも良い夢を。
夢の中でも、明日も、皆さんにたくさんの楽しい出来事があるように祈ってます。

おやすみ。

今夜も2人であたたかな夢を! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。人の温もりが恋しい時に、隣に奴が居てくれる事に感謝しています。いつも応援して下さる皆さんにも感謝が尽きません。ありがとうございます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ。
スポンサーサイト



Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

思い出はいつも最高に幸せでありますように
Wed.12.12.2012 Posted in 恋愛
午後の休息時間に、ごきげんよう。

昨夜は朝の4時に寝たので眠いぜ(汗)
だが仕事が終わって良かった。これで現時点での使命は果たしたので心置きなくTDRに行ける。

ところで今朝は、奴にモーニングコールを頼んだ。
昨夜はサウナに行っている余裕がなかったので会社の多目的部屋のソファを借りて仮眠したが、携帯のアラームだけでは心細かったので奴に起こしてもらうことにした。

時間が来てiPhoneの呼び出し音が鳴った。
眠りに就いてまだ2時間しか経っていなかったので物凄く眠かった。

「おはよう」
「ウィ ボンジュール」
「ゴモーン、なんでフランス語なの?」
「判らない……頭の中が眠すぎて何が何だか……」

オレは奴と話しながらソファの上でシロ子のように香箱を作っていた。すぐに電話を切ったら途端にまた眠ってしまいそうだったので、それほど重要でもない仕事の確認などをした。

「大丈夫? あんまりにも辛いなら……」
「いや、大丈夫。少しずつ頭が覚めてきた」
「そこにシャワーがあれば良かったのにね。そうだ、昨夜も軽いものしか食べていないならお弁当を作ってあげようか? チキンソテーとオムレツぐらいしか作れないけど」

奴のその言葉に眠気が飛んで行った。
オレはソファの上に正座をして、「そうして貰えると助かる。ありがとう!」と言いながら深々と頭を下げた。

「本当に簡単なお弁当だから期待しないでね。あとね、見て欲しいものがあるから、それをお弁当と一緒に渡すよ」

そしてお昼前、ある場所でオレ達は落ち合って、こっそりと弁当の受け渡しを行った。

「ありがとうな。ちゃんとしたものが食べたかったから生き返るぜ。ところで、見て欲しいものって?」
「お弁当と一緒にこの中に入ってる。メモなんだけどね、読めば判るよ」

奴の作ってくれたチキンソテーは塩と黒胡椒の加減が抜群で美味しかった! そしてオムレツも、表面にハートマークが描かれていて幸せな気持ちになった(笑)

会社で手作り弁当を食べていると自分に恋人がいることが実感できる。
オレはしみじみとそれを噛み締めながら、奴が弁当と一緒に渡してくれたメモ帳を開いた。

2012_12_12_3.jpg

それには、インパした時に回る予定のショーやレストランの詳細(名前や場所や時間)が書かれていた。
そしてそこで使うおおよその金額も……なんて奴らしいんだ(笑)

オレはいつも無計画にインパするので、まだ行った事のないイベントやレストランがたくさんある。
今回はそういう所をメインに廻る予定だが、ちゃんとメモに書き出しておいて貰うと判りやすくて助かるぜ。

そしてメモには、去年のクリスマスインパの思い出がちょこちょこと書かれていた。
『ここのデコレーションが可愛かったね!』とか、『雨が降っていたけどガラガラで快適だったね!』とか。猫のイラストと共に。

オレは弁当を食べながらメモを見てずっとニヤニヤしていた。
去年の楽しかった思い出が次々に蘇ってな。
ランドに行って、ディズニーランドホテルに泊まって、シーに行って、帰りの車の中でもはしゃいで、来年のクリスマスも絶対に行こうと、最後まで奴と仲良く笑っていた。

2012_12_12_5.jpg

今年は去年よりも楽しいクリスマスインパになれば嬉しいぜ。
いや、やっぱり、インパする時はいつでも最高に楽しい日であって欲しいな。

よし、これを書いたら眠気が飛んだぜ。
今日は早く帰宅できるので一気に仕事を片付けよう。そして今夜は、弁当のお礼に、オレが奴に何か作ってやろう。

という訳で、みなさんもお疲れ様です。
今日が終われば明日は木曜日で、あと少しで週末だ。体調に気を付けて週の後半を乗り切ろうな。

今日もまだまだたくさんの良い事があるように応援しています。

では、また夜に!
久しぶりに料理のお披露目でもしたいぜ。

(本日の写真は2011年クリスマスインパの時のものです)

インパまでもう少し!今年も楽しいクリスマスインパデートを! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。 去年はランド中心だったので今年はシーを中心に遊んできます。華やかで楽しい夜を過ごせますように!
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

ケーキ・バトル
Wed.12.12.2012 Posted in 気軽な雑談
残業の休憩中に、ごきげんよう。

なんと今夜は泊まり込みで仕事をすることになったぜ。
けれどこの仕事さえ片付ければ有給が取れるので安いものだ。

しかし昨夜は寝る時間が遅かったせいか眠い。
23時までは同僚がいて、話をしながら仕事をしていたので眠気を忘れられたが、今は一人きりになのでどんどん眠気が加速する。

キーボードに顔を伏せたらすぐに熟睡しそうだ。
そして起きた時には、頬にキーボードの跡がクッキリと付いているんだ。

こんな夜にはカフェインは効かない。
けれど販売機や給湯室に行ったり来たりしていないと眠気に負けるので何度も紅茶をおかわりしてしまう。

『眠い。鞭でぶって眠気を覚ましてご主人様』

と、そんなメールを奴に送ると、5分後に返信がきた。

『自分で定規でぶつんだ! ところで、クリスマスのケーキはどうするの? インパの前に注文してしまいたくて、今いろいろなショップのカタログを見ていたんだけど』

おのれ奴め。
思わず下半身が目覚めるようなサディスティックでエロな返信を期待していたのにサラリとケーキでかわしてくれたぜ(汗)

2012_12_12_1.jpg

『……の1階にあるケーキ屋で良いんじゃないか? あそこなら美味しいだろうし、貴方もキレイだって言っていたし』
『でも毎年お前って豪華なケーキを買って余らせるじゃない? そしてお前が賞味期限ギリギリに無理に食べるんだ。2人なんだから今年はショートケーキで良いと思う』

あああ……確かにそうなんだが、クリスマスなんだからやっぱり豪華なケーキをテーブルの上に飾りたいじゃないか。上に砂糖菓子のサンタとかチョコレートの家とかが乗っているのを!

オレはメールを止めて電話に切り替えた。
これは絶対に説得しなくてはならんと思って。

「今年は一番小さいのを買うから、だからホールとかブッシュドノエルにしようぜ」
「でも去年もその前も半分ぐらい食べるとダウンしていたよね? 小さいのだって余るよ」
「いや、今年は絶対に余らせないから」
「だから、そんな無理をして食べる事はないでしょう? せめて一週間ぐらい保つケーキがあったら良いのにね」

という奴の台詞でオレはピンときた。
それならば……と、どんなケーキを買うかはクリスマスのエントリーにて(笑)

「ケーキの事でそんな必死になるなんて子供みたいだよ」
「ははは、可愛らしいだろう?」
「それだけ楽しみなんだね? 可愛いよ、愛してる」

奴は電話口でチュっとしてくれた。
オレも周囲を確認してから口元を手で覆ってとチュっとした。

そんな会話をしている内に眠気も覚めた。
何かに必死になっている時はハイスピードで頭が回転するからな。鞭で叩かれる時の電流を流されたような刺激には負けるが、今日のケーキ騒動もなかなかスリリングだった。

オレは生粋のミーハーなのでクリスマスや正月にムードを出して盛り上がるのが大好きだ。だからそんな日ばかりは我侭を言わせて欲しい(笑)

そうそう、さっきの電話の時に聞いたが、奴は今日、帰りにディズニーストアに行ってTDRのパスポートを買ってきてくれたそうだ。
そして今回のインパで必ず行っておきたい所もチェックしてくれた。クリスマス限定メニューのあるレストランやイベントが行われる時間などを。

オレはインパ前までかなり忙しいので助かった。
当日は奴に感謝を込めて、ほぼディズニーシーでしか飲めないというスパークリングワインで乾杯しよう。

さて、また眠気が来る前に仕事を片付けるぞ。

という訳で、そろそろ皆さんは眠られる頃か?
今夜も暖かくしてゆっくりとお休みください。心地良く良い夢を見てな。

おやすみ!

残業がんばって! 明日も良い1日を! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。ありがとうございます! 早く片付けてサウナでのんびりして来ます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ。

Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

topBack to TOP