みかんの皮を剥いて食べさせて
Wed.05.12.2012 Posted in 恋愛
自宅のデスクより、ごきげんよう。

風邪はかなり良くなった。
まだ少し咳が残っているが、最も辛かった喉やリンパの痛みがなくなったので完治したも同然だ。

だが、昨日会社を休んだお陰で今日は仕事が山積みだった。
せっかく風邪は治ったが、今日は仕事の多さに頭痛を抱えたぜ(汗)

「無理しないでって言っても、今がんばらないと週末の休みがなくなっちゃうからね」

奴はオレに同情しながらみかんを剥いてくれた。
オレは病み上がりでビタミンを欲していたのか、少しひんやりとする甘酸っぱいみかんはとても美味しかった(急に食べたくなってオレが仕事帰りに買った福岡産のMサイズのみかんだ)

「今夜もご飯が作れなくてごめんな」
「良いよ。病気の時はオレに甘えていれば良いんだ」
「今回は甘えすぎたぞ」
「お前に甘えられるのは好きだから」

申し訳ないと思いながらも、そんな事を言われると嬉しくなって顔がニヤけてくる。

奴が頼り甲斐のある男で良かった。
お陰でオレは安心して風邪をひいたり忙しく仕事が出来る。

もっとも、オレも同じだけ優しくしなくては奴だってふて腐れるのだがな。それで喧嘩になったり(笑)

「今度の休日には美味しいものを食べに行こうな」
「外食も良いけど、お前のオムライスが食べたい」
「ごめんな、本当にごめん。週末は必ず作るからな」

めんぼくなくてオレが書類に顔を伏せて詫びると、奴は「ふふふ」と笑ってオレの横に来た。そしてオレの顔を上げさせて、口にみかんを1粒放り込んだ。

「今夜も早く寝るんだから、さ、早く仕事を片付けて」
「あ、ああ」

オレは口をもごもごさせながら書類に向かい直した。
口の中に広がるみかんの果汁は、オレを元気にしてくれる味がした。

オレは子供の頃から風邪をひいたらみかんを食べさせられていたので(親が『風邪にはみかん』信者だった)、みかんを食べると『これでもう風邪は治って元気になる』という気分になる。プラシーボ効果なのだろうが(笑)

今回も風邪をひいた時にさっさとみかんを食べれば良かった。
そうしたらもう少し治りが早かったかもしれん。奴に皮を剥いてもらって食べさせてもらえば余計に。

「今度また風邪をひいたらみかんを剥いて食べさせてくれ」

などとオレは奴に言ってしまったが、奴は快く「良いよ」と言ってくれた。まだオレが甘えているのだと思ったらしく、オレの頭を撫でて。

風邪が治ったら2倍にして奴を猫可愛がりしてやろう。
今週末は奴の喜ぶ事をたくさんしてやりたい。

という訳で、短信のつもりが長くなった。
これからまた少し仕事をして、0時前には眠ります。

皆さんも眠られる時にはゆっくりと良い夢を。
明日も幸運であるように祈ってます。

体調や多忙のせいで過去語りが書けなくてすみません。明日、書かせて頂きます。

では、おやすみなさい!

今夜はほどほどに頑張って遅くならない内に寝るんだよ! と思って下さる方はバナーのクリックをお願い致します。ありがとうございます、そうします。週末の為にもぅちょっとだけ頑張ります(笑)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ 人気ブログランキングへ

★コメントはこちら携帯版)へどうぞ。
スポンサーサイト



Theme: 男同士の恋愛 « 恋愛

topBack to TOP